ガス缶・スプレー缶・ライターの出し方

情報発信元 クリーンセンター

最終更新日 2016年2月24日

ページID 005727

印刷

ガス缶・スプレー缶をごみに出す場合

ガス缶等を中身が残ったまま排出されますと、収集車の火災事故の原因となるため、中身を使い切り、透明又は半透明の袋に入れて、「燃やせないごみの日」に排出してください。

  • ライターもガス缶・スプレー缶と同じ袋に入れて排出してください。
  • 危険ですので、穴は開けないでください。

ガス缶・スプレー缶の出し方

穴は開けないでください透明または半透明の袋に入れてください
中身を使い切り、危険ですので穴を開けずに透明又は半透明の袋に入れてください。

緑の指定袋には入れないでください

お住まいの地域の「燃やせないごみ」の日に指定袋とは別にしてごみステーションへ出してください。

  • 緑色の指定袋には絶対に入れないでください。

お問い合わせ先

旭川市環境部クリーンセンター

〒078-8208 東旭川町下兵村3番地の5
電話番号: 0166-36-2213
ファクス番号: 0166-36-4239
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分(粗大ごみの受付 電話0166-36-2176 は、午前9時から午後5時) 土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く