旭川の野菜

情報発信元 農業振興課

最終更新日 2019年5月16日

ページID 005203

印刷

あさひかわの野菜

野菜の産地「あさひかわ」

  • 旭川の野菜生産は、都市近郊型農業として発展してきて、典型的な少量多品目産地となっています。
  • 取扱品目はおよそ60品目もあります。また、市内においても地域ごとに取扱品目の違い(地図)(画像形式(PNG) 93キロバイト)が見られ、その地域に適した作付がされています。
  • 平成30年度の旭川野菜の出荷額は約15.7億円ありました。主なものとして、葉茎菜類(チンゲンサイなど)が8.2億円、果菜類(トマトなど)が4.8億円となっています。
  • 少量・多品目が旭川の野菜生産の特色ですが、チンゲンサイしゅんぎくなど、道内1位の出荷量となっている品目も多くあります。

あさひかわの野菜はクリーン野菜

  • 冷涼な気候と広大な大地を最大限利用し、たい肥などを活用した土づくりを進めながら、農薬や化学肥料をできるだけ減らした環境にやさしいクリーン農業に積極的に取組み、安全・安心な野菜づくりを実践しています。
  • この結果、旭川の施設野菜販売額におけるクリーン農産物認証取得の割合は64.1パーセント(平成28年度実績)となっています。
  • エコファーマーの認証期間が終了した品目についてもエコファーマーの栽培基準を継続しており、それらを含めた割合は74.9パーセントとなります。

YES!clean(イエス・クリーン)

YES!cleanロゴ

  • 旭川では、北海道の進める「北のクリーン農産物表示制度(YES!clean)」(新しいウインドウが開きます)に積極的に取り組み、水稲を含め17品目19集団がYES!cleanの認証を行っています。これはYES!clean認証品目数・団体数で全道一となっています。

エコファーマー

  • 国の制度である「エコファーマー(新しいウインドウが開きます)(北海道の解説ページ)」にも取り組んでいます。
  • 認証を取得している生産者は5名(2法人を含む)おり、水稲、ソバを生産しています。

あさひかわの野菜はどこに売っているの。

  • 旭川産野菜は取扱品目・量の多少はありますが、市内ほとんどのスーパー・小売店で取り扱っています。最近は地産地消の流れを受けて旭川野菜コーナーを設けているお店も増えています。
  • 野菜をご購入の際には、こちらのロゴマークを目印にお買い求めください。なお、旭川産野菜は、農協直営の農産直売所や農家さんの軒先でも買うことができます。

旭川青果連

青果連ロゴ

  • 旭川青果連ではロゴマークを「旭山動物園のある街あさひかわ」に統一し、品目ごとに異なる35種類の動物イラストを袋やパックなどに印刷しています。
JA東神楽

JA東神楽ロゴ

  • 市内西神楽地区の野菜はJA東神楽から一元出荷されています。

このページのトップへ

旭川青果連のロゴマーク(動物イラスト)

青果連ロゴマーク

青果連ロゴ
旭川青果連の野菜パッケージには旭山動物園にいる色々な動物のイラストが描かれています。

チンゲンサイの袋にはゴマフアザラシのイラスト
ゴマフアザラシ
チンゲンサイ
ほうれん草の袋にはキングペンギンのイラスト
キングペンギン
ホウレンソウ
摘み取り春菊の袋にはジェンツーペンギンのイラスト
ジェンツーペンギン
摘み取り春菊
株張り春菊の袋にはキングペンギンとジェンツーペンギンのイラスト
キングペンギンと
ジェンツーペンギン
株張り春菊
小松菜にはイワトビペンギンのイラスト
イワトビペンギン
小松菜
ターサイの袋にはキングペンギンのイラスト
キングペンギン
ターサイ
パセリの袋にはゴマフアザラシのイラスト
ゴマフアザラシ
パセリ50g
パセリの大袋はキングペンギンのイラスト
キングペンギン
パセリ200g
サラダ菜の袋にはカイウサギのイラスト
カイウサギ
サラダ菜
サニーレタスの袋にはレッサーパンダのイラスト
レッサーパンダ
サニーレタス
リーフレタスの袋にはレッサーパンダのイラスト
レッサーパンダ
リーフレタス
ミズナの袋にはチンパンジーのイラスト
チンパンジー
ミズナ
ミニセルリーの帯にはワシミミズクのイラスト
ワシミミズク
ミニセルリー
小ねぎ100gの袋にはゴマフアザラシのイラスト
ゴマフアザラシ
小ねぎ100g
小ねぎ50gの袋にはアミメキリンのイラスト
アミメキリン
小ねぎ50g
春ねぎの袋にはタンチョウヅルのイラスト
タンチョウ
春ねぎ
夏秋長ねぎの袋にはベニイロフラミンゴのイラスト
ベニイロフラミンゴ
夏秋長ねぎ
トマトパックにはボルネオオランウータンのイラスト
ボルネオ
オランウータン
トマト
ミニトマトパックにはモルモットのイラスト
モルモット
ミニトマト
ピーマンの袋にはホッキョクグマのイラスト
ホッキョクグマ
ピーマン
ししとうの袋にはエゾフクロウのイラスト
エゾフクロウ
ししとう200g
ししとうの袋100gにはマガモのイラスト
マガモ
ししとう100g
ししとうのパックにはニホンザルのイラスト
ニホンザル
ししとう50g

