旭川市スマートハウス認定制度(廃止しました)

情報発信元 環境総務課

最終更新日 2022年3月23日

ページID 054165

印刷

旭川市スマートハウス認定制度の廃止について

平成28年4月1日から認定を開始した『旭川市スマートハウス』は、平成26年に閣議決定された「日本再興戦略」にある

  • 2020年を目処に新築住宅・ビルの省エネ基準適合率を100%にする。
  • 2030年に新築住宅が平均でネット・ゼロ・エネルギーハウスを実現する。

という2つの目標の中間に位置付け、2030年の目標にスムーズ移行するための「橋渡し」を目的としていました。


近年、カーボンニュートラルの実現に向け、住宅分野では省エネルギー化・脱炭素化に向けた政策が加速し、市内ハウスメーカー等においてもZEH化に向けて動いている状況にあることから、「橋渡し」を目的とした当該認定制度は役目を終えているため、令和4年3月23日付で廃止します。

住宅分野の補助制度

環境総務課では、市内の住宅や事業所への再生可能エネルギー設備等の導入を促進するために補助制度を設けています。詳しくは、各ページを御覧ください。

お問い合わせ先

旭川市環境部環境総務課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎8階
電話番号: 0166-25-5350
ファクス番号: 0166-29-3977
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)