9月26日以降に新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

情報発信元 新型コロナウイルス感染症対策担当

最終更新日 2022年9月26日

ページID 076146

印刷

9月26日以降に新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

9月26日から、オミクロン株の特性を踏まえて、高齢者等重症化リスクの高い方を守るため、全国一律で感染症法に基づく医師の届出(発生届)の対象を65歳以上の方、入院を要する方など4類型に限定することとなりました。これに伴い、「届出対象の方」と「届出対象外の方」では療養までの取り扱いが異なりますので、ご注意ください。
医療機関で配布中のリーフレットはこちらをご覧ください。

届出対象の方(医師からの発生届が出される方)

次の(1)~(4)に該当する方は、医師から保健所への届出対象となっています。

 (1)65歳以上の方

 (2)入院を要する方(診断時点で直ちに入院が必要でない場合であっても、基礎疾患等により、入院の必要が生じる可能性があると医師が判断した場合も含まれる。)

 (3)重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬や酸素投与が必要な方

 (4)妊婦の方

届出対象の方につきましては

  • 医療機関からの届出受理後、順次保健所から電話連絡を行います。
  • 自宅療養セット、宿泊療養希望の有無もその際にお伺いします。

 宿泊療養施設に空きがない場合など、ご希望に添えないこともありますのでご了承ください。

届出対象外の方(医師から発生届が出されない方)

上記の(1)~(4)に該当しない方は、医師から保健所への届出対象外です。
  •  ご自宅での療養を基本とし、ご自身で健康観察をお願いしております。
  • 保健所からの連絡はありませんので、以下の療養期間や療養上の注意点などを必ずご確認ください。

療養期間について

療養期間
  • 有症状者は発症日翌日から7日間経過、かつ、症状軽快後24時間経過した場合は8日目に療養解除となります。期間中は自宅待機をお願いします。症状が軽快しない場合は、7日間より長くなる場合があります。
  • 無症状者は検査日の翌日から7日間療養してください。ただし、5日目の抗原検査キット(※1)による検査で陰性であれば6日目に療養解除することができます。
 ※1・・・検査キットは「体外診断用医薬品」と記載があるものに限ります。「研究用」は不可です。
  • 療養が解除になっても、有症状者は10日間、無症状者は7日間が経過するまでは感染リスクがあります。ご自身による健康状態の確認や高齢者等のハイリスク者との接触、不特定多数の者が集まる飲食等を避けるなど、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

療養中の過ごし方

  • 外出は自粛してください。
  • ただし、症状が軽快してから24時間が経過した場合は、生活必需品の買い出しなど必要最低限の外出は可能ですが、自主的な感染予防対策を徹底してください。

療養中の健康相談

症状が悪化した時は、次の連絡先にご相談ください。
 午前9時00分~午後8時00分 0166-21-3720(陽性者サポート窓口)
 午後8時00分~午前9時00分 0166-25-1201(新型コロナウイルス感染症健康相談窓口)

自宅療養セットのお申し込み・宿泊療養受付

申請用コード
(届出対象外の方専用QRコード)
食料や生活必需品が確保できずお困りの場合や、宿泊施設での療養を希望される場合は、WEBでお申し込みができます。右のQRコード又はこちらから申請フォームに進んでお申し込みください。
 
 
 
 
 
 
  • 宿泊療養施設に空きが無い場合など、ご希望に添えないこともありますのでご了承ください。
  • 申し込み時には「診療明細書及び領収書」が必要ですので、大切に保管してください。
  • WEB申し込みが難しい場合は、陽性者サポート窓口までお電話ください。

 陽性者サポート窓口 午前9時00分~午後5時00分

 0166-21-3721(食料品・宿泊療養等専用)

 0166-21-3722(その他のお問い合わせ専用)

同居のご家族について  

  • 同居のご家族は「濃厚接触者」に該当しますので、不要不急の外出自粛(陽性者との最終接触から5日間)をお願いします。また、最終接触から7日間はご自身で健康観察をお願いします。
  • 既に症状がある方や待機期間中に症状が出た方は、かかりつけ医にご相談の上、受診してください。かかりつけ医が無いなどで受診先にに困る場合は、次の連絡先にご相談ください。

新型コロナウイルス感染症健康相談窓口

0166-25-1201(土日祝含む24時間対応)