旧北海道旭川北都商業高等学校の跡利用者の募集について

情報発信元 教育政策課

最終更新日 2016年4月1日

ページID 005013

印刷

概要

旭川市教育委員会では、平成23年3月末日をもって閉校となった旧北海道旭川北都商業高等学校の建物及び土地を有効に活用し、地域の振興及び発展に資する事業を実施していただける跡利用者を募集しています。
同校跡地のある神居地区は、本市の西側の玄関口とも言える地域であり、森林、河川、丘陵、沢などの自然環境に恵まれているほか、同校跡地は国道12号線沿いに位置し、中心市街地からのアクセスについても車で約20分(約8.5キロメートル)、旭川空港からも約50分(約25キロメートル)と良好な場所にあります。
本市では、当該跡地の利用について、広く皆様から御提案をいただき、同校の跡利用の方法としてふさわしい御提案をお持ちの方、あるいはそのような事業内容を検討されている方にお売りし又はお貸しすることで、同校跡地の活用を図るとともに、地域の活性化につなげていきたいと考えています。

応募資格

どなたでも応募できます。法人、任意団体、個人を問いません。
ただし、次のいずれの項目にも該当しないものとします。

  • 宗教活動・政治活動を行う利用
  • 公益を害するおそれのある用途での利用
  • 税の滞納がある者

利活用方法

校舎、体育館及び土地の利用については、一括売払い・貸付けを原則としますが、事業内容により分割売払い・貸付けについても相談に応じます。

事業内容

同校が地域の教育・文化・生活の中核的な公共施設であったことを踏まえ、地域の活性化及び振興発展に貢献できる事業であり、原則として3年以上実施できる事業としてください。

なお、跡利用者が決定するまでの間は、短期間の使用(1年以内の目的外使用許可)についても相談に応じていますので、関心がある方は、担当課(教育政策課 電話0166-25-9718)まで御連絡ください。

留意事項

売払い又は貸付けの対象となる施設等は、校舎敷地及び校舎敷地上にある建物等となります。グラウンド敷地(35,140.22平方メートル)につきましては、現在貸付けを行っているため、今回の売払い又は貸付けの対象外となります。(グラウンド敷地では現在、地元事業者によりメガソーラー発電事業が実施されています。)
用途地域による建築物の用途制限がありますが、一定の条件下で許可できる場合があります。また、用途により、新たな設備等の設置が必要になる場合があります。これら建築基準法や消防法など関係法令に関わることのほか、同校の詳細について関心がある方は、担当課(教育政策課 電話0166-25-9718)まで御連絡ください。

同校について

名称

旧北海道旭川北都商業高等学校(平成23年3月末閉校)募集チラシ概要【A4、両面印刷1枚】

住所

北海道旭川市台場2条1丁目(旭川駅から約8.5キロメートル、車で約20分。旭川空港から約25キロメートル、車で約50分)

土地

校舎敷地 40,792.40平方メートル

  • 旭川市台場2条1丁目253番地2 38,662.96平方メートル
  • 旭川市台場2条1丁目248番地1 2,129.44平方メートル

建物など

校舎 6,721.73平方メートル

  • 新校舎 1,823.65平方メートル (平成2年建築、鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造3階建)
  • 旧校舎 4,884.11平方メートル (昭和41年建築、鉄筋コンクリート造4階建)
  • 焼却炉室 8.60平方メートル (昭和59年建築、鉄筋コンクリート造1階建)
  • 排水槽室 5.37平方メートル (昭和59年建築、鉄筋コンクリート造1階建)

体育館 1,525.59平方メートル

  • 体育館本体 1,131.95平方メートル(昭和55年建築、鉄骨造1階建)
  • 渡り廊下・更衣室等 393.64平方メートル(昭和55年建築、鉄筋コンクリート造2階建)

その他

プロパン室、敷地境界フェンス、自転車置場、テニスコート用地等あり

設備

水道

上水道

下水道

浄化槽

暖房

温風暖房(A重油)

耐震工事

要。ただし、新校舎及び体育館渡り廊下については不要。

取引形態

売払、貸付

価格

売払価格は未定。貸付額は要相談。(事業内容によっては減免措置あり)

光回線

サービス提供エリア

用途地域

第1種低層住居専用地域

利用実績

映画撮影ロケ、資材置き場など

写真

新校舎

新校舎外観
外観
新校舎横
校舎横
実習室1
実習室1
実習室3
実習室3
総合実践室1枚目
総合実践室1枚目
総合実践室2枚目
総合実践室2枚目
プログラミング実習室(会議室)
プログラミング実習室(会議室)
簿記実習室(校長室)
簿記実習室(校長室)
新校舎トイレ
新校舎トイレ
新校舎階段
階段
新校舎廊下
廊下