なんばんの袋にはライオンのイラスト
ライオン
なんばん200g

なんばんのパックにはコールダックのイラスト
コールダック
なんばんパック
激辛なんばんの袋にはアムールトラのイラスト
アムールトラ
激辛なんばん
激辛なんばんのパックにはコハクチョウのイラスト
コハクチョウ
激辛なんばんパック
イチゴパックにはエゾユキウサギのイラスト
エゾユキウサギ
いちご
白かぶの帯にはカバのイラスト
カバ
白かぶ

軟白長ねぎの帯にはユキヒョウのイラスト
ユキヒョウ
軟白長ねぎ

さくらんぼのパックにはホッキョクギツネのイラスト
ホッキョクギツネ
サクランボ
ラヂュッシュの袋にはホッキョクグマのイラスト
ホッキョクグマ
ラディッシュ

枝豆の袋にはクマタカのイラスト
クマタカ
枝豆

ヘルシ-ベジタブルその他の野菜パッケージにはシバヤギのイラスト
シバヤギ
ヘルシーベジタブル
及びその他野菜袋
その他の野菜テープにはキングペンギンのイラスト
キングペンギン
その他野菜テープ

クリーン農業などに関する農産物の表示について

  • クリーン農業とは、たい肥等の有機物の施用などによる土づくりに努め、化学肥料や化学農薬の使用を必要最小限にとどめるなど、農業の自然循環機能を維持増進させ、環境との調和に配慮した、安全・安心、品質の高い農産物の生産を進める農業のことをいいます。
  • これらの表示制度は国や都道府県などで実施しています。主な表示制度は次のとおりです。

主な表示制度

制度名 ロゴマーク 制度の概要
有機農産物
検査認証制度
JASロゴマーク

有機栽培された農産物など、有機JAS 規格を満たす食品につけられるマークです。主な要件は次のとおりです。

  • たい肥などの有機質肥料で土づくりを行い、種まき前2年以上、栽培中も農薬や化学肥料を原則として使わない田畑で栽培されていること。
  • 遺伝子組換え技術を使用しないこと。
  • 生産から出荷までの記録を作成していること。
詳細については有機食品の検査認証制度(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。
特別栽培農産物に係る
表示ガイドライン
北海道や旭川では
ロゴマークは定め
ていません
特別栽培農産物とは、化学肥料の窒素成分量、化学合成農薬の使用回数が、地方公共団体が定める慣行レベルの5割以下の農産物のことをいいます。
詳細については特別栽培農産物に係る表示ガイドライン(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。
北のクリーン農産物
(YES!clean)表示制度
YES!cleanロゴ

土づくりを基本に化学肥料や化学合成農薬の使用を最小限に抑えて栽培された農産物に表示されるマークです。主な要件は次のとおりです。

  • 北海道で生産されていること
  • 道立農業試験場等で開発・改良された「クリーン農業技術」を導入し、化学肥料の使用量や化学合成農薬の使用回数を削減
  • 登録集団の構成員が栽培基準に基づき生産
  • 他の農産物と混合しないように管理
詳細については北海道クリーン農業推進協議会(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。
エコファーマー制度

北海道や旭川では

ロゴマークは定めていません

「持続性の高い農業生産方式の導入に関する法律」に基づき、農業者が持続性の高い農業生産方式(土づくり、化学肥料・化学農薬の低減を一体的に行う生産方式)の導入計画を立て、都道府県知事が認定する制度です。
詳細についてはエコファーマー制度の概要について(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。

このページのトップへ

関連記事

お問い合わせ先

旭川市農政部農業振興課園芸係

〒070-8525 旭川市4条通9丁目 朝日生命ビル4階
電話番号: 0166-25-7438
ファクス番号: 0166-26-8624
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)