特定教育・保育施設等における事故の報告等について

情報発信元 こども育成課

最終更新日 2020年10月1日

ページID 055193

印刷

重大事故としての報告の対象となる施設・事業の範囲

  • 特定教育・保育施設
  • 幼稚園(特定教育・保育施設でないもの。)
  • 特定地域型保育事業
  • 延長保育事業、放課後児童クラブ、子育て短期支援事業、一時預かり事業、病児保育事業及びファミリー・サポート・センター事業
  • 認可外保育施設

報告の対象となる重大事故の範囲

  • 死亡事故
  • 治療に要する期間が30日以上の負傷や疾病を伴う重篤な事故等(意識不明(人工呼吸器を付ける、ICUに入る等)の事故を含み、意識不明の事故についてはその後の経過にかかわらず、事案が生じた時点で報告すること。)

報告様式

特定教育・保育施設等
(放課後児童クラブ、子育て短期支援事業、ファミリー・サポート・センター事業以外)

放課後児童クラブ

子育て短期支援事業

ファミリー・サポート・センター事業

報告期限

  • 第1報は原則事故発生当日(遅くとも事故発生翌日)
  • 第2報は原則1か月以内程度(状況の変化や必要に応じて、追加の報告を行うこと)
  • 事故発生の要因分析や検証等の結果については、作成され次第報告すること

報告のルート

特定教育・保育施設、特定地域型保育事業者、延長保育事業、放課後児童クラブ及びファミリー・サポート・センター事業

施設又は事業者から市へ報告し、市は道を経由して国へ報告を行います。

幼稚園(特定教育・保育施設でないものに限る。)

施設から道へ報告し、道から国へ報告を行います。

子育て短期支援事業、一時預かり事業、病児保育事業

事業者から市へ報告し、市は国へ報告を行います。

認可外保育施設

施設から市へ報告し、市は国へ報告を行います。

公表等

報告のあった事故について、類似事故の再発防止のため、事案に応じて公表を行います。

(参考)特定教育・保育施設等における事故情報データベース

平成30年度分

参考

教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン (平成28年3月)

お問い合わせ先

旭川市子育て支援部こども育成課こども育成係

〒070-8525 旭川市7条通10丁目 旭川市第二庁舎5階
電話番号: 0166-25-9844
ファクス番号: 0166-26-5722
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)