多面的機能支払交付金

情報発信元 農林整備課

最終更新日 2021年9月21日

ページID 005253

印刷

多面的機能支払交付金とは

農業・農村は、国土の保全、水源の涵養、自然環境の保全、良好な景観の形成等の多面的機能を有しており、その利益は広く国民が享受しています。
しかし、近年の農村地域の過疎化や高齢化などに伴い、多面的機能の発揮に支障が生じています。
このことから、適切な保全管理が困難となった農用地や農業用水等の資源を地域ぐるみで保全管理を行い、さらには農業用水路や農道等施設の長寿命化のための更新や補修等の支援を行い、地域資源の適切な保全管理を推進するための事業が多面的機能支払交付金です。
この事業は、農地・水・環境保全向上対策として平成19年度から始まり(1期5年)、平成24年度から2期目対策(農地・水保全管理支払交付金)として継続していましたが、平成26年度から前事業を改変する形で多面的機能支払交付金としてスタートしました。
さらに平成27年度からは「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」が施行され、多面的機能支払交付金は法律に基づく安定的な制度として取り組まれています。

活動の様子の写真1
水路の泥上げ 
活動の様子の写真2
景観形成 

多面的機能支払交付金の概要

活動の様子の写真3
法面の草刈り

多面的機能支払交付金は、農地維持支払交付金と資源向上支払交付金のうち「地域資源の質的向上を図る共同活動」の実施により、地域ぐるみでこれら資源の適切な保全管理の支援を行い、資源向上支払交付金のうち「施設の長寿命化のための活動」の実施により、老朽化が進む農地周りの施設(水路や農道等)の補修や更新を支援しています。

農地維持支払交付金

多面的機能を支える共同活動を支援します

1 農地、水路、農道等の地域資源の基礎的保全活動

農地法面の草刈り、水路の泥上げ、農道の法面維持等

2 地域資源の適切な保全管理のための推進活動

農村の構造変化に対応した体制の拡充・強化

地域資源保全管理構想の作成

資源向上支払交付金

地域資源(農地・水路・農道等)の質的向上を図る共同活動を支援します。

1 地域資源の質的向上を図る共同活動

施設の軽微な補修活動

きめ細やかな雑草対策

水路の目地、ひび割れ補修

農村環境保全活動

啓発普及活動

景観形成・生活環境保全活動

水田貯留機能増進・地下水かん養活動

多面的機能の増進を図る活動

遊休農地の有効利用

農地周りの共同活動の強化

地域住民による直営施工

防災・減災力の強化

農村環境保全活動の幅広い展開

医療・福祉との連携

農村文化の伝承を通じた農村コミュニティの強化

2 施設の長寿命化のための活動

水路の更新・改修

未舗装農道の舗装

事業計画の概要

農業の有する多面的機能の発揮に関する法律(平成26年法律第78号)第7条第6項の規定に基づき、事業計画の概要を公表します。

計画の概要(PDF形式 37キロバイト)

関連記事

お問い合わせ先

旭川市農政部農林整備課

〒070-8541 旭川市上常盤町1丁目 旭川市水道局庁舎5階
電話番号: 0166-25-7459
ファクス番号: 0166-29-7595
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)