中央検査科

最終更新日 2016年2月24日

ページID 002067

印刷

中央検査からのお知らせ

臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について(PDF形式 274キロバイト)

臨床検査とは

病気の診断や治療効果を知るために医師の指示のもと行われる検査です。
検査室で行われる検査は、血液・尿・便・喀痰などを検査する検体検査、手術により摘出された臓器などを検査する病理検査、患者さまに対して直接検査する生理機能検査に分かれます。さらにそれらは検査の方法や検査内容により細かく分かれます。

中央検査科の仕事

中央検査科は外来棟2階の生理機能検査室と採血室、外来棟3階の検体検査室および病理検査室、採血室(糖尿病専用)より構成され、内視鏡検査やX線検査などを除いた各種臨床検査を実施しています。また夜間・休日における緊急時のために24時間体制の緊急検査も行っています。

各検査室の仕事内容

採血室

外来棟2階にあり15歳以上の患者さまを対象に採血を行っています。また、外来棟3階(糖尿病センター向かい)には糖尿病外来専用の採血室があります。

採血室の写真
2階採血室
糖尿病センター外来採血室の写真
糖尿病センター外来採血室

検体検査室

血液検査・生化学検査・一般検査・細菌検査・輸血検査・遺伝子検査より構成されています。

検体検査室全景

検体検査室全景写真

検体検査室全景の写真

血液検査

血液の病気(貧血や白血病など)や止血状態などを検査します。
自動血球分析装置による血球計数や血液形態検査、凝固検査、骨髄検査、染色体検査(FISH法)などを実施しています。

検査の機械XE-5000の写真
XE-5000
検査の機械CS2100の写真
CS2100
生化学検査

肝機能や脂質など健康診断などで検査される項目の多くは生化学検査です。多くの項目は自動分析装置(BM6070、LAbOSPECT、ARCHITECT、cobas e)で測定されます。

検査の機械LabOSPECTの写真
LabOSPECT
検査の機械ARCHITECTの写真
ARCHITECT
一般検査

尿検査や便検査(大腸癌の早期発見に役立ちます)などを実施しています。

検査の機械Clinitek Atlas XLの写真
Clinitek Atlas XL
検査の機械UF-1000iの写真
UF-1000i
細菌検査

感染症の原因菌の検索や抗生物質の感受性(薬が有効かどうか)などを検査しています。各種迅速診断キットによるウィルス検査や、血中薬物濃度も測定しています。

最近検査室の写真
細菌検査室
検査の機械Dimensionの写真
Dimension
輸血検査

血液型や交差試験など安全な輸血を行うために必須の検査です。

検査の機械Auto Vueの写真
Auto Vue

遺伝子検査

結核菌などの抗酸菌をPCR法により検出します。

検査の機械Taq Manの写真
Taq Man

病理検査室

組織検査、免疫組織化学染色、細胞診検査、電子顕微鏡検査、病理解剖などが行われています。

病理検査室の写真
病理検査室
電子顕微鏡の写真
電子顕微鏡

検査の機械LEICA BOND-MAXの写真
LEICA BOND-MAX

生理機能検査室

外来棟2階にあり、心電図検査や脳波検査、超音波検査、呼吸機能検査などが行われています。また、耳鼻科外来での聴力検査や眼科外来での視力検査なども担当しています。

kensa_09.jpg
生理機能検査室
kensa_10.jpg
超音波検査室

その他

人間ドック(視力・眼底写真・聴力検査)や移植関連(骨髄移植や腎移植)の検査なども行われています。

当院では24時間体制(日当直)の緊急検査を行っています。検査項目は基本的に65項目ですが要望があれば随時対応しています。

人員構成と関連学会認定資格取得者数

  • 臨床検査技師 26名
  • 視能訓練士 2名
  • 嘱託職員(技師・助手)19名
  • 細胞検査士 6名
  • 認定検査血液技師 1名
  • 輸血認定技師 2名
  • 超音波検査士 2名

病理(診断)

病理診断の特徴と役割

患者さまが病院を受診されると、適切な治療のために適切な診断が必要となります。このとき、臨床医が診断・治療に必要と考えた場合に、患者さまの体から採取した組織や細胞などの検査依頼を受けます。この検査のための採取材料から顕微鏡などで検査するための標本を臨床検査技師が作製し病理医が観察・解析して診断をいたします。これらの診断結果は臨床医に報告され、診断・治療に生かされています。

スタッフ構成

  • 病理医(常勤)2名
  • 臨床検査技師(病理検査専業)4名
  • 臨床検査技師(他業務と兼業)3名

当院の病理診断として行っている仕事は次のような内容となっています。

  1. 組織(生検)診断
  2. 細胞診断
  3. 手術で摘出された臓器・組織・細胞の診断
  4. 手術中の迅速診断
  5. 病理解剖
  6. 染色体検査
  7. 電子顕微鏡検査