新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免制度について

情報発信元 国民健康保険課

最終更新日 2021年5月16日

ページID 070468

印刷

新型コロナウイルス感染症の影響により、後期高齢者医療保険料の納付が困難な方に、減免制度を御案内します。

次の点を御確認の上、申請してください。

1 対象となる世帯(次のいずれかの条件を満たす世帯)

(1)新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者(以下「世帯主」といいます。)が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯主の事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入(以下「事業収入等」といいます。)いずれかの減少が見込まれ、次の全てに該当する世帯

  ア 世帯主の事業収入等が前年に比べて10分の3以上減少(※)することが見込まれる世帯。

   ※保険金、損害賠償等により補填されるべき金額は控除する

イ 世帯主の前年の合計所得が1,000万円以下の世帯であること。

ウ 減少が見込まれる世帯主の事業収入等以外の前年の合計所得が400万円以下であること。

 2 対象の保険料

令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に納期限が設定されている保険料

※令和3年度の後期高齢者医療保険料は、7月中旬に発送予定の納入通知書でお知らせします。

3 減免額

(1)世帯主が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯 ・・・ 保険料全額

(2)世帯主の事業収入等の減少が見込まれる世帯 

減免額の計算式

【 対象保険料(A×B/C) × 減免又は免除の割合(D) = 保険料減免額 】

対象保険料(A×B/C)

×

 前年の合計所得金額 

減額又は免除の割合(D)

A:世帯全体の保険料

B:世帯主の減少見込収入に係る前年所得額

C:世帯主及び被保険者全員の前年合計所得額 

300万円以下

10分の10
400万円以下 10分の8
550万円以下 10分の6
750万円以下 10分の4
1000万円以上

10分の2

4 申請方法

新型コロナウイルス感染防止のため、原則郵送での申請をお願いいたします。

申請書を印刷し、必要事項を御記入の上、以下の申請に必要なものとあわせて郵送してください。

印刷環境がない方は申請書を郵送しますので、お問い合わせ先まで御連絡ください。

申請に必要なもの

【令和3年度分】

  • 令和3年度後期高齢者医療保険料減免申請書(新型コロナウイルス感染症の影響による減免)
  • 令和3年度保険料減免に伴う事業収入等申告書

【令和2年度相当分】

  • 令和3年度(令和2年度相当分)後期高齢者医療保険料減免申請書(新型コロナウイルス感染症の影響による減免)
  • 令和3年度(令和2年度相当分)保険料減免に伴う事業収入等申告書

上記申請書等に記載している添付書類

 ※旭川市国民健康保険又は旭川市介護保険の減免制度も申請する場合、添付書類は1通で構いません。

申請書と記入例は、関連ファイル(本Webページ巻末)からダウンロードができます。

宛先(郵送先)

〒070-8525 国民健康保険課後期高齢者医療係減免担当(郵便番号と担当のみで届きます。)

関連ファイル

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部国民健康保険課後期高齢者医療係

〒070-8525 北海道旭川市6条通9丁目 総合庁舎1階 2番窓口
電話番号: 0166-25-8536
ファクス番号: 0166-27-7801
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)