『新旭川市史』について

情報発信元 総務課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 007201

印刷

『新旭川市史』について

旭川市は、雄大な大雪山連峰と石狩川の恵みに抱かれ、四季の彩り鮮やかな北海道の中央、上川盆地にあります。この地に人々が暮らし始めて以来、この自然豊かな大地は永く独自の文化を有する先住者たちの生活の舞台でありました。やがて明治23年に至り、この地に旭川・神居・永山の三村が置かれ、先住者を始め開拓に当たられた先人の筆舌に尽くし難い労苦を経て、今日を迎えています。

「新旭川市史」は、この村が置かれてから100年を迎える記念事業の一つとして開始しました。これまで、市史編集事業として、昭和6年の「旭川市史稿」2巻、昭和34年から 翌年にかけて「旭川市史」4巻(その続編として3巻を昭和46年から昭和48年に刊行)がありましたが、これらの刊行からすでに30年以上経過していることから、新たに旭川の市史を執筆編集するために「旭川市史編集会議」を立ち上げました。この編集会議では、広い視野と清新な史観のもとに、旭川の成り立ちとその発展の歩みを後世に伝えるとともに、愛着と誇りの持てるまちづくりの糧とする事を目的に、これまでに通史4巻と史料3巻を編集発行し、平成24年3月に8巻目として「第5巻年表・索引」を刊行しました。
この第5巻の刊行をもって「新旭川市史」の編集事業は一時休止となりますが、地域主権・地方分権改革の動きが本格化し、地方の自立が求められる時代を迎えて、この「新旭川市史」が本市のまちづくりや地域の発展に広く寄与することを願っています。

新旭川市史の概要

詳細

新旭川市史の概要一覧
巻数 内容 概要
第1巻から第4巻 通史編 旭川市域にかかわる自然環境及び先史時代から終戦(昭和20年)までの歴史を叙述
第5巻 年表・索引 第1巻から第4巻までの年表・索引
第6巻から第7巻 史料編 市史に関する史料を掲載

新旭川市史の購入

市内取扱書店で販売しています。直接書店でお求め下さい。詳細

新旭川市史の価格一覧
巻数等 価格
第1巻・通史1、第2巻・通史2 各巻 12,240円 税込
第3巻・通史3、第4巻・通史4 各巻 5,000円 税込
第5巻 年表・索引 各巻 5,000円 税込
第6巻・史料1、第7巻・史料2、第8巻・史料3 各巻 12,240円 税込

お問い合わせ先

旭川市総務部総務課総務係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎7階
電話番号: 0166-25-5418
ファクス番号: 0166-24-7833
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)