令和2年度旭川市地域包括支援センター運営協議会 第1回会議録

情報発信元 長寿社会課

最終更新日 2020年9月29日

ページID 071700

印刷

日時

令和2年8月31日(月曜日)午後6時30分から午後7時15分まで

場所

旭川市職員会館2階

出席者

委員11名

石川委員、栗田委員、小林委員、佐々木委員、佐藤委員、杉野委員、鈴木委員、中島委員、浜田委員、山口委員、吉澤委員(50音順)

事務局6名

向井福祉保険部保険制度担当部長、登野福祉保険部次長、ほか4名

欠席者

4名(島原委員、野嶋委員、平岡委員、松野委員)

傍聴者

1名

会議資料(PDF形式)

会議内容

1 開会

2 挨拶

議事

(1) 審議事項第1号 副会長の選出ついて

旭川市介護保険に関する規則第9条の13第1項の規定に基づき、互選により副会長に杉野委員を選出した。

(2) 審議事項第2号 令和元年度地域包括支援センター事業報告及び収支決算について

審議事項第2号資料に基づき事務局から説明

(会長)

 ただいまの事務局からの説明に関して、質問等はないか。なければ承認ということでよろしいか。

(各委員)

 異議なし。 

(3) 審議事項第3号 令和2年度地域包括支援センター事業計画及び収支予算について

審議事項第3号資料に基づき事務局から説明

(A委員)

 審議事項第2号の決算資料にも関連するが、豊岡地域包括支援センターは、人件費の割合が70%程度で抑え過ぎているように思う。一方で、法人への繰り入れは10%と余剰金の繰入れ上限となっている。委託料を過剰に支払って、法人に繰り入れられているような状況があるならまずいと思うが、その辺りの考え方について伺いたい。

(事務局)

 人件費は、委託料の7割から8割以上を占めていれば、おおむね適当な配分と考えている。

 地域包括支援センター運営業務の委託期間は3年となっており、契約の時点で3年分の委託料の総額も決まっている。

 豊岡地域包括支援センターについては、収支決算で報告したとおり、契約の1年目に定年退職間近の基本給の高かった職員が退職し、設置法人の給与体系から、後任の職員の基本給との金額に差があり、委託料の10%を超える余剰金が発生したため、これについては契約に基づき返還いただいた。この影響は、契約の3年目の今年の決算にも出てくると思うが、仮に再び余剰金が発生しても、今回と同様に返還していただくことになるので、委託料を過剰に支払うようなことにはならず、事務局としては適当な事務処理が行われており、特に問題はないものと考えている。

(A委員)

 理解した。

(会長)

 ほかに質問等がなければ、ただいまの事務局からの説明に関して、承認ということでよろしいか。

(各委員)

 異議なし。 

(4) 審議事項第4号 令和3年度からの地域包括支援センター運営業務等について

審議事項第4号資料に基づき事務局から説明

(事務局)

 運営業務委託の契約方法に関わる補足だが、随意契約参加確認公募として、契約予定者以外から手挙げがあった場合や、現在の受託法人に継続受託の意向がない場合は、プロポーザル方式により審査を行うこととなるため、毎年行っている地域包括支援センター運営業務総合評価のヒアリングは、時間の確保が難しくなるので実施しないこととしたい。

 このことに関連し、地域包括支援センター運営業務総合評価を行うための資料の一つとして、利用者を対象としたアンケート調査の必要性について、この運営協議会で御意見をいただいているところであるが、その取扱いについて、詰めたい部分があり、また、今年度中にアンケートを実施したとしても、今後の状況によっては、プロポーザル方式の審査を実施することになった場合、結果を総合評価に生かせない場合もあるので、今年度はアンケートを実施しないこととし、来年度以降の実施に向けて、各地域包括支援センターと協議や検討を続けていきたいと考えているので、御了承いただきたい。

(B委員)

 実施報告書や事業計画書も毎年分厚くなっており、それだけ総合評価を反映し、新規事業や社会資源の開発に取り組んでおり、包括の業務内容も複雑化し、業務過多ですごく忙しいとの印象がある。旭川市は、三職種に加え精神保健福祉士を設置していることは非常に素晴らしいし、事務局の人員配置案は条例に基づいており、適正である。ただし、包括間で職員の経験年数も均質ではないし、業務量や業務実態を人員配置に反映させるような検討がされてもよい気がしたので、意見として述べておく。

(会長)

 地域包括支援センターの利用者を対象としたアンケート調査の中で、人員についての項目を設けてもよい。もし、その中で、人員を増やしてほしいという要望があれば、検討する必要もあると思う。今回は現行どおりということでよいが、これからのことや、また業務が増えることを考えると、人員のことは今後考えなければならないことの一つと思う。

 ほかに質問等がなければ、ただいまの事務局からの説明に関して、承認ということでよろしいか。

(各委員)

 異議なし。 

(5) 審議事項第5号 第1号介護予防支援事業及び指定介護予防支援の一部の居宅介護支援事業所への委託について

審議事項第5号資料及び当日配付資料「第1号介護予防支援事業及び指定介護予防支援の一部委託(内訳)」に基づき事務局から説明

(会長)

 質問等がなければ、審議事項第5号について、承認ということでよろしいか。

(各委員)

 異議なし。

4 閉会

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部長寿社会課地域支援係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎2階
電話番号: 0166-25-5273
ファクス番号: 0166-29-6404
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)