配偶者控除および配偶者特別控除を受けられる範囲は

情報発信元 市民税課

最終更新日 2021年11月2日

ページID 055012

印刷

質問

私の妻は、昨年の1月から近所のスーパーにパートタイムで勤めに出ており、昨年の1月から12月までの給与の合計は87万円でした。

この場合、私の所得から配偶者控除や配偶者特別控除を受けられますか。

答え

配偶者控除を受ける場合、配偶者の前年中の給与所得、営業所得、不動産所得などの合計所得金額が48万円(給与の場合は収入金額103万円)以下でなければなりません。

奥さんの場合、パートタイムによって得た87万円から給与所得控除額55万円を差し引いた32万円が合計所得金額となりますので、配偶者控除を受けることができます。

また、配偶者特別控除は、給与収入額が103万円超から201万6千円未満の方が対象ですので、この場合は受けることはできません。

お問い合わせ先

旭川市税務部市民税課個人第1係・第2係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地 旭川市総合庁舎2階(20番窓口)
電話番号: 0166-25-5786
ファクス番号: 0166-27-2146(税制課共通)
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで (土曜日、日曜日、祝日及び12月30日から1月4日までを除く。)