蛍光管・乾電池・水銀体温計

情報発信元 クリーンセンター

最終更新日 2018年3月26日

ページID 005776

印刷

蛍光管の出し方(電球型、白熱電球、発光ダイオードLEDは除く)

蛍光管の空箱に入れるか、新聞紙でくるむなどの割れない処理をして、「蛍光管」と表示し、「燃やせないごみ」の日に出してください。(有料指定袋は必要ありません。)

乾電池の出し方(充電式電池、ボタン式電池は除く)

乾電池のみを透明または半透明の袋に入れて、「燃やせないごみ」の日に出してください。(有料指定袋は必要ありません。)

  • 充電式電池、ボタン式電池の処理方法は処理困難物のページ中段、「ボタン式電池」「充電式電池」をご覧ください。

水銀体温計の出し方(電子体温計は除く)

透明または半透明の袋に入れて、「燃やせないごみ」の日に出してください。(有料指定袋は必要ありません。)

注意事項

白熱電球、グローランプは、空箱に入れるか、新聞紙でくるむなどの割れない処理をして、他の「燃やせないごみ」と一緒に有料指定袋に入れて出してください。

ボタン電池、小型充電式電池(ニカド電池など)は、市では回収していません。販売店等の回収ボックスを御利用ください。

事業所から排出される蛍光灯、乾電池は対象外ですので、各事業所で適正に処分してください。

お問い合わせ先

旭川市環境部クリーンセンター

〒078-8208 東旭川町下兵村3番地の5
電話番号: 0166-36-2213
ファクス番号: 0166-36-4239
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分(粗大ごみの受付 電話0166-36-2176 は、午前9時から午後5時) 土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く