旭川市の企業におけるテレワークについて

情報発信元 経済総務課

最終更新日 2019年3月25日

ページID 064521

印刷

少子高齢化の進行により生産年齢人口が減少局面にあり、人手不足が恒常化していくトレンドとなっていることから、今後の地域経済の維持・発展のため、地域が一丸となり働き方改革を推進していくことが求められます。

旭川市では、市内企業におけるICT(情報通信技術)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であるテレワークの導入促進により、結婚、育児、介護、疾病等の様々な理由で働くことが難しい方でも、その希望や適性に応じて働ける環境の整備に向け、以下の取組を実施しました。

様々な課題解決に向けた新しい働き方として、テレワークの導入や実施をご検討ください。

テレワーク動画&市内企業のテレワーク導入事例集

平成29年度に実施した事業で支援したテレワーク導入企業のモデルを多くの方に知っていただくため、動画及び事例集を作成しました。身近な企業の事例を通し、それぞれの企業のワークスタイルに応じたテレワークの導入を考えてみませんか?

ASAHIKAWA TELEWORK STYLE(アサヒカワ テレワーク スタイル)

  • 動画はこちら(新しいウインドウが開きます)
  • 市内企業のテレワーク導入事例集はこちら

旭川市クラウドワーカーチーム

旭川市では、平成30年度にインターネットにより仕事を受発注するクラウドソーシングを活用した在宅ワークを行うクラウドワーカーのチームを結成し、WEBライティングや事務タスクの業務を受注する上でのスキル取得を支援しました。

また、チームのマネジメントを行うクラウドディレクターを窓口として、チームで連携して業務を行うことのできる仕組み「チームジョブ」を構築しました。

チームと多くの企業の皆様がつながり労働力不足解消の一助となるよう、現在、チームの更なるスキル向上の支援とチームが自らコンテンツを作成する旭川市クラウドワーカー情報発信サイト「ポンコタン(アイヌ語でポン=小さな、コタン=集落)」によるチームメンバーのスキルや活動記録の見える化に取り組んでいます。

  • 旭川市クラウドワーカー情報発信サイト「ポンコタン」

 URL:https://ponkotan.jp

外注による業務負担の軽減を検討してみませんか?

  • 旭川市クラウドワーカーチームについてはこちら

テレワークエキスポの開催

平成30年1月31日、多くの方に「テレワーク」に触れていただく機会として「アサヒカワ×テレワーク~テレワークエキスポ2019 新しいワークスタイルのご提案~」を以下のとおり開催しました。

アサヒカワ×テレワーク~テレワークエキスポ2019 新しいワークスタイルのご提案~

このイベントでは、来場者の方に、様々な角度からテレワークを捉えていただけるよう以下のとおり、複数のイベントを同時開催しました。

  • 市内外の企業約20社によるテレワークの実施を補助する製品やサービスの展示会
  • 出展企業によるミニセミナー
  • クラウドソーシング活用セミナー~そうだ外注しよう(インターネットにより仕事を受発注するクラウドソーシングによる全国の在宅ワーカーへのアウトソーシングによる業務の効率化に関するセミナー)
  • インターネットを使った、新しい働き方セミナー(クラウドソーシングによる在宅ワークに関するセミナー)
  • 働き方改革ロゴマーク展覧会
  • 総務省主催「働き方改革セミナーin北海道」

問合せ先

旭川市経済部経済総務課雇用労政係

電話:0166-25-7152

Email:keizaisomu@city.asahikawa.lg.jp

関連記事

お問い合わせ先

旭川市経済部経済総務課

〒070-8525 旭川市6条通10丁目 第三庁舎3階
電話番号: 0166-25-7152
ファクス番号: 0166-26-7093
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)