旭星クリーン株式会社の取組事例

情報発信元 クリーンセンター

最終更新日 2021年2月3日

ページID 072189

印刷

令和2年度旭川市ごみ減量等推進優良事業所 ゴールド事業所の取組

旭星クリーンロゴ

関連会社と協力してリユース・リサイクルを推進

旭星クリーン株式会社

北彩都病院外観

旭星クリーン株式会社は、昭和58年に旭星清掃株式会社として設立し、昭和60年に現在の社名に変更しました。モダグループの企業として廃棄物処理を行っています。

資源化率は平成28年度は27.7パーセントでしたが、廃棄物の中からリサイクルできるものはないかと徹底的に調査し、令和元年度には65.1パーセントと大幅に向上し、会社全体で徹底したリユース・リサイクルの取組が実施されています。

徹底した紙の排出抑制の取組

ペーパーレス
画面やデータでの情報共有

社内LANシステムによるデータでの情報共有や、テレビ会議システムの活用により、徹底した紙の排出抑制に取組んでいます。

また、紙ベースで処理してきた書類等を再度見直し、従業員採用時の履歴書を電子化したり、シュレッダーされた紙も関連企業の自動車部品などの商品を送る際の緩衝材として活用しています。

制服や作業着のリユース

院内物物流管理システム(SPD)
汚れなどを拭き取るウエスとしてリサイクル

社内で貸与されている制服や作業着は、まず何度も繰り返し使用した後、自社の工場などで油や汚れを拭き取る雑巾(ウエス)として活用しています。

関連企業と協力して資源物の店頭回収

店頭回収
ガソリンスタンドで店頭回収

関連会社のガソリンスタンドと協力して、空き缶、新聞などの古紙類、廃食用油の店頭回収を実施し、顧客にリサイクルの機会を提供しています。(旭川市内及び当麻、美瑛のガソリンスタンドで実施)

廃棄物処理業の強みを生かしてリサイクルルートを構築し、多くの来客が見込まれるガソリンスタンドと連携してリサイクルを推進しています。

関連会社と共同で環境学習の推進

木質素材
イベントでの収集体験

関連会社と共同で開催するイベントで、自社が所有するごみ収集車(パッカー車)を使用してごみの収集体験を実施しています。来客者や近隣の住民の方に環境やごみに対する関心を持ってもらい、環境意識の向上や仕事の大変さを伝えています。

また、従業員への環境学習にも力を入れていて、定期的な学習会を自社の従業員のほか、関連会社の職員にも参加してもらい、環境や廃棄物に関する知識の向上を図っていました。

清掃活動の取組

ごみ拾い
地域清掃活動

旭星クリーンでは、年に4回程度、近隣の道路や公園の清掃活動や落ち葉清掃を実施しています。

また、市が主催する「ごみのポイ捨て禁止運動」を含めた各種団体の清掃活動にも参加され、会社として美化活動に積極的に取組んでいます。

旭星クリーンのホームページ(外部リンク)(新しいウインドウが開きます)

お問い合わせ先

旭川市環境部クリーンセンター

〒078-8208 東旭川町下兵村3番地の5
電話番号: 0166-36-2213
ファクス番号: 0166-36-4239
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分(粗大ごみの受付 電話0166-36-2176 は、午前9時から午後5時) 土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く