市民の企画提案による協働のまちづくり事業~成果品紹介

情報発信元 市民活動課

最終更新日 2021年9月7日

ページID 073840

印刷

令和2年度「市民の企画提案による協働のまちづくり事業」採択事業、「口から始める食べ方支援事業」の成果品、ブックレットやその活用についての紹介です。

事業紹介

令和2年度に採択された「口から始める食べ方支援事業」は、「咀嚼力」を意識した食支援を推進するため、幼児と高齢者それぞれの口腔発達に合わせた「段階食」に関するレシピブックを作成し、料理教室・講演会等の開催による普及活動を行う事業として実施した、市民団体「段階食について考える「もがな」」と担当部署「保健所健康推進課、保健指導課」とのが協働事業です。

成果品

フライヤー

フライヤー1
(表面)
フライヤー2
(裏面)

令和2年8月に発行したフライヤーです。

乳幼児と高齢者の段階食に共通している点や、高齢者と乳幼児に関わる様々な職域と情報共有のイメージ、団体の活動など掲載されています。

PDF形式でのダウンロードはこちら→フライヤー(PDF)

ブックレット

ブックレット表紙
(ブックレット)

離乳食、介護食の調理方法や配慮すべき内容について等をまとめたブックレットを段階食について考える「もがな」(団体)と旭川市保健所(健康推進課・保健指導課)(担当部署)が協働して作成しました。令和2年11月に発行したブックレットです。

ブックレットに掲載されている調理方法については、団体のFacebookYouTubeを活用しより詳しい内容を掲載しています。

ブックレットの活用方法について(抜粋)

ブックレット配布時に、一緒に添付していた「段階食を考える「もがな」ブックレット活用方法について」から抜粋して掲載しています。

1.こんな場面で使ってみてね

 ブックレットには、詳しい調理方法は記載されていません。

 このブックレットだけで離乳食や介護食を調理することは難しいかもしれませんが、それぞれの食材に分けて、どのような時期にどのような形態のものが好ましいか、今よりもう少しすすめるとどんな形態になるか、視覚的にアプローチできるように考えました。

 「こんな調理方法でいいのかな」、「食べやすくて作りやすい食事を作るためにはどんなことに気をつけたらいいのかな」と不安に感じているときに確認のため手に取っていただけたらと思います。

 食形態に着目すると、介護食と離乳食は似通ったところがあります。介護食の調理経験のある方が離乳食を作るとき、離乳食の調理経験のある方が介護食をつくるときの橋渡し役をこのブックレットがしてくれると期待しています。

2.段階を確認しよう


分類表・ピラミッド
(分類表・ピラミッド記号)

「もがな段階食 咀嚼分類表一覧」と「もがな段階食 ピラミッドと記号」をご覧ください。

(乳幼児)

離乳食は「授乳・離乳支援ガイド」に基づき分類しています。月齢で離乳食を進めがちですが、今の食べ方はどの段階に該当するのか、唇の動かし方や食べ方を見ながら確認してあげましょう。

(高齢者)

介護食は「日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013」を参考に分類しています。歯の状況、口の中で食べ物をまとめられるかなどを確かめ、今はどの段階に該当するのか確認しましょう。

(共通事項)

ピラミッドの上部にいくほど、より滑らかで飲み込みやすい形態のものになっています。

逆に下にいくほど、形が大きくなり、咀嚼力が必要になります。

このピラミッド型は連続性があることも示しています。レベルを変更するときも、急にではなく、徐々に心がけることも大切です。

3.写真で確認してみよう

2で確認したレベルの形態を「ごはん」、「さかな」、「とうふ」、「かぼちゃ」、「にんじん」の写真で確認してみましょう。

小さすぎたり、大きすぎたり、硬すぎたり、柔らかすぎたりすることがあるかもしれません。

4.作り方をみてみよう
段階食の作り方
(段階食の作り方)
  • 「段階食の作り方」を参考に調理します。 (右画像)
  • 食材ごとに基本となる簡単な調理例が書かれています。
  • 加熱方法、味付けについての考え方は表の下に記載しています。
  • その他の調理のポイントについても4点記載しましたので、参考にしてください。

調理の進め方

  1. kihonを確認して食材を加熱しましょう。
  2. kihonの状態になるように加熱をしたら、次はそれぞれの段階に合った大きさに切る、ミキサーにかけるなど、食べやすい形態に調理しましょう。

例・L2の対象者に合わせて魚を調理する場合

(1)さかなを柔らかく煮る

(2)乳幼児は、(1)をなめらかにすりつぶし、とろみをつける。

高齢者は、(1)に牛乳(または煮汁)とはんぺんを合わせ、ミキサーをかけてとろみをつける。

ブックレットについてのお問い合わせ先

段階食について考える「もがな」

Facebook → https://www.facebook.com/profile.php?id=100057555125280

電子メール → mogana.asahikawa@gmail.com

その他

調理方法や食材の状態、調理過程がわかりやすい動画が配信されています。ブックレットと一緒に是非ご覧ください。

段階食について考える「もがな」YouTubeチャンネル


関連ファイル

関連記事

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民活動課市民活動係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎4階
電話番号: 0166-25-6012
ファクス番号: 0166-25-6515
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)