光化学オキシダント(光化学スモッグ)について

情報発信元 環境指導課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 052931

印刷

光化学オキシダントってなんだろう。

工場の煙や自動車からの排気ガスなどに含まれる窒素酸化物(NOX)や揮発性有機化合物(VOC)、炭化水素(HC)が、太陽の紫外線を受けることによって、光化学反応をおこし、酸化性の強い物質を生成します。これを「光化学オキシダント」といいます。
光化学オキシダント濃度が高くなると、空はもやがかかったように白くなることがあります。この状態のことを「光化学スモッグ」と呼んでいます。光化学スモッグが発生すると、目がチカチカしたり、のどの痛みなどの症状が出る場合があります。

光化学オキシダントの発生及び人体への影響の図
光化学オキシダントの発生及び人体への影響の図

光化学オキシダントっていつ高くなるの。

一般的に、春から秋にかけて、日差しが強く、気温が高く、風が弱い日に濃度が高くなる傾向があります。また近年、光化学オキシダント濃度は全国的に上昇する傾向が見られており、大陸からの移流も主な要因のひとつとして考えられています。

人体に対する影響はどのようなものがあるの。

  • 目がチカチカする、異物感を感じる、涙が出る。
  • のどの痛み、せきなどの症状が出る。
  • 重症例としては、呼吸が苦しくなる、めまい、頭痛、発熱、おう吐、意識障害などがあります。

被害の発生場所は、屋外がほとんどです。これらの症状の大部分は、比較的軽症の一過性のものであり、目やのどの痛みについては、洗眼やうがいをし、頭痛や息苦しさを感じた場合は、室内で安静にしていれば、おおむね症状は回復します。
症状がひどいときや、治まらないときは、医療機関での処置が必要な場合があります。重い症状を訴えるのは、主に屋外での運動中が考えられますが、同じ状況でも症状が出ない場合もあり、個人差があります。

注意報が発令されたらどうしたらいいの。

光化学オキシダント注意報等が発令された場合は、「旭川市における大気汚染緊急時対策実施要領」に基づき学校、保育所、幼稚園、社会福祉施設などに連絡を行うほか、報道機関を通じて広く市民の皆様へ周知を図ります。また、旭川市ホームページでもお知らせいたします。

周知内容

  • できるだけ外出を控えましょう。
  • 学校・幼稚園・保育所などでは、屋外での運動は避けるようにしましょう。
  • 室内においては、できるだけ窓を閉めましょう。
  • 自動車の使用を控えましょう。
  • 目がチカチカしたり、のどに痛みを感じるなど、体に異変が生じたときには、洗眼・うがいを十分に行い、室内で休むようにしてください。
  • 目やのどなど、体に異変を感じた場合には、市役所環境指導課にお知らせください。
  • 症状が回復しないときには、医師の診察を受けるようにしてください。

光化学オキシダント注意報・警報の発令基準

発令区分 発令基準
注意報 オキシダント濃度が0.12ppm以上である大気の汚染状態になった場合
警報 オキシダント濃度が0.24ppm以上である大気の汚染状態になった場合
重大緊急警報 オキシダント濃度が0.4ppm以上である大気の汚染状態になった場合

(補足) ppmは100万分の1(ごく微量の物質の濃度)を表す単位で、1ppmは0.0001パーセントです。

旭川市の現在の状況

旭川市における光化学オキシダント濃度の速報値は、下記のページでご覧いただけます。

お問い合わせ先

旭川市環境部環境指導課水・大気環境係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地 総合庁舎8階
電話番号: 0166-25-6369
ファクス番号: 0166-29-3977
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)