泌尿器科

最終更新日 2019年4月1日

ページID 002044

印刷

当科は、常勤医3人体制で、地域の基幹病院として泌尿器科疾患ほぼ全般に対応するとともに、透析医療の管理を行っている診療科です。

腹腔鏡手術についても同地区の先駆的役割を担い、平成26(2014)年度からロボット支援下腹腔鏡手術を導入しています。

診療科の特徴

治療について

がん

  • 腎臓、副腎、腎盂、尿管、膀胱、前立腺、精巣、後腹膜にいたるまで全ての泌尿器がんを取り扱っており、治療としては腹腔鏡、内視鏡を含めた手術全般と、放射線、抗がん剤による治療を総合的に行っております。特に腹腔鏡手術の普及に努めており(後述)、平成26(2014)年度からロボット支援下腹腔鏡手術(ダヴィンチ手術)を開始しました。
  • 前立腺癌については手術とホルモン療法以外に放射線科との協力のもと、放射線治療(外照射)も行っております。
  • 膀胱癌における全摘術では、術後の「生活の質」を重視した腸管を利用した自排尿可能な新膀胱造設術も実績を上げています。

排尿の異常

  • 前立腺肥大や神経因性膀胱など、尿が出づらい、尿が近いといった症状の病気に対し、内服治療、内視鏡手術(約7日から10日間の入院)などを行っております。
  • 尿失禁については運動療法、薬物療法、手術療法などをご選択いただいております。

尿路結石

  • 体外衝撃波結石破砕装置での治療にて、ほとんどの方が外来通院で治療できます。結石の状態によっては内視鏡手術による治療(4日から1週間ほどの入院)も行います。

低侵襲手術

副腎や腎の手術の多くでは、腹腔鏡手術を行っています。開腹手術と比べて、手術の傷が小さく、術後の回復も早い、など患者さんの身体の負担が少ない術式です(低侵襲手術)。全例が適応になるわけではありませんが、腹腔鏡関連学会の腹腔鏡手術技術認定医の担当のもと、適応症例の増加を目指しています。

特に、

  1. 小さな腎癌に対する腎温存を目指した腎部分切除術
  2. 前立腺癌に対する前立腺全摘除術
    の腹腔鏡手術は難易度が高く、行っている施設は限られておりますが、これらについても積極的に取り組んでいます。

マスコミ等でも注目されている「ダヴィンチ手術(正確には“ロボット支援下腹腔鏡手術”)」は、腹腔鏡手術をダヴィンチという手術支援ロボットを用いて行います。

当科では、上記の腹腔鏡手術における技術や経験の下に、昨年度このダヴィンチ手術を導入しました。

現在は、前立腺全摘除術のみが保険適応ですが、先進技術であるダヴィンチを用いて、より低侵襲で安全な手術を目指していきます。

腎不全

  • 血液透析、腹膜透析といった、末期腎不全の治療を手がけています。

外来

  • 月曜から金曜までの毎日午前中を中心に行っております。
  • 特殊外来として、水曜日午後に腫瘍外来があります。
外来曜日別担当医
午前、午後 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前

(交代)

(交代)

日下部
望月
(交代)
(交代)
日下部
望月
午後 (手術)

日下部

(予約のみ)

(腫瘍外来)
望月
星(予約のみ)

(検査)

(手術)

(検査)

(補足)午後は緊急以外、一般の外来は行っておりません。

手術件数 2014年4月更新(単位 件)
手術内容 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度
腎癌根治手術 11 16 22 17 17
腎盂・尿管癌根治手術 6 4 5 12 7
膀胱癌手術(根治的膀胱全摘) 4 3 8 6 12
膀胱癌手術(経尿道的膀胱腫瘍切除) 61 74 76 81 94
前立腺癌・全摘術 11 22 17 21 12
前立腺肥大症手術(経尿道的前立腺切除) 35 34 34 33 25
前立腺肥大症手術(恥骨後式前立腺摘出 開腹) 0 0 0 3 2
副腎腫瘍摘出術(鏡視下) 3 3 4 1 5
透析用シャント手術 27 14 12 21 27
腎移植手術 8 6 7 4 4
(腹腔鏡・後腹膜鏡手術) 21 18 29 26 36

一般社団法人National Clinical Database(NCD)の手術・治療情報データベース事業への参加についてのお知らせ(PDF形式 113キロバイト)

研修について

当院泌尿器科では、常時二人以上の指導医がおり、日本泌尿器科学会基幹教育認定施設として、いつでも研修可能です。
1年目から2年目での泌尿器科全般における検査と内視鏡等の治療と、小手術の執刀と大手術の介助を、3年目以降で大手術の執刀と管理につき研修していただきます。
血液透析と腹膜透析については1年目より管理方法やトラブルの対応等を研修していただけます。

外来診療体制はこちら

スタッフ紹介
役職 医師名 所属学会等
診療部長
望月端吾医師の写真
望月端吾
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会、腹腔鏡手術技術認定医
日本内視鏡外科学会
医長

日下部 直久

医員

星 達也