市・道民税の医療費控除について

情報発信元 市民税課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 055052

印刷

質問

私は給与所得者で、昨年分の確定申告において医療費控除の申告をしました。

その結果、納付済の所得税が還付されましたが、市・道民税においてはどうなるのでしょうか。

答え

医療費控除制度は所得税、市・道民税のどちらにもありますが、還付となるのは所得税のみです。

今回申告された医療費控除額は、今年度分の市・道民税の計算において控除するしくみとなっており、控除後の所得に応じた市・道民税の額を納めていただくとになります。

なお、確定申告の内容は、市・道民税に反映されますので、確定申告をすれば市・道民税の申告をする必要はありません。

お問い合わせ先

旭川市税務部市民税課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地 旭川市総合庁舎2階(20番窓口)
電話番号: 0166-25-5758,25-5786
ファクス番号: 0166-27-2146(税制課共通)
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで (土曜日、日曜日、祝日及び12月30日から1月4日までを除く。)