旭川市ワーク・ライフ・バランス推進事業者表彰について

情報発信元 政策調整課

最終更新日 2018年12月6日

ページID 058401

印刷

旭川市ワーク・ライフ・バランス推進事業者表彰の実施について~働きやすい職場環境づくりに取り組む事業者を表彰します!~

本市では、ワーク・ライフ・バランス推進に関する意識の向上と男女が共に安心して働くことができる職場環境づくりを促進するために、平成28年度に「旭川市ワーク・ライフ・バランス推進事業者表彰」を創設しました。

旭川市ワーク・ライフ・バランス推進事業者表彰実施要綱(PDF形式 122キロバイト)

表彰対象

市内に事業所があり、次に掲げる取組を積極的に行っていると認められる事業者。

  1. 従業員の所定外労働時間の削減
  2. 従業員の年次有給休暇の取得促進
  3. 従業員の自己啓発やキャリアアップの支援
  4. 従業員の仕事と育児・介護の両立支援
  5. 従業員の健康管理
  6. 短時間勤務や在宅勤務等の多様な働き方の導入
  7. その他従業員のワーク・ライフ・バランスの推進に資する取組

※1~7のうち、一つでも取り組みを行っていれば表彰対象となります。

受賞者

平成30年度受賞事業者

  • 株式会社 エイブル保険事務所 様
  • 株式会社 総北海 様
  • 株式会社 ササキ工芸 様
  • 旭川信用金庫 様

H30受賞者一同

株式会社 エイブル保険事務所 様

取組内容

  • 所定外労働時間の削減や休暇取得の促進と併せて、特定保健指導の実施機会や運動機会の提供、メンタルヘルス対策方針の作成などを行い、従業員が心身ともに健康で働くことができる環境の整備に取り組んでいる。
  • 従業員に対し社会保険労務士による育児・介護休業制度の説明会を実施するなど、積極的に制度の周知に努めている。
株式会社 総北海 様

取組内容

  • 休暇を取得しやすい雰囲気づくりに努めるとともに、従業員が複数の業務をこなし互いに仕事をカバーすることができる仕組みをつくり、有給休暇の取得率を向上させている。
  • 書籍購入の費用や通信教育の受講費等を会社が負担し、従業員の自己研鑽やキャリアアップの支援を行っている。
株式会社 ササキ工芸 様

取組内容

  • 誕生日休暇を設けるなど、有給休暇を取得しやすい環境や雰囲気づくりに努めている。
  • 従業員が通常の勤務時間以外の時間に製品開発や新たな技術の習得などにチャレンジをしたいと希望したときには、勤務として行うことを認め、スキルアップを支援している。
旭川信用金庫 様

取組内容

  • 各部店ごとの退店時間や、有給休暇取得日数の目標を設定し、併せて職員の意識改革と業務の効率化や生産性の向上に取り組むことにより、所定外労働時間を削減し、有給休暇取得日数を向上させている。
  • 配偶者の出産時には、人事部が当該職員に特別休暇の取得を促し、父親の育児参加を推奨しているほか、「子育て支援ガイドブック」の作成・配布、介護休暇制度等の社内LANデータベースへの掲示など、育児や介護に関する制度の周知と休暇を取得しやすい職場風土の構築に努め、職員の育児・介護と仕事の両立を支援している。
取組事例集

※現在作成中です。しばらくお待ちください。

平成29年度受賞事業者

  • 有限会社 アウトバーン 様
  • 株式会社 グリーンフォレスト 様
  • 日東石油 株式会社 様

H29年度受賞者一同

有限会社 アウトバーン 様

取組内容

  • 育児休業、介護休暇制度があり、復帰後の勤務についても、業務内容や勤務時間の変更など、従業員の状況に合わせて調整している。
  • 従業員が働き続けることができるように、勤務地の変更を従業員の家族の状況や生活環境の変化に合わせて、相談しながら柔軟に対応している。
  • 通常の休暇と合わせて年次有給休暇が自由に取れるほか、連続5日のリフレッシュ休暇を導入している。
株式会社 グリーンフォレスト 様

取組内容

  • ITシステムの導入、シフトの見直しなどにより、業務の効率化を図り、所定外労働時間を削減している。
  • 育児休業制度、短時間勤務制度を導入して、従業員が家庭環境に応じた勤務ができるようにし、働きやすい環境を整えている。
  • 年次有給休暇申請の手続きを簡略化し、取得促進を図っている。
日東石油 株式会社 様

取組内容

  • 社内に時間管理委員会を設置し、従業員一人一人の勤務時間表を作成し、所定外労働時間や休日の取得状況を把握することで、業務の効率化を図り、所定外勤務時間を削減している。
  • 従業員を増員し、余裕のある労働環境を整えている。
  • 月に1回年次有給休暇の残数の告知を行い取得促進に努めているほか、会社の休日と年次有給休暇を合わせて3日以上の連休を取得することを推奨している。
取組事例集

平成29年度旭川市ワーク・ライフ・バランス推進事業者表彰事例集(PDF形式 485キロバイト)

平成28年度受賞事業者

  • 国立大学法人 旭川医科大学 様
  • 株式会社 ライナーネットワーク 様
  • 社会福祉法人 北海道療育園 様

受賞者一同

国立大学法人 旭川医科大学 様

取組内容

  • 育児・介護休業法の規定を上回る育児・介護休業制度を整備している。
  • 事業所内保育所を設置している。
  • 二輪草センター(復職・子育て・介護支援センター)を設置し、復職支援プログラムの提供、キャリア相談の実施など復職やキャリアアップの支援を実施しているほか、バックアップナースシステム(急に子どもや家族の看病や介護が必要となった時に代理勤務者が勤務するシステム)、病児・病後児の預かりなど、子育てや介護に関する支援を実施している。
株式会社 ライナーネットワーク 様

取組内容

  • 小学校入学前の子どもがいる社員には、個人の状況に応じ、時間短縮勤務を認めている。
  • 余裕のある人員配置を行い、育児中の社員を他の社員がフォローしやすい環境をつくっている。
  • 有給休暇は1時間単位で取得でき、新入社員に休暇制度に関する丁寧なガイダンスを実施しているほか、全職員に年2回程度、有給休暇の残日数や消滅期限を提示し、休暇の取得を促進している。
社会福祉法人 北海道療育園 様

取組内容

  • 採用時において、男性、女性ともに育児休業取得が可能であることを周知するなど、女性社員はもとより、男性社員の育児休業取得を促進する取組を行っており、男性社員の育児休業取得実績がある。
  • 事業所内保育所を設置している。
  • 監督者研修で年次有給休暇取得について取り上げ、各部署で取得の啓発を行い年次有給休暇の取得を促進している。
取組事例集

平成28年度旭川市ワーク・ライフ・バランス推進事業者表彰事例集(PDF形式 619キロバイト)

関連ファイル

お問い合わせ先

旭川市総合政策部政策調整課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎9階
電話番号: 0166-25-5358
ファクス番号: 0166-23-8217
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)