気をつけて!注意情報-詐欺的な投資勧誘に注意!!

情報発信元 市民生活課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 006325

印刷

気をつけて!注意情報

詐欺的な投資勧誘に注意

社債、未公開株、ファンド型投資商品、外国通貨の購入など、詐欺的な投資トラブルに巻き込まれる消費者の被害が増加しています。特に、高齢者を狙った勧誘が多く、支払った総額が1,000万円を超えるケースも増加しています。
突然、業者から投資商品の購入に関する勧誘の電話を受けたり、ダイレクトメール等でパンフレットが送られてきた場合は、安易に信用しないで注意するようにしてください。
なお、最近、一人暮らしの高齢者の自宅まで業者がお金を取りに来るケースが発生するなど、手口はますます巧妙、悪質化しています。

相談の概要

A社から電話があり、確実に利益ができるので鉱山の権利に投資するよう勧誘を受け迷っていると、同じ日に大手証券B社を名乗り、額面の2倍で買い取るなどと電話もきたので、すっかり信用してしまい、次々と鉱山の権利に投資してしまった。
最初は、エクスパックで現金を送金するよう指示され、その後はA社と名乗る男性が自宅にお金を取りに来たが、領収書は渡されず、コピーの証券を渡された。
(相談者は70歳代の女性、被害額は1,000万円以上)

アドバイス

  • 突然、見知らぬ業者から電話があり、儲け話をしてくる場合は注意が必要です。まず、「この業者は怪しいのでは?」など、慎重に対応することが必要です。特に、携帯電話から発信されている場合は、詐欺的な投資の勧誘の可能性がありますので注意してください。
  • 「権利を高値で買い取る」とか、「必ず儲かる」などというセールストークを信じて、業者にいったんお金を払ってしまうと、業者と連絡が取れなくなるなど、被害に遭う可能性が高くなります。これらの被害に遭わないためには、業者のセールストークに惑わされず、安易に儲け話に飛びつかないことや、勧誘には応じずにきっぱり断ることが大切です。
  • 旭川市消費生活センターでは、販売業者とは別の業者に「高く買い取る」と持ちかけられて、実際に買い取られた事例は一件も確認していません
  • 過去に社債や未公開株、外国通貨などの投資被害にあったことがある消費者を狙って、勧誘してくる可能性もありますので、十分注意が必要です。
  • 断りきれずに契約してしまったり、不安に思ったら、迷わず旭川市消費生活センターに相談してください。

(相談は無料、予約不要)

旭川市消費生活センター
所 在 地 旭川市1条通8丁目 フィール旭川7階
相 談 電 話 0166-22-8228
相談受付時間 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)午前9時から午後5時

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民生活課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎1階
電話番号: 0166-25-5150
ファクス番号: 0166-22-2309
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで。なお消費生活センターの相談受付は午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)