令和元年度第1回旭川市緑の審議会会議録

情報発信元 公園みどり課

最終更新日 2019年6月21日

ページID 066850

印刷

日時

令和元年6月6日(木曜日)午後6時00分から午後7時00分まで

場所

旭川市職員会館 2階 2・3号室

出席者

委員

12名

安藤委員、岩間委員、江口委員、遠藤委員、長内委員、小泉委員、今野委員、塩田委員、末武委員、鈴木委員、筒井委員、成田委員

事務局

15名

旭川市

土木部 熊谷部長

土木部公園みどり課 田島課長 佐瀬課長補佐

土木部公園みどり課管理緑化係 村形係長、秋山主査、高木主査、畠山

土木事業所 鎌田次長、石持係長

農林整備課 松本課長、支倉課長補佐、山﨑主査

スポーツ課 森田課長、矢野課長補佐、大淵主査

欠席者

3名

井上委員、大久保委員、齋藤委員

配布資料

次第(PDF形式 78キロバイト)

その他資料 神楽岡・緑が丘地区間緑地帯の街路樹の管理について(PDF形式 102キロバイト)

会議内容

1.開会

  • 土木部長挨拶 
  • 委嘱状交付(委員変更により岩間委員へ交付) 
  • 事務局紹介 
  • 会長挨拶 

(会長)

  • 暑いのか寒いのか涼しいのかはっきりしない気候が続いており、また夜間の審議 会開催となったが、出席に感謝する。緑の木々もこのような気候でどのように緑を 繁らせてよいのか迷っているのかも知れないが、本日も活発な議論をお願いした い。

2.議題(1) 使用料・手数料の見直しについて

(会長)

  • 議題(1)について事務局から説明願う。

(事務局)

  • <資料1、資料2に基づき説明>

(会長)

  • 説明に対して質問はないか。

(A委員)

  • 市外のパークゴルフ場では町民割引を設定しているところがあるが、旭川市では市民と市民以外の利用者も料金は同じなのか。

(事務局)

  • 市民とそれ以外とで異なる料金設定をしている施設として旭山動物園があるが、動物園の状況を聞くと市民であることを証明する書類の確認が大変であると聞いている。今回の使用料の見直しの考え方では、市内の利用者、市外の利用者に関係なく全体の見直しを行うことを目的にしており、今後検討していく。

(会長)

  • 旭川市は市外から訪れる人に優しい街として、市外からの人をたくさん受け入れて消費をしてもらえれば旭川市の経済も潤うため、市民以外の利用者の料金を上げない方法もあるかと思う。

(B委員)

  • カムイスキーリンクスは、ニセコやルスツが外国人観光客で飽和状態になっているため、利用客が流れてきていると思うが、実際に市民料金、道民料金を設定しているスキー場はあるため、個人的には観光客と地元の人との料金を区別した方が、利用客の増につながると思う。

(事務局)

  • カムイスキーリンクスは、外国人観光客の利用が増えている状況にあるが、今回の使用料見直しは市の施設全体の使用料見直しの考え方に基づいて行うものであることを御理解いただきたい。カムイスキーリンクスの施設としての活用や利用しやすい環境づくりは進めていきたい。
  • 旭山動物園、カムイスキーリンクスはともに観光客の利用が多い施設であるが、他の市有施設とは種別が異なると感じている。今後の見直しの中で検討していきたい。

(会長)

  • 市民であることはどのように証明するのか。

(事務局)

  • 保険証やパスポート等を提示してもらう。

(会長)

  • 市民であっても証明するものを忘れた場合、市外の人と同じ料金になるため、損したような気分になると思うし、トラブルにつながるようにも感じる。

(B委員)

  • 自治体によっては、市内の利用施設以外の場所で事前購入できるようにしている所がある。

(事務局)

  • 旭山動物園では年間パスポート、カムイスキーリンクスではシーズン券の取扱いがあるが、毎回料金を支払う施設では、利用の度に市民であることの確認が必要となり、手続が煩雑となる可能性があるため、今後の検討課題としたい。

(C委員)

  • 見直し案では、カムイスキーリンクスでは小学生料金とシニア料金が設定されているが、スキーやスノーボードの文化をより根付かせるため、子ども料金を高校生まで適用することはできないのか。

(事務局)

  • 若年層への対応に限らず同様に高齢者への対応についても意見をいただいており、スポーツ振興の立場からは利用料金の値上げは抑えたいという思いはあるが、実際に施設の運営には経費が必要となるため、現在の維持費から利用料を算出して料金設定したことに御理解いただきたい。スポーツ施設は利用してもらうことが重要であることから今後の検討課題としたい。

(会長)

