旭川市保健所衛生検査課-食品保健係-食品関係の営業許可-臨時営業

情報発信元 衛生検査課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 000773

印刷

臨時営業

臨時営業について

行事・祭典等でテント等の簡易な施設で短期間、食品の販売等の営業を行う場合、
臨時営業の申請が必要です。
臨時営業は簡易な施設で行われる性質上、固定店舗とは異なり、
衛生上の危害発生防止の観点から
営業内容にいくつかの制限があります。

臨時営業の制限・基準等(主なもの)
項目 内容
業種
  • 臨時営業の適用を受けるのは以下の7業種
飲食店営業、菓子製造業、魚介類販売業、食肉販売業、乳類販売業、喫茶店営業、食品販売業
営業期間
  • 一定の場所で7日以内
共通基準
  • 使用する原材料、販売品は他の許可施設で調理加工を行ったものとすること

卸し行為を行わないこと

  • プレハブ又は防水性のテントで天井、側壁3面を有すること
  • 手洗い設備を設けること

(包装食品等、汚染防止措置がとられた食品のみ扱いの場合は除く)

  • 十分な容量の廃棄物容器を備えること



飲食店営業
  • 調理加工は簡単なもののみ
(例)焼くだけ、煮るだけ、揚げるだけ等
魚介類販売業
  • 加工は行わないこと
  • 取扱品目は汚染防止措置を講じられたもののみ
食肉販売業
  • 加工は行わないこと
  • 取扱品目は容器包装に入れられたもののみ

補足1 持ち帰り用の食品、麺、あん、クリーム等の製造は
それぞれ該当する製造業の許可施設で行ってください。
補足2 生食用食品については取扱基準が定められており、
  テント施設において刺身、生寿司、アイス(ディッシャーによる小分け)、
ソフトクリーム(フリーザー使用)の提供はできません。
補足3 臨時営業の詳細、生食用食品取扱基準、施設基準等は当係までお問い合わせください。

申請書類について

申請時に必要な書類は下表のとおりです。

申請書類
書類 内容
1 申請書

(必須)

  • 営業許可申請書

(食品衛生法で定められた許可業種(飲食店営業等))

→営業許可申請書(PDF形式 271キロバイト)           

(道条例で定められた許可・登録業種(食品販売業))

→食品行商登録申請書(PDF形式 288キロバイト)
2 手数料減免申請書 (食品販売業以外の業種で必要)
営業許可申請手数料減免申請書
申請手数料を2200円に減免するための書類です。
対象となるのは食品衛生法で定められた業種になります。
3 施設の構造設備調書 (必須)
  • 施設の構造設備調書
  • 営業設備の配置図等
記入項目は構造設備、配置図、販売品目(品名、予定販売数、仕入先)、
営業場所見取図です。
4 登記事項 (法人申請の場合に必要)
  • 登記簿謄本のコピー
(記載情報が最新であれば取得日は問わない)
5 水質検査証 (使用水が井戸水又は受水槽(有効容量10トン以下)の場合必要)
  • 水質検査証(一般検査10項目)
(1年以内に検査したもの)
6 食品衛生責任者設置届 (生食用食品取扱基準の適用を受ける場合に必要)
  • 食品衛生責任者設置届
  • 食品衛生責任者の資格を証明する書類
(養成講習会の修了証、調理師の免許証等のコピー)
→食品衛生責任者について詳細はこちら

お問い合わせ先

旭川市保健所衛生検査課

〒070-8525 旭川市7条通10丁目 第3庁舎保健所棟
電話番号: 0166-25-5324
ファクス番号: 0166-26-8201
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)