市長室へようこそ

市長随想(平成31年5月)を更新しました

市長が、旭川のまち・人・物などについて思うことをお伝えします。

ごみのポイ捨て禁止を呼びかける市長の写真

ごみポイ捨て禁止運動春季街頭啓発でごみのポイ捨て禁止について呼びかけました。(令和元年5月12日)

悩みや不安を抱える方を地域で見守るために

暖かな日差しが心地よい季節となり、自転車で通勤・通学する方も増えました。朝早くから横断歩道や交差点などに立ち、子供たちの登下校を見守る保護者や、交通安全を呼び掛ける地域住民の姿を見るたびに、まちの安心・安全は地域の強い絆によって守られているのだと心強く感じます。
5月12日は、「民生委員・児童委員の日」とされ、全国各地で理解を深めるための催しなどが行われていますが、人や地域のつながりを深めるために様々な活動をしている民生委員をご存じでしょうか。
本市では約780人が民生委員に委嘱されており、一人暮らしの高齢者宅への訪問や子育てサロンの運営など、身近な相談役として地域に根差した奉仕活動をしています。また、貧困や介護などで悩んでいる方には適切な専門相談機関を紹介するなどしており、行政とのパイプ役としての大切な役割も担っています。
これからも、悩みや不安を抱えている方が地域でしっかりと見守られるよう、民生委員をはじめ、市民委員会や社会福祉協議会などの協力を得ながら、住民が一つになって地域の助け合い・支え合いの力を高め、笑顔あふれるまちづくりを進めていきます。

令和元年5月

旭川市長 西川 将人

過去の市長随想