  • 見直し後の施設の利用区分は午前、午後、夜間となっているが、午後のうち2時間のみ使用するという使い方は可能か。 (事務局)
  • 一時間単位の料金設定をしている施設はあるが、利用状況に合わせた料金設定となっているため、午後2時間の利用であっても午後分の料金を負担いただくことになる。

(会長)

  • 一時間単位の料金設定をしても問題はないのではないか。今回の見直しでは、機械的にコストを算出して、利用料金を設定したことから、利用者の多い時間、少ない時間帯に料金差を設けて利用を促すようにするなどの工夫がないように思う。市の方向性としてスポーツ人口やお年寄りの利用を増やすなどの方向性を出してもよいのでは。次の見直しのときは、新たな利用者を掘り起こすような工夫をして欲しい。
  • 現在は日照時間が長いため、時間外にパークゴルフ場を利用することも可能だと思うが問題はないのか。

(事務局)

  • 施設の利用時間は定めているが、管理できない部分があるため、施設管理者に利用実態を確認し、利用促進と料金徴収のバランスを見ながら、次の料金設定を考えていきたい。

(会長)

  • 朝割とか深夜割など工夫のある料金設定を検討して欲しいと思う。

(D委員)

  • 時間外に有料のパークゴルフ場の利用をすることは、利用者が管理経費を負担する という考え方からもよいことではないと思う。時間外の利用対策として、時間外にホ ールの旗を片づけておく方法もあると思うが。

(事務局)

  • パークゴルフ場の管理方法については、利用実態を踏まえて適切な方法を検討した い。

(会長)

  • いろいろと課題はあると思うが、今回の使用料の見直しの方針については、理解をいただけたということでよろしいか。

(出席委員)

  • 了解した。

(事務局)

  • 本審議会での意見は、総合政策部財政課へ報告する。今後のスケジュールは、6月 14日にパブリックコメントが締め切られた後に修正案を取りまとめ、7月に修正案 について意見聴取が必要であれば、審議会に意見を求める。その後、最終案を取りま とめて9月開催の市議会に提案し、議決後を得てから令和2年4月1日から見直し後 の使用料・手数料が適用される予定となっている。 


3.その他

(会長)

  • その他報告事項等あれば事務局より説明願う。

(事務局)

  • 土木事業所から神楽岡・緑が丘地区間緑地帯(以下「緑地帯」という。)の管理について報告させていただきたいがよろしいか。

(会長)

  • 緑地帯の管理について説明を願う。

(事務局)
<配布資料に基づき説明>
(会長)

  • 住民説明会では伐採すべきという意見と残した方がよいという意見どちらが多かったのか。

(事務局)

  • 両方の意見があった。緑地帯に魅力を感じて住居を構えた人がいる一方で、落ち葉の対応に苦慮されている方の意見もあった。両方の立場で一致しているのは、危険で あれば伐採はやむを得ないとの意見であったため、再調査の結果を踏まえて説明をしていきたい。

(事務局)

  • 診断結果について意見をいただいており、現在対応を検討している状況である。伐採に至る前段の部分の整理が最重要であると考えているため、それがはっきりした段階で作業を行いたいと考えている。

(会長)

  • 現在調査中ということなので、報告をいただけたらと思う。更新計画が策定されればよいかと思う。他に意見はないか。 (E委員)
  • 木に付けてある赤や青色のテープの意味は。

(事務局)

  • 市内を4地区に分けて街路樹を管理しており、例えば、神居・神楽地区は青色のテープを貼っている。したがって、テープは木の状態に応じて貼っているものではない。

(E委員)

  • 60本近く伐採した場合、生態系に影響はないのか。

(事務局)

  • リスや珍しい鳥の住処となっているため、影響を懸念する意見はある。当初62本のポプラを伐採する計画であったが、白紙に戻して再調査をしている状況である。危険な樹木であれば伐採することはやむを得ないが、緑地帯は緑の回廊として可能な限り環境に影響 を与えない形で緑を残しながら更新していきたいと考えている。

(E委員)

  • 先日キタキツネの巣営についての新聞報道があったが、神楽岡公園はリスが住んで おり、特に老木を主に住処にしている。老木を伐採した場合、影響があるように思う。

(事務局)

  • 環境への影響に対する視点も大事であるが、道路管理者として安全の確保というの が大きな考え方であるため、両立させていくことが大切だと考えている。全部伐採するのではなく更新しながら管理していきたい。

(会長)

  • リスも自然のままで生息できるような方向に向かって欲しいと思う。

4.閉会

会議録のPDF版はコチラ(PDF形式 207キロバイト)

旭川市緑の審議会概要のページへ

お問い合わせ先

旭川市土木部公園みどり課

〒070-8525 旭川市6条通10丁目第三庁舎2階
電話番号: 0166-25-9705
ファクス番号: 0166-24-7010
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)