FAQ(展示の概要と体験について)

情報発信元 科学館

最終更新日 2018年11月1日

ページID 055548

印刷

科学のギモンやひみつ、また、科学館の概要についてお答えします。

このページでは、展示の概要についてお答えします。

展示の概要と体験編

  1. エントランスホール内はなぜ暗くしているのですか?(来館者アンケートより)
  2. どんな展示がありますか?
  3. 一時に何人くらい入れますか?
  4. 小学生でも楽しめる内容ですか(何歳くらいから見てわかりますか)?
  5. キッズコーナーで小学生は遊べないのですか?(来館者アンケートより)
  6. 見学にかかる所要時間は?お年寄りでも大丈夫ですか?
  7. サイエンスシアターで使う3Dメガネの幼児用はないのですか?(来館者アンケートより)
  8. 「人類の進化」のコーナーで、体験する人は丸い銀色のもの、一緒に見学する人は黒いマントを付けていますが、なぜですか。(来館者アンケートより)
  9. もっと新しい展示を増やして欲しい。(来館者アンケートより)

  • エントランスホール内はなぜ暗くしているのですか?(来館者アンケートより)
    エントランスホールには、科学館のシンボル展示「水竜」(ウォータードラゴン)が設置されています。この水竜には、水のスクリーンに映像を投影する展示装置があり、この映像を鮮明にするため、ホール内を暗く演出しています。また、プラネタリウムの観覧を終えて、暗いプラネタリウム棟から退場する観覧者の方の目をまぶしい光から保護する目的もあります。

  • どんな展示がありますか?
    「北国」「地球」「宇宙」の3つのテーマがあり、参加体験型の展示をたくさん用意しています。

  • 一時に何人くらい入れますか?
    通常約500人から600人です。(開館時間から一斉に入館する場合)

  • 小学生でも楽しめる内容ですか(何歳くらいから見てわかりますか)?
    充分楽しんでもらえます。また、常設展示室には、キッズコーナーをはじめ、幼児の方にも楽しんでいただけるよう、たくさんの展示を用意しています。

  • キッズコーナーで小学生は遊べないのですか?(来館者アンケートより)
    キッズコーナーは、常設展示を体験するには小さすぎる、幼すぎるお子様を対象にしています。

  • 見学にかかる所要時間は?お年寄りでも大丈夫ですか?
    1時間半程度で一回りしていただけると思いますが、体験型の展示があるので1時間半から2時間程度みていただくとよいと思います。お年寄りの方でも、ほとんどの展示物楽しむことができます。

  • サイエンスシアターで使う3Dメガネの幼児用はないのですか?(来館者アンケートより)
    現在3Dメガネの幼児用は製品化されていません。今後、製品化された際には導入を検討していきたいと思います。

  • 人類の進化」のコーナーで、体験する人は丸い銀色のもの、一緒に見学する人は黒いマントを付けていますが、なぜですか。(来館者アンケートより)
    常設展示「人類の進化」は「モーションキャプチャー」という技術を使用しています。
    赤外線を利用し、放射時と反射後の違いを検知して「どこが・どのように・どれだけ」動いたかをコンピュータで計算し、動きをグラフィックに同調させます。
    この体験の時に付ける丸い銀色のものを「マーカー」といい、赤外線をよく反射します。これを各部に身につけることで、よりリアルに自分の動きをグラフィックに同調させることが出来るのです。
    ただし、体験者以外の方の衣服に付いているボタンやネックレス、時計など、マーカー同様赤外線を反射するものがあると誤作動を起こす可能性があるため、黒いマントで隠しています。

  • もっと新しい展示を増やして欲しい。(来館者アンケートより)
    展示機器の新設につきましては、できる限り計画的に更新していきたいと考えております。

お問い合わせ先

旭川市教育委員会 社会教育部科学館サイパル

〒078-8391 旭川市宮前1条3丁目3番32号
電話番号: 0166-31-3186
ファクス番号: 0166-31-3310
メールフォーム
受付時間:
開館時間は、午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)             問合せ、団体申込受付などは、午前9時00分から午後5時30分まで(ただし、休館日を除く)