旧校舎

旧校舎外観
外観
作業室1(普通教室)
作業室1(普通教室)
作業室3(普通教室)
作業室3(普通教室)
職員室
職員室
進路指導室
進路指導室
保健室
保健室
準備室
準備室
購買室
購買室
視聴覚室
視聴覚室
多目的室
多目的室
旧実践室
旧実践室
商品実験化学室
商品実験化学室
食物教室
食物教室
作法室
作法室
生徒玄関1枚目
生徒玄関1枚目
生徒玄関2枚目
生徒玄関2枚目
階段
階段
手洗い場
手洗い場
廊下
廊下
トイレ
トイレ
作業室
作業室

体育館

体育館外観1枚目
外観1枚目
体育館外観2枚目
外観2枚目
体育館内部1枚目
体育館内部1枚目
体育館内部2枚目
体育館内部2枚目
体育館内部3枚目
体育館内部3枚目
器具室A
器具室A
器具室B
器具室B
女子更衣室
女子更衣室
教官シャワー室
教官シャワー室

渡り廊下
渡り廊下

その他敷地

校門
校門
通学路
通学路
テニスコート1枚目
テニスコート1枚目
テニスコート2枚目
テニスコート2枚目
校舎裏1枚目
校舎裏1枚目
校舎裏2枚目
校舎裏2枚目
校舎裏3枚目
校舎裏3枚目
排水槽室
排水槽室

図面等

特記事項

同校跡地は国道12号線沿いに立地しておりアクセスが良好です。

新校舎2階、3階の各教室はオフィスオートメーション(OA)フロアになっており、配線をすっきりと床下に収納できます。

旧校舎裏にテニスコート用地(4面分)があります。ただし、支柱やネットの設置等が必要です。

本市について

交通アクセスが良好

国内大都市圏(東京、名古屋)と空路で直結しており、日帰り出張にも便利です。また、旭川空港から市内中心部までは車で約30分(約16キロメートル)と利便性にも優れています。
旭川空港は豪雪地帯にあって、除雪体制の充実等により国内線の就航率がほぼ100%となっています。
JR特急が札幌まで30分間隔で運行し、新千歳空港まで直結しています。(最短で札幌まで85分、新千歳空港まで125分)
札幌・旭川間を中心に、高速道路や高規格道路、複数の国道などで道内各地と結ばれています。除雪体制が確立されており、冬期間においても1年を通じてスムーズで安定した物流経路が確保され、北海道内物流の拠点となっています。(旭川鷹栖インターチェンジから道内他都市インターチェンジまでの所要時間は、札幌82分、千歳106分、苫小牧東113分、小樽113分などとなっています。)

若くて優れた人材が豊富

北海道、東北で札幌、仙台に次ぐ人口約35万人のまちです。
市内に3大学、1短大、1高専、14高校があり、毎年若くて優秀な人材が輩出されています。

安全安心なまち

旭川医科大学など5つの総合病院があり、人口10万人当たりの医師数は約350人であり、全国でもトップクラスです。(出典:厚生労働省医師・歯科医師・薬剤師調査)
台風の接近回数が年1.8回程度と少ないほか、盆地のため年間を通して風が弱いため、強風による交通障害がほとんどありません。(出典:国立天文台編纂理科年表)
地震など自然災害が少なくリスク分散の候補地として最適の立地条件です。過去30年間で震度1以上の地震は年1.8回程度であり、震度5以上の地震は観測史上ありません。(出典:気象庁ホームページ)
内陸のため、津波、高潮、塩害などの心配もありません。

環境負荷の低減を実現

年平均気温は約7度と涼しく、夏季(7月~8月)でも平均気温が20度前後で、夜は更に気温が下がるため、冷房・冷却に必要なエネルギーの抑制が可能です。
全国屈指の積雪量を誇り、雪氷利活用の先進地です。市内には公設試験研究機関である北海道立総合研究機構北方建築総合研究所等があり、雪氷エネルギー等の研究が行われており、様々な助言等を受けることができます。
二酸化炭素排出規制が強まる中、積雪寒冷地である旭川には、電力消費削減及び二酸化炭素排出量削減について大きなポテンシャルがあります。

本市の支援策

旭川市工業等振興促進条例による各種支援制度があります(課税免除、雇用助成金、操業助成金など)。

その他

日本最北の旭山動物園、旭川家具・クラフト、ラーメン、清酒などが全国区です。
基幹産業は農業で、冷涼な気候を生かし低農薬、新鮮でおいしい食の宝庫となっています。
旭川市内に12か所の変電所があり、安定した電力が供給されています。

お問い合わせ先

旭川市教育委員会 学校教育部教育政策課

〒070-0036 旭川市6条通8丁目 セントラル旭川ビル6階
電話番号: 0166-25-7534
ファクス番号: 0166-24-7011
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)