「65歳以上のあなたのために~いきいき長寿」 経済的支援

情報発信元 長寿社会課

最終更新日 2021年7月19日

ページID 009001

印刷

経済的支援

1 生活保護

2 生活つなぎ資金

3 在日外国人高齢者等福祉給付金

4 特別障害者手当

5 水道料金等減額

6 福祉電話

7 市税と国民健康保険料の納付相談

市民課からのお知らせ

1 生活保護

生活に困ったときは、生活保護を受けることができます。生活保護は、最低限度の生活を保障し、自分の力によって生活していけるようになるまで援助を行う制度で、次の8つの扶助があります。

  • 生活扶助……衣食など日常の生活に必要な費用
  • 住宅扶助……家賃や家屋の補修などに必要な費用
  • 教育扶助……義務教育に必要な学用品、学校給食費などの費用
  • 介護扶助……介護サービスの利用に必要な費用
  • 医療扶助……病気やケガなどの治療に必要な費用
  • 出産扶助……お産に必要な費用
  • 生業扶助……勤めたり、仕事を始めたり、仕事を覚えるために必要な費用
  • 葬祭扶助……葬祭のために必要な費用

以上の扶助を受けるためには、いろいろな条件があります。

(補足)詳しくは、生活支援課 相談支援係へ 電話26-1111(内線5354)

先頭に戻る

2 生活つなぎ資金

旭川市に3か月以上住所を有していて、市民税が非課税又は均等割のみ課税されている世帯主の方が、予定外の出費で生活することが難しくなった場合、次の収入日までの必要最小限の金額(原則として食費相当額)をお貸しする制度です。
なお、貸付には条件がありますので、お問い合わせください。
(補足)詳しくは、生活支援課 相談支援係へ 電話26-1111(内線5369)

先頭に戻る

3 在日外国人高齢者等福祉給付金

旭川市内に居住し、住民登録をしている在日外国人高齢者の方(大正15年4月1日以前に生まれた永住者、特別永住者の方)に月額12,000円、障がい者の方(昭和57年1月1日以前に20歳に達し、身体障害者手帳1・2級又は療育手帳Aの交付を受けている方)に月額25,000円の福祉給付金を支給しています。また、一部の帰化者も対象になります。
ただし、生活保護を受けている方や、一定額以上の所得がある場合は支給されません。
なお、ほかにも支給条件がありますので、お問い合わせください。

(補足)詳しくは、長寿社会課 高齢者支援係へ 電話25-6457

先頭に戻る

4 特別障害者手当

在宅の20歳以上で、重度の重複障がいのため常時特別の介護を必要とする方に、月額27,350円の特別障害者手当を支給します(支給額は改定されることがあります。)。
また、一定額以上の所得がある方は対象にならないなど、支給には条件があります。
(補足)詳しくは、障害福祉課 障害事業係へ 電話25-6476

先頭に戻る

5 水道料金等減額

満70歳以上のひとり暮らしで、水道局と直接契約されている方の水道料金と下水道使用料の基本料金が減額になる制度があります。
なお、家事用以外でご使用の方、集合住宅(アパート・マンション等)にお住まいで、水道料金・下水道使用料を管理人等にお支払いしている方は対象になりません。
(補足)詳しくは、水道局 お客様センターへ(申請前に必ずお問い合わせください。)
上常盤町1丁目 電話24-3163

先頭に戻る

6 福祉電話

70歳以上のひとり暮らしで固定電話及び携帯電話をお持ちでない低所得世帯の方(生活保護を受給していない市・道民税非課税者)に固定電話をお貸しします(お貸しできる回線数には限りがあります)。
設置費用と基本料金は市が負担します。
(補足)詳しくは、長寿社会課 高齢者支援係へ 電話25-6457

先頭に戻る

7 市税と国民健康保険料の納付相談

市税と国民健康保険料は、納期内に納めていただくのが原則ですが、事情があって納期内に納付できない場合は、事前にご相談ください。

  • 相談日は月から金曜日(祝日、年末年始を除く。) 午前8時45分から午後5時15分まで

(補足)詳しくは、納税推進課へ 電話25-5980

先頭に戻る

市民課からのお知らせ

住民票請求などの際に本人確認を実施しています。

住民票や戸籍の証明などを請求するときや、転入・転出・転居・戸籍などの届出をするときの請求者や届出人について、本人確認が法律で定められました。市役所や支所の窓口で手続きをする際には、次のいずれかの有効期限内のものをお持ちくださるようお願いします。

  1. 官公署発行の顔写真付きの身分証明書

マイナンバーカード・運転免許証・パスポート・個人番号カード・住民基本台帳カード(顔写真付き)など

2.上記のものがない場合は、次のいずれか2点をお持ちください。

健康保険証、医療受給者証、介護保険証、年金手帳、年金証書、顔写真付きの社員証・学生証など
3.やむを得ず用意できないときは、本人確認に関する質問をさせていただきます。
なお、代理人による請求や届出の際には、委任状などが必要です。
代理人とは、住民票請求や転入届等の住民異動届は別世帯の方、
戸籍証明請求は本人・配偶者・直系者以外の方

市民課窓口の開設時間を延長しています。

毎週木曜日に、市民課窓口の開設時間を午後7時まで延長していますのでご利用ください。

開設時間

午後5時15分から午後7時まで

取扱業務

  1. 戸籍に関する届出(出生、婚姻、離婚、死亡、転籍、その他)
  2. 住民移動届出(転入・転出・転居・その他)
  3. 印鑑登録に関する届出(登録、廃止、亡失、その他)
  4. 国民健康保険(加入、脱退、葬祭費の請求)
  5. 各種証明の発行(戸籍の照明、住民票の写し、印鑑登録証明書、その他)
  6. 特別永住者証明書の申請・交付
  7. 火(埋)葬許可及び火葬場使用許可書の発行
  8. 旅券(パスポート)の申請・交付
  9. マイナンバーカード(個人番号カード)の申請・交付

(補足)1及び7は、木曜日以外にも宿日直で対応しています。

コンビニエンスストアで土日・祝日や平日時間外にも証明書がとれます。

市内で利用できる店舗

  • セブンーイレブン
  • ローソン
  • セイコーマート
  • イオン北海道
  • サッポロドラックストアー

その他全国のマルチコピー機設置のコンビニ
エンスストア等で利用できます。

利用できる時間

午前6時30分から午後11時まで
(店舗の営業時間内に限る。)
年末年始、土日祝日も利用できます。

利用できない日
  • 機械の保守点検日
取得できる証明書
  • 住民票の写し 
  • 印鑑登録証明書
  • 所得課税証明書
  • 戸籍全部事項証明書(謄本)
  • 戸籍個人事項証明書(抄本)
  • 戸籍附票の写し

ただし、戸籍証明書は旭川市に本籍がある方

なお、利用には、暗証番号(利用者証明用電子証明書)を登録したマイナンバーカードが必要です。マイナンバーカードの取得申請は、随時受け付けています。市の窓口のほか、郵送やパソコン、スマートフォンでも申請できます。
(補足)詳しくは、市民課へ 電話25-6204
(補足)所得課税証明書については、税制課へ 電話25-5604

先頭に戻る

関連記事

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部長寿社会課

〒070-8525 総合庁舎2階
電話番号: 0166-25-9797
ファクス番号: 0166-29-6404
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)