旭川市営牧場

情報発信元 農業振興課

最終更新日 2020年1月17日

ページID 005231

印刷

市営牧場の使用料・手数料が改定されます。

令和2年度より、牧場の使用料・手数料が改定されます。

 → 牧場使用料金(R2.4.1から)

市営牧場の指定管理者候補者の選定について。 

令和2年度から5年間の牧場の管理運営を行う指定管理者候補者を選定しました。

 → 市営牧場の指定管理者候補者の選定について

指定管理者を募集します(終了しました)。 

旭川市営牧場では、令和2年度から5年間の牧場の管理運営を行う指定管理者を募集します(終了しました)。

 → 市営牧場の指定管理者の指定管理者を募集について(終了しました)

口蹄疫予防のため、関係者以外の立入は御遠慮下さい

国内では宮崎で発生し、海外では台湾をはじめとするアジア等近隣諸国において現在も発生の続いている口蹄疫は、牛・豚・山羊などの偶蹄類の動物に感染する家畜伝染病です。旭川市におきましては農場や関係者が引き続きウイルスの侵入防止に取り組んでいます。市営牧場においても牛を放牧しておりますので、放牧場所には絶対に入らないよう皆様の御協力をお願いいたします。

(補足)口蹄疫に関する詳細情報については、農林水産省(新しいウインドウが開きます)のホームページを御参照ください。

概要

旭川市営牧場は、良質な牧草の供給と放牧による強健な若牛育成を行うことで生産性を向上させ、畜産農業者の経営安定を図るため、国営草地開発事業により旭川市江丹別町に造成しました。
市営牧場では、市内外の畜産農業者から育成牛を預り、夏期放牧を行い体を大きく育てて、発情した牛には授精も行って放牧期間終了後、農業者に帰します。
このほか、牧草の不足している農業者に市営牧場の採草地で生産される牧草を販売しています。

また、市営牧場周辺は若者の郷(新しいウインドウが開きます)として宿泊施設(ロッジ4棟)やキャンプ場のほか、テニスコート、農畜産物加工施設、市民農園なども整備されております。

面積

総面積 718ヘクタール(うち草地面積 444ヘクタール)

牧場使用料金(R2.3.31まで)

区 分 単 位 市内農業者 市外農業者
繁殖牛 月齢12か月未満 1日1頭当たり

150円

170円

繁殖牛 12か月以上20か月未満 1日1頭当たり 190円

210円

繁殖牛 月齢20か月以上 1日1頭当たり 230円

250円

肥育素牛 1日1頭当たり 150円

170円

小型馬 1日1頭当たり 150円

170円

大型馬 1日1頭当たり 230円

250円

授精牛捕獲手数料 授精牛1頭当たり 2,100円 2,100円

牧場使用料金(R2.4.1から)

区分 単位 市内農業者 市外農業者
繁殖牛 月齢12か月未満 1日1頭当たり 220円 250円
繁殖牛 12か月以上20か月未満 1日1頭当たり 280円 310円
繁殖牛 月齢20か月以上  1日1頭当たり 340円 370円
肥育素牛 1日1頭当たり 220円 250円
小型馬 1日1頭当たり 220円 250円
大型馬 1日1頭当たり 280円 310円
授精牛捕獲手数料 授精牛1頭当たり 2,210円 2,210円

1年の流れ

入牧(5月下旬)

牛がトラックから降ろされる写真牛がトラックから降ろされるところです。
元気に育って欲しいものです。

コクシジウム症対策

予防注射の写真(入牧後8日から10日)
入牧して8日たったら3日間連続でコクシジウム症対策のための注射をします。
コクシジウム症は激しい下痢を起こしますので、予防が重要です。

授精の様子

人工授精の写真月齢が約14か月以上の牛で、発情が見られると人工授精を行います。

  1. 授精
  2. 受胎(妊娠)
  3. 分娩
  4. 搾乳

という流れで牛乳が生産されていきますので、1回の授精で受胎してくれれば精液代が少なくて済みます。

線虫対策(7月と8月の2回)

寄生虫の駆除の写真牛の背中に駆虫薬をかけて牛の体内にいる寄生虫を駆除します。
また、牛の健康状態を把握するために抽出した牛の検査もしています。
牛も健康が一番です。

退牧(10月下旬)

農業者のもとへ帰る牛の写真約150日間の放牧が終わり、大きく成長した牛が農業者のもとへ帰って行きます。
たくさん牛乳を出してほしいものです。

お問い合わせ

江丹別産業開発株式会社(指定管理者グループ代表)旭川市江丹別町中央103番地4 電話番号 0166-73-2036
旭川市営牧場看視舎 旭川市江丹別町中央 電話番号 0166-73-2451
旭川市農政部農業振興課農畜産係 旭川市上常盤町1丁目水道局庁舎4階 電話番号 0166-25-7470

その他

市営牧場内の草地には立ち入らないようにお願いします。
(春先に柵が破損されるケースが見受けられます。)
また、市営牧場敷地内にごみの不法投棄をしないようお願いします。

お問い合わせ先

旭川市農政部農業振興課

〒070-8541 旭川市上常盤町1丁目 水道局庁舎4階
電話番号: 0166-25-7470
ファクス番号: 0166-26-8624
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)