(結果公表)アサヒカワワーケーションに係る地域交流型テレワーク施設整備等事業補助金の公募型プロポーザルの実施について

情報発信元 地域振興課

最終更新日 2021年9月14日

ページID 073645

印刷

プロポーザル審査の結果(令和3年9月14日)

プロポーザル審査結果(PDF形式 44キロバイト)

本事業の目的

アサヒカワワーケーションの拠点となる地域交流型テレワーク施設の整備・運営を行う事業者に対して、当該施設の整備・運営に必要な経費を補助することにより、本市におけるテレワーク・ワーケーションの促進を通じた企業誘致及び移住促進を図り、もって本市の活性化及び地域の魅力向上に資することを目的とする。

補助金名称

アサヒカワワーケーションに係る地域交流型テレワーク施設整備等事業補助金 

※本補助金は、国の「地方創生テレワーク交付金」を活用して実施しようとするものです。

補助金の概要

補助対象事業

次の要件を満たす施設の整備及び運営を行う事業を補助対象事業とします。

施設の設置場所

旭川市内

施設における機能

  • テレワーク勤務者が安心して作業等に取り組むことができる機能及び対策がされたワークスペース(個室等を含む。)が整備されていること。
  • テレワーク勤務者同士や地域の事業者又は住民等がソーシャルディスタンスを確保した上で一堂に交流や作業が行えるスペース、小・中規模の会議室など、様々な働き方に対応した多目的な利用が可能なスペースが整備されていること。
  • 都市部での請負業務等を安心して処理できる程度のセキュリティ対策や通信速度を確保できる通信設備を有していること。
  • 施設におけるテレワーク勤務者の収容可能人数が概ね10人以上20人未満であること(ただし、利用者交流、講習会などのイベント等を行う場合の最大収容人数はこの限りではない。)

運営における機能

本市が別に定める数値目標を達成するため、本市等と連携し、整備した施設の利用促進に向けた首都圏等に拠点を置く企業等へのプロモーション及び施設利用者と地域との交流事業等を進め、当該施設利用者に有益となる本市の情報を提供するなど、適切な支援を講じて企業等の進出支援と移住促進活動に取り組むこと。

事業実施期間等

補助金の交付決定日から令和4年2月28日(月曜日)とします。

なお、本事業により整備した施設は、施設の運営開始日から5年以上継続すること。

補助率・補助限度額

補助対象経費の4分の3以内(千円未満切捨)又は3,000万円のいずれか少ない額

補助対象経費

補助対象項目 内訳
1 施設整備費

テレワーク施設の整備に要する主たる経費

【例】テレワーク施設部分の増築、改築、模様替え、修繕その他の改修に要する経費、電気・水道の敷設に要する経費、空調、セキュリティ関連機器の整備費等

2 通信環境整備費 テレワーク施設における通信環境の整備に要する経費(Wi-Fi、LAN環境の構築のための機器の購入、レンタル、設置工事等)
3 什器・機器導入費 テレワーク施設における事業の用に供する什器・機器の導入に要する経費(机、椅子、パソコン、プリンタ、コピー機等)
4 施設運営費 テレワーク施設における事業の用に供する経費(事業実施期間内における賃借料、人件費、光熱水費、通信費、消耗品費等)

5 本事業を推進するために必要なその他の経費

(※2割制限あり)

外構や居住・滞在機能を付与させる部分等の居住施設に係る経費(※本表1~5に掲げる経費の交付対象事業費全体の2割を上限として、補助対象経費とします。)

【例】造成費、外構工事費、駐車場のアスファルト舗装費、住居スペースやシャワールーム等の整備費、什器・家電の購入費等

交付決定時期(予定)

令和3年9月下旬~10月上旬

プロポーザルへの参加方法(8月23日で受付を終了いたしました。)

お問い合わせ先

旭川市地域振興部地域振興課

〒070-8525 北海道旭川市6条通10丁目 第三庁舎3階
電話番号: 0166-25-5316
ファクス番号: 0166-27-3466
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)