市民経済計算

情報発信元 総務課

最終更新日 2022年3月25日

ページID 007235

印刷

市民経済計算とは、国民経済計算の基本的な考え方や仕組みに基づき、市民または市内の企業等の1年間の生産活動及び経済活動の結果を生産、分配、支出の各面から推計したものです。この結果から、本市の経済規模や産業構造などを把握することができます。

国民経済計算は世界各国で比較する基礎資料となるため、基本的な考え方や仕組みは国連が基準を定めています。国連の基準が93SNAから08SNAに移行したことに伴い、我が国も平成27年度国民経済計算から新たな基準である08SNAに移行しています。本市もこれに合わせて、平成27年度推計から08SNAに基づいた推計を行っており、過去に公表した市民経済計算とは推計方法が異なっているため、過去のデータと単純な比較はできなくなっています。

平成30年度推計結果

  • 市内総生産(名目) 10,745億円
  • 市内総生産(実質) 10,362億円(平成23暦年連鎖価格)
  • 一人当たり市民所得 2,719千円

詳細については、PDFデータをご覧ください。

平成30年度市民経済計算推計結果の概要(PDF形式 1,222キロバイト)

平成30年度市民経済計算推計結果(PDF形式 240キロバイト)

平成30年度市民経済計算推計結果には、経済規模の推移や経済構造の変遷がわかるように、平成18年度から平成30年度までの数値を取りまとめてあります。

なお、「市民所得」や「1人当たり市民所得」は国民経済計算での考え方と同様、企業の所得(売上)等も含んだ市全体の経済規模を表す指標の一つであり、市民個人の給与の合計値や平均値ではない点にご注意ください。

お問い合わせ先

旭川市総務部総務課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎7階
電話番号: 0166-25-5418
ファクス番号: 0166-24-7833
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)