「旭川市生涯学習推進基本方針」事業報告及び評価

情報発信元 社会教育課

最終更新日 2016年10月24日

ページID 005951

印刷

事業報告及び評価の目的

「旭川市生涯学習推進基本方針」(HTML方式)では、本市に生涯学習社会が実現されることが地域社会の担い手が育ち、自主的な地域づくりが進むまちにつながるとの考えに沿い、 各行政分野の様々な施策を通して生涯学習振興に取り組むことが必要であるとしています。
そこで、「旭川市生涯学習推進本部」(HTML形式)では、生涯学習振興に係る事業の実施状況の報告と評価を行うことで、各部局での事業推進に当たっての基本方針の考え方や方法の浸透を図るとともに、全庁的な生涯学習振興への取組を市民に示すことにより、生涯学習社会実現に向けて共通の理解を得ようとするものです。

「旭川市生涯学習推進基本方針」事業報告及び評価 (PDF)

  1. 平成27年度「旭川市生涯学習推進基本方針」事業報告及び評価(概略図)(PDF形式 363キロバイト)
  2. 平成27年度「旭川市生涯学習推進基本方針」事業報告及び評価(PDF形式 1,248キロバイト)
  3. 旭川市生涯学習推進基本方針に係る連携協議の対象事業一覧表(PDF形式 89キロバイト)

上の2で報告のあった中から、連携することで、より効果的に市民の生涯学習の推進が図られると期待できる事業を抽出し協議を行ったもの

  1. 平成27年度「旭川市生涯学習推進基本方針」取組の実施状況と評価(PDF形式 115キロバイト)

連携協議の内容から、各部の取組状況、傾向を踏まえて「取組の実施状況」とそれらに対する「評価」を記載し、各部の事業展開の中で留意すべき事項を「各部への依頼事項」として整理したもの

凡例

「事業報告及び評価」シート中、「学習形態」及び「対象」欄に記載する番号については次のとおり。

学習形態

  1. 聴講(講演、講義等)

作業や実習を伴わないもの

  1. 討議(話し合い、ワークショップ等)

参加者から意見を引き出すもの

  1. 講習(料理教室、育児教室、救命講習、百寿大学等)

作業や実習を伴うもの

  1. 研修(職業訓練、競技等)

専門の知識・技能や資格を習得するためのもの

  1. 啓発・情報提供
  2. その他(上記以外のもの)

(支援・補助、生涯学習施設の管理・運営など)

対象

  1. 青少年(小学生からおおむね20歳までの男女)

男又は女のみの場合は、1(男)、1(女)と表示。

  1. 成人一般(おおむね20歳以上の男女)

男又は女のみの場合は、2(男)、2(女)と表示。

  1. 高齢者のみ(おおむね60歳以上の男女のみ)

男又は女のみの場合は、3(男)、3(女)と表示。

  1. 児童・生徒と保護者(小中学生と保護者)

乳幼児と保護者の場合は、「2.成人一般」とする。

  1. 全て(性別、年齢に関係なく全てを対象とする場合)

お問い合わせ先

旭川市教育委員会 社会教育部社会教育課

〒070-8525 旭川市6条通8丁目 セントラル旭川ビル7階
電話番号: 0166-25-7190
ファクス番号: 0166-25-8210
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)