昨年亡くなった人の市・道民税はどうなりますか

情報発信元 市民税課

最終更新日 2020年1月31日

ページID 054998

印刷

質問

私の父は、年金収入があり毎年市・道民税を納めていましたが、昨年の秋に亡くなりました。

市・道民税は前年の所得に基づき計算し、課税されると聞いています。

そこで、亡くなるまで年金収入があった父の今年度の市・道民税はどのようになりますか。

答え

市・道民税は、毎年1月1日現在、市内に住所のある方に対し、前年の所得をもとに算定し課税されます。

したがって、亡くなった年の翌年度の市・道民税は課税されません。

なお、今年に入ってから亡くなられた場合、亡くなられた方の市・道民税は、相続人の方が代わって納めることになります。

お問い合わせ先

旭川市税務部市民税課個人第1係・第2係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地 旭川市総合庁舎2階(20番窓口)
電話番号: 0166-25-5786
ファクス番号: 0166-27-2146(税制課共通)
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで (土曜日、日曜日、祝日及び12月30日から1月4日までを除く。)