発熱等の症状がある場合の受診について(3月まで)

情報発信元 新型コロナウイルス感染症対策担当

最終更新日 2020年12月1日

ページID 071923

印刷

発熱等の症状がある場合の受診について(3月まで)

今年の冬は、発熱等の原因が新型コロナウイルス感染症によるもか、季節性インフルエンザ等によるものかの判断が難しくなっています。スムーズな受診のため、発熱等の症状がある場合は、必ず事前に「かかりつけ医」か新型コロナウイルス感染症健康相談窓口」に電話をしてから受診してください。

受診までの流れ

  • かかりつけ医とは定期受診や予防接種、風邪などで受診する身近な病院のことです。
  • かかりつけ医が複数ある場合は、重症者を受け入れる2次医療機関(市立旭川病院、旭川医科大学病院、旭川赤十字病院、旭川医療センター、旭川厚生病院)以外の受診にご協力ください。

発熱等の症状がある場合の診療時間

 発熱等症状がある場合の診療時間(PDF形式 46キロバイト)

  • 当番医は、混雑が予想されます。平日・土曜日(午前)の診療時間での受診にご協力ください。
  • 新型コロナウイルスの検査(行政検査=無料)は、医師が必要と判断した場合にのみ実施します。なお、小児科の当番医では実施していません。
  • 受診前に各病院で受付・診療時間を確認してください(診療時間の斜線部分は診察が終了している場合あり)

病院の待合室でも一人ひとりが感染防止対策を

  • 必ずマスクを着用し、口や鼻を確実に覆いましょう
  • 不特定多数の方が多く触れる場所に触ったら、目や鼻・口に触れず、早めに手洗い・消毒をしましょう。
  • 待合室では間隔を空けて座りましょう。