産後ケア事業

情報発信元 子ども総合相談センター

最終更新日 2019年7月16日

ページID 064593

印刷

旭川市産後ケア事業とは?

出産後、自宅での生活が始まると、育児や母乳のことなど、想像とは違う現実に戸惑うことも多いものです。市内の医療機関・助産所での宿泊や日帰り、又は助産師等の家庭訪問により、産後の体調管理や育児サポート(授乳・沐浴・育児相談など)を受けることができる事業です。

対象

産後4か月未満のお母さんと赤ちゃんで、産後の体調不良や育児不安等がある方(ただし、入院又は加療を要する状態にあって、事業の利用に支障がある方は利用できません。)

内容

旭川市が委託した医療機関・助産所での宿泊や日帰り、又は助産師等の家庭訪問により、次の内容の育児サポートを行います。 

  • お母さんのからだやこころのケア、休息 
  • 授乳や沐浴等の育児相談
  • 乳房に関するケアや相談
  • 食事の提供(宿泊・日帰り型の場合) など

利用可能日数

宿泊型・日帰り型・訪問型を合わせて、1回の出産につき原則7日以内。

料金

産後ケア事業自己負担額一覧
世帯区分 宿泊型(1泊2日につき) 日帰り型(1日につき) 訪問型(1回につき)
一般世帯 3,000円 1,000円 1,000円
一般世帯(多胎児) 3,300円 1,100円 1,100円
市町村民税非課税世帯・生活保護世帯 1,500円 500円 500円
市町村民税非課税世帯・生活保護世帯(多胎児) 1,650円 550円 550円

*食事代が別にかかります。
*各施設で行っている追加のサービス等を受けた場合には、別途費用がかります。
*市町村民税非課税世帯・生活保護世帯の方は、課税状況や生活保護受給が確認できる次の書類の提出が必要です。詳しくはお問合せください。

市町村民税非課税世帯・生活保護世帯確認書類一覧
区分 書類
市町村民税非課税世帯 市町村民税課税証明書又は同意書同意書(PDF形式 67キロバイト)同意書(ワード形式 26キロバイト)

生活保護世帯

生活保護決定証明書又は生活保護手帳の写し

実施施設

宿泊型・日帰り型実施施設一覧
施設名 住所

宿泊型・

日帰り型

申込み・問合せ先

東光マタニティ

クリニック

東光10条6丁目 宿泊型

同施設

電話34-8803

一般の受付と

同じ

火・水・金・

土曜日

(祝日を除く。)

10時~17時

豊岡産科婦人科

医院

豊岡4条1丁目

宿泊型・

日帰り型

同施設

電話31-6801

一般の受付と

同じ

月~金曜日

(祝日を除く。)
9時~12時、

14時~17時

旭川厚生病院 1条通24丁目 宿泊型

同施設

電話33-7171

新患受付

総合案内(1階)

月~金曜日

(祝日を除く。)

9時~12時、

13時~16時

助産院あゆる 永山8条15丁目

宿泊型・

日帰り型

同施設

電話49-6018

一般の受付と

同じ

月~金曜日

(祝日を除く。)
9時~17時

市立旭川病院 金星町1丁目 日帰り型

同施設

電話24-3181

産婦人科外来

月~水曜日

13時~17時
木・金曜日

8時30分~12時

(祝日を除く。)

訪問型実施施設一覧
施設名 住所 電話 申込み・問合せ先
助産院あゆる 永山8条15丁目 49-6018

旭川市子ども総合相談センター

10条通11丁目

電話26-5500

月~金曜日

(祝日、12月30日から1月4日までを除く。)

オハナ助産院 西神楽南2条1丁目 090-6215-1103
リラ助産院 神居7条6丁目 090-3119-3256

助産院まんまある

※令和元年8月から開始

春光台4条2丁目 080-3266-1951

利用申込み

利用希望日の原則2日前(土・日・祝日を除く。)までに、宿泊型・日帰り型は利用希望施設へ、訪問型は子ども総合相談センターへ電話又は来所でお申込みください。

提出書類

利用申請書(PDF形式 53キロバイト)同意書(PDF形式 67キロバイト)

利用申請書(ワード形式 14キロバイト)同意書(ワード形式 26キロバイト)

事業周知用チラシ

産後ケアチラシ(PDF形式 853キロバイト)

お問い合わせ先

旭川市子育て支援部子ども総合相談センター

〒070-0040 旭川市10条通11丁目
電話番号: 0166-26-5500
ファクス番号: 0166-26-5508
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)