給食調理施設等について

情報発信元 学校保健課

最終更新日 2020年6月9日

ページID 001118

印刷

給食はどんなところで作っているの

1 給食調理施設のある学校(令和2年5月1日現在)

(1)単独調理方式35校(2校は小中併置校)

小学校
  • 知新小学校
  • 日章小学校
  • 大有小学校
  • 啓明小学校
  • 正和小学校
  • 北鎮小学校
  • 近文小学校
  • 新町小学校
  • 千代田小学校
  • 大町小学校
  • 新富小学校
  • 神居小学校
  • 雨紛小学校 
  • 富沢小学校 
  • 台場小学校
  • 江丹別小学校 
  • 嵐山小学校 
  • 永山小学校
  • 永山東小学校 
  • 永山西小学校
  • 東栄小学校 
  • 近文第1小学校 
  • 近文第2小学校
  • 愛宕小学校 
  • 緑が丘小学校 
  • 神居東小学校
  • 東光小学校 
  • 陵雲小学校
  • 忠和小学校
  • 永山南小学校
  • 愛宕東小学校
  • 共栄小学校 
中学校
  • 東鷹栖中
  • (江丹別中)
  • (嵐山中)

(2)親子調理方式 親学校15校 子学校15校

小学校

親学校(調理校)

子学校(受配校)

親学校(調理校)

子学校(受配校)

親学校(調理校)

子学校(受配校)

青雲小 神居東中 朝日小 中央中 末広北小 広陵中
高台小 春光台中 北光小 北門中 緑新小 緑が丘中
東五条小 明星中 向陵小 北星中 末広小 啓北中
東町小 光陽中 春光小 六合中 神楽岡小 西御料地小
中学校

親学校(調理校)

子学校(受配校)

神居中 忠和中
神楽中 神楽小
西神楽中 西神楽小

(3)ドライシステムの調理校 10校

ドライシステムの調理施設一覧
学校名 給食室面積 年度
西神楽中 185平方メートル 平成10年
神居小 150平方メートル 平成11年
新町小 195平方メートル

平成12年

嵐山小中 96平方メートル 平成12年
近文小 245平方メートル 平成13年
北光小 245平方メートル 平成14年
神楽岡小 245平方メートル 平成15年
青雲小 245平方メートル 平成18年
高台小 292平方メートル 平成22年
末広小 363平方メートル 平成25年
ドライシステムについて

本市では、衛生管理及び作業環境に配慮した給食調理施設及び設備の整備、「ドライシステム」の導入を進めています。

「ドライシステム」とは、施設の床を常に乾いた状態に保ち使用するもので、床からの跳ね水による2次汚染を防ぎ、湿度を保つことで、細菌の増殖を抑え、食中毒の発生要因を少なくする施設や設備のことをいいます。
具体的には、水が床に落ちないように、調理機器からの排水はすべての機器類に接続されている排水管を通して流す方式です。

これに対し、床を水洗いする従来のものを「ウェットシステム」と呼んでいます。
「ドライシステム」の導入に当たっては、排水管を床下に設置したり、作業内容ごとに施設内を区分するなど大規模な改修が伴うとともに、使用する機器も「ドライシステム」対応のものを設置する必要があるため、校舎の改築に合わせて導入を進めています。

2 旭川市東旭川学校給食センター(ポプラキッチン)

(1) 所在地

旭川市東旭川町上兵村544番地

電話番号(ファクスも同じ)0166-36-1320

(2) 沿革

昭和42年8月25日:着工(旧東旭川学校給食共同調理所)
昭和43年3月31日:しゅん工
昭和43年5月24日:試験操業
昭和43年6月1日:給食開始

平成30年7月:改築工事着工

令和元年11月:改築工事しゅん工

令和2年1月:給食提供開始(東旭川学校給食センター(ポプラキッチン))

(3) 規模

敷地面積 7,277.87平方メートル
建床面積 2,083平方メートル
延床面積 2,795.31平方メートル
構造 鉄骨造2階建

(4) 受配校13校(小学校5校、中学校8校)

食数 4,215食(令和2年5月1日現在)

小学校
  • 旭川小
  • 旭川第1小 
  • 旭川第3小
  • 旭川第5小
  • 豊岡小
中学校
  • 旭川中
  • 桜岡中
  • 永山中
  • 東光中
  • 東陽中
  • 永山南中
  • 東明中
  • 愛宕中

3 ランチルーム(食堂)のある学校

学校の改修時や、余裕教室のある学校にランチルーム(食堂)を整備しています。
ランチルーム(食堂)では、ほかの学級や学年と一緒に給食を食べたり、 父母や地域の人達々との給食を通した交流を行うなど、教室とは違った雰囲気の中で楽しく給食を食べています。

ランチルーム(食堂)のある学校一覧
学校名 面積 年度
近文第2小(改築) 150平方メートル

平成7年

緑新小(改修) 156平方メートル 平成10年
啓明小(改修) 141平方メートル 平成10年
神居小(改築) 149平方メートル 平成11年
新町小(改築) 150平方メートル 平成12年
忠和小(改修) 151平方メートル 平成12年
東町小(改修) 157平方メートル 平成12年
陵雲小(改修) 149平方メートル 平成13年
近文小(改築) 150平方メートル 平成13年
北光小(改築) 150平方メートル 平成14年
神楽岡小(改築) 149平方メートル 平成15年
大有小(改修) 145平方メートル 平成16年
青雲小(改築) 150平方メートル 平成18年
高台小(改築) 151平方メートル 平成22年
末広小(改築) 154平方メートル 平成25年
旭川小(改築) 184平方メートル 平成30年

4 給食用の食器

給食用の食器は、昭和60年度からメラミン食器を使用していましたが、平成14年度からは、順次強化磁器食器へ切り替え、平成30年度からは、PEN食器への切り替えを進めています。
なお、ランチルームでは、平成11年度から強化磁器食器を使用しています。

食器の使用状況(令和2年5月1日現在)
種類 学校数 導入率
強化磁器食器 51 65.4%
メラミン食器 0 0%
PEN食器 27 34.6%

お問い合わせ先

旭川市教育委員会 学校教育部学校保健課給食担当

〒070-8525 旭川市6条通8丁目 セントラル旭川ビル7階
電話番号: 0166-26-1385
ファクス番号: 0166-26-5605
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)