胸部外科手術統計2008年度

最終更新日 2016年2月24日

ページID 002051

印刷

胸部外科(心臓血管外科)

2008年度胸部外科手術統計

平成20年市立旭川病院胸部外科手術症例

  • 全身麻酔手術件数 286例
  • 腰椎麻酔・硬膜外麻酔手術件数 9例
  • 局麻手術件数 73例

合計 368例

1) 心大血管疾患 174 例 (ペースメーカー植込み、交換を除く)

  1. 体外循環使用症例
  • 先天性心疾患 8例
  • 後天性心疾患 94例
  • 胸部大動脈疾患 25例

合計 127例

  1. 体外循環非使用症例
  • 先天性心疾患 0例
  • 後天性心疾患 45例
  • 胸部大動脈瘤 2例

合計 127例

OPCAB46例、収縮性心膜炎2例
頚動脈手術を併施したOPCAB2例は「末梢血管疾患」に、弓部大動脈と同時にOPCABを行った1例は「胸部大動脈」に分類。胸部大動脈瘤2例はいずれもステントグラフト。

  1. ペースメーカー関連 74例ICD含む。内科症例含む。

末梢血管疾患 118 例

  1. 腹部以下の動脈疾患 83例 頚動脈内膜切除2例(OPCAB併施)を含む
  2. 静脈疾患 35例

胸部肺疾患 1 例

その他 36 例

詳しくは、PDFファイルをご覧ください。

2008年度胸部外科手術統計(PDF形式:4,171KB)