消防救助技術訓練指導会について

情報発信元 警防課

最終更新日 2021年6月7日

ページID 053607

印刷

消防救助技術訓練指導会とは

救助技術の高度化に必要な基本的要素を練磨することを通じて、消防救助活動に不可欠な体力、精神力及び技術力を養うとともに、全道の消防救助隊員が一堂に会し、訓練技術を競い合うことで他の模範となる消防救助隊員を育成し、全道民の消防に寄せる期待に力強く応えることを目的としています。

訓練の様子

障害突破訓練

障害突破1
高塀乗り越え
ブリッジ2
空気呼吸器着装
障害3
緊急脱出

ロープブリッジ救出訓練

ブリッジ1
要救助者救出
ブリッジ2
ロープ渡過
ブリッジ3
進入準備

第49回全道消防救助技術訓練指導会

日時・場所等

令和3年8月21日(土曜日)札幌市消防学校

旭川市消防本部では陸上の部(障害突破及びロープブリッジ救出訓練)の訓練を行っており、計2隊10人が令和3年10月9日(土曜日)福岡県で開催される第49回全国消防救助技術大会への出場を目標に日々訓練を励んでいます。

関連記事

お問い合わせ先

旭川市消防本部警防課

〒078-8367 (東光27条8丁目)旭川市総合防災センター2階
電話番号: 0166-33-9962
ファクス番号: 0166-33-1191
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)