従業員の市・道民税を特別徴収しなければならない理由は

情報発信元 市民税課

最終更新日 2020年1月31日

ページID 055054

印刷

質問

今までしていなかったのに、なぜ、いまさら従業員の市・道民税を特別徴収しないといけないのですか。

答え

地方税法第321条の4の規定により、所得税を源泉徴収している事業主(給与支払者)は、従業員の市・道民税について特別徴収しなければならないとされています。

これまで旭川市では、特別徴収の実施は各事業主様にその判断を委ねていましたが、納税者の利便性の向上および納税の平等性の観点から、特別徴収への切替えをお願いしているところです。

お問い合わせ先

旭川市税務部市民税課個人第1係・第2係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地 旭川市総合庁舎2階(20番窓口)
電話番号: 0166-25-5786
ファクス番号: 0166-27-2146(税制課共通)
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで (土曜日、日曜日、祝日及び12月30日から1月4日までを除く。)