給食に使用している食材について

情報発信元 学校保健課

最終更新日 2024年5月1日

ページID 001119

印刷

給食用の食材の調達は、安全・安心かつ新鮮な食材の確保に努めています。
特に農産物は、地場で野菜が収穫されるときには「旭川産」のものを中心に使用し、それ以外の時期でも、できるだけ近郊で収穫された野菜を使用するよう努めています。
また、米は旭川産の「ななつぼし」を、パンや麺類には道産小麦を使用しており、さらには平成22年11月からは、旭川産の米粉を使用した米粉パンも導入しています。
給食に使用した食材(農産物)の産地別の割合は以下のとおりです。

野菜
平成30年度 令和元年度 令和2年度 令和3年度 令和4年度
(市内)11.3%
(近郊)25.6%
(道内)34.4%
(国内)28.6%
(輸入)0.1%
(市内)10.2%
(近郊)24.2%
(道内)35.7%
(国内)29.8%
(輸入)0.1%
(市内)12.7%
(近郊)24.4%
(道内)37.4%
(国内)25.4%
(輸入)0.1%
(市内)13.0%
(近郊)21.1%
(道内)37.6%
(国内)28.2%
(輸入)0.1%
(市内)8.6%
(近郊)23.3%
(道内)36.2%
(国内)31.8%
(輸入)0.1%
果物
平成30年度 令和元年度 令和2年度 令和3年度 令和4年度

(市内)1.0%
(近郊)2.7%
(道内)4.2%

(国内)36.4%
(輸入)55.7%

(市内)1.4%
(近郊)3.7%
(道内)3.4%
(国内)31.8%
(輸入)59.7%

(市内)1.6%
(近郊)4.1%
(道内)4.6%
(国内)31.3%
(輸入)58.4%

(市内)1.2%
(近郊)3.7%
(道内)3.0%
(国内)34.4%
(輸入)57.7%

(市内)0.7%
(近郊)3.8%
(道内)2.0%
(国内)31.3%
(輸入)62.2%

合計
平成30年度 令和元年度 令和2年度 令和3年度 令和4年度
(市内)9.1%
(近郊)20.6%
(道内)27.9%
(国内)30.3%
(輸入)12.1%
(市内)8.3%
(近郊)19.7%
(道内)28.6%
(国内)30.2%
(輸入)13.2%
(市内)10.3%
(近郊)20.1%
(道内)30.4%
(国内)26.7%
(輸入)12.5%
(市内)10.5%
(近郊)17.4%
(道内)30.2%
(国内)29.5%
(輸入)12.4%
(市内)6.9%
(近郊)19.1%
(道内)29.0%
(国内)31.7%
(輸入)13.3%

【注】(市内)旭川産、(近郊)旭川近郊、(道内)北海道産、(国内)国内産、(輸入)外国産

地場農産物の品目別使用状況

令和4年度年間使用状況は次のとおりです。

令和4年度産地年間使用量集計(PDF形式 113キロバイト)

学校給食で使用予定の主な食材の産地

学校給食の献立で使用を予定している主な食材の産地は、次のとおりです。

なお、食材(品名)は使用する月により一部変わる場合があります。

また、産地は現時点における予定です。
令和6年5月使用食材(PDF形式 88キロバイト)

お問い合わせ先

旭川市教育委員会 学校教育部学校保健課給食担当

〒070-8525 旭川市7条通9丁目48番地 総合庁舎4階(西ウイング)
電話番号: 0166-26-1385
ファクス番号: 0166-24-7011
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)