「65歳以上のあなたのために~いきいき長寿」 介護保険制度改正のお知らせ

情報発信元 長寿社会課

最終更新日 2021年7月19日

ページID 073526

印刷

介護保険制度改正のお知らせ

介護保険制度は3年ごとに見直すこととされており、旭川市では、令和3年度(2021年度)から令和5年度(2023年度)までを対象とした第8期旭川市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画を策定しました。

令和3年度からの介護保険制度の改正についてお知らせします。

  1. 介護保険料について(令和3年4月から)
  2. 高額サービス費の支給について(令和3年8月から)
  3. 居住費(滞在費)・食費の負担軽減について

1 介護保険料について(令和3年4月から)

国の制度改正により、第1号被保険者の保険料を決定する際の基準所得金額のうち、第7段階から

第9段階のそれぞれの境目となる金額が変更になりました。

※介護保険料基準月額は、第7期(平成30年度から令和2年度まで)と同額の6,190円です。

介護保険料
段階 対象(平成30年度から令和2年度まで)

対象(令和3年度から令和5年度まで)

第7段階

本人が

市民税課税

合計所得が120万円

以上200万円未満の方

本人が

市民税課税

合計所得が120万円

以上210万円未満の方

(基準額×1.30)
第8段階

合計所得が200万円

以上300万円未満の方

合計所得が210万円

以上320万円未満の方

(基準額×1.50)
第9段階

合計所得が300万円

以上400万円未満の方

合計所得が320万円

以上400万円未満の方

(基準額×1.60)

先頭に戻る

2 高額サービス費の支給について(令和3年8月から)

国の制度改正により、介護サービスの利用者と同一世帯に、課税所得380万円以上の65歳以上の方がいる場合の負担上限額が変わります。

高額サービス費
新設 課税所得年間690万円以上の方 140,100円
課税所得年間380万円以上690万円未満の方 93,000円

先頭に戻る

3 居住費(滞在費)・食費の負担軽減について

国の制度改正により、介護保険施設入所者やショートステイ利用者の居住費(滞在費)・食費の助成制度が変わります。

預貯金要件の見直し

R3.7月まで

見直し後(R3.8月から)

年金収入等80万円以下

(第2段階)

単身1,000万円

夫婦2,000万円

単身 650万円

夫婦 1,650万円

年金収入等80万円超120万円以下

(第3段階(1))

単身 550万円

夫婦 1,550万円

年金収入120万円超

(第3段階(2))

単身 500万円

夫婦 1,500万円

食費の負担限度額の見直し
施設入所者 ショートステイ利用者
R3.7月まで

見直し後

(R3.8月から)

R3.7月まで

見直し後

(R3.8月から)

年金収入等80万円以下

(第2段階)

390円 390円 390円 600円

年金収入等80万円超120万以下

(第3段階(1))

650円 650円 650円 1,000円

年金収入等120万円超

(第3段階(2))

650円 1,360円 650円 1,300円

なお、居住費の負担限度額は、変更ありません。

先頭に戻る

関連記事

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部長寿社会課

〒070-8525 総合庁舎2階
電話番号: 0166-25-9797
ファクス番号: 0166-29-6404
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)