旭川の動植物

情報発信元 環境総務課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 002778

印刷

生物多様性の保全

旭川の動植物

25年ほど前に行われた「自然保護調査」では、旭川市内には植物662種類と動物2,811種類が生息しているとの調査結果が報告されています。

(調査期間)昭和52年度から平成2年度まで
(調査地域)8地域(神居古潭、嵐山、江丹別、東鷹栖、神楽、旭山周辺、台場、ペーパン)
(調査結果)次の表のとおり

植物(662種)
シダ植物
11科54種
裸子植物
3科6種
単子葉類
10科147種
双子葉(離弁)
50科294種
双子葉(合弁)
23科161種
動物(2,811種)

鳥類

196種

ほ乳類

28種

両生類

3種

は虫類

6種

魚類

20種

昆虫類

2558種

旭川の自然環境はこれら多種多様な生き物が支え合うことで成り立っていますが、開発行為、地球温暖化、外来種の侵入による長期的な自然環境への影響が懸念される中、
現在の状況は正確に把握されていません。

お問い合わせ先

旭川市環境部環境総務課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎8階
電話番号: 0166-25-5350
ファクス番号: 0166-29-3977
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)