平成31年度 親子記者事業参加者募集(主催:日本非核宣言自治体協議会)

情報発信元 市民活動課

最終更新日 2019年2月12日

ページID 059260

印刷

長崎で、原爆の被害や平和の大切さを学び、新聞を作ってみませんか。

旭川市も会員となっている『日本非核宣言自治体協議会』では、核兵器廃絶と平和への願いを若い世代へ伝えることを目的に、被爆の実相や平和に取り組む人等を取材して新聞を作成する『親子記者』を募集しています。

主催

日本非核宣言自治体協議会(事務局:長崎市平和推進課)

日時

平成31(2019)年8月8日(木曜日)14時30分から平成31(2019)年8月11日(日曜日・祝日)12時

場所

長崎市内(長崎原爆資料館等)

対象

日本非核宣言自治体協議会会員自治体に在住する小学4年生から小学6年生とその保護者

人数

全国で9組(応募者多数の場合は、抽選により決定します。)

申込

下記のホームページにあります実施要領を参照のうえ、申込書に必要事項を書いて平成31(2019)年5月7日(火曜日)までに電子メール(info@nucfreejapan.com) で提出

  • 日本非核宣言自治体協議会ホームページ

www.nucfreejapan.com/(新しいウインドウが開きます)

その他

  1. 長崎への旅費は日本非核宣言自治体協議会が支給します。
  2. 参加決定者には、事前課題、滞在中の記事作成等のご協力をお願いします。

お問い合わせ

日本非核宣言自治体協議会事務局

電話095-844-9923(長崎市平和推進課)

関連記事

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民活動課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎4階
電話番号: 0166-25-6012
ファクス番号: 0166-25-6515
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)