家屋の評価は年々下がるのでしょうか

情報発信元 資産税課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 003165

印刷

答え

家屋の評価額は、評価の対象となった家屋と同一のものを、 評価の時点においてその場所に新築した場合に必要とされる建築費である「再建築価格」に、家屋の経年減価を反映した「経年減点補正率」を乗じて求めることになっています。 したがって、評価替えのときの物価の上昇などを反映した再建築価格の上昇率が経年減点補正率を上回っている場合には、建物は古くなっても評価額は上がります。また、その逆ならば、下がることになります。
ただし、評価額が上がれば税額も高くなってしまいますので、評価額が上がる場合には、前年度の評価額をそのまま据え置くことになっています。

お問い合わせ先

旭川市税務部資産税課家屋係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎3階
電話番号: 0166-25-9752
ファクス番号: 0166-25-7423
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)