外科・消化器外科・呼吸器外科・乳腺外科

最終更新日 2019年6月19日

ページID 002032

印刷

診療科の特徴

当科は、乳腺疾患、消化器疾患(食道、胃十二指腸、大腸肛門、肝胆膵疾患、ヘルニアなど)、呼吸器疾患、体表疾患などを診療しております。

また、乳癌手術においては乳房温存手術など、出来るだけ患者様のご希望に添う手術を提供させていただいております。
鏡視下手術では、傷が小さいだけでなく、カメラによる拡大視効果で正確な手術を行い、合併症、出血の少ない手術を心がけております。
合併症を発症しない場合の標準的な術後の入院期間は、胃癌、大腸癌、直腸癌では約7-10日間。虫垂炎(いわゆる盲腸)、胆石では3日間、鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)では翌日より退院が可能で、早期の社会復帰も可能となります。
肺切除術では、開胸での傷は少なからず痛みを伴いますが、胸腔鏡下手術では大きな開胸を伴わない為、痛みが開胸に比べて少なく、痛みで痰が出せないことによる肺炎などの合併症も軽減されます。
外来では毎朝カンファレンスを開き、疾病の見逃しがないかエックス線写真、CT、MRI等を外科スタッフ全員でチェックしております。
個々の患者様の治療方針については外科スタッフだけでなく、消化器疾患は消化器内科、呼吸器疾患は呼吸器内科と緊密に連携し、最適、最善の治療を提供できるよう、カンファレンス等を通して検討しております。
地域連携パスを導入して、患者様のかかりつけの先生との病診連携推進しています。
 

特殊外来

月曜日、木曜日、金曜日の午前8時30分から午前11時30分まで(受付時間)乳腺外来を行っております。

乳腺外来は笹村で担当しております。

マンモグラフィーや超音波(エコー)検査の他MRIによる非侵襲的検査で早期乳癌の発見に努め、乳癌に対する手術を含めた集学的治療を行っております。

最近は、MRIによる非侵襲的検査で早期乳癌の発見に努めております。

悪性腫瘍
手術・検査等の種類 平成25年
2013年
平成26年
2014年

平成27年

2015年

平成28年

2016年

平成29年

2017年

平成30年

2018年

乳癌(うち温存) 45(22) 38
(11)

55

(26)

48(18) 43(16) 51(8)
食道癌(うち胸腔鏡/腹腔鏡) 4(4) 1(1) 3(3) 2(2) 1(1) 4(4)
胃癌(うち切除/うち腹腔鏡下) 50
(48/20)
52
(47/20)

62

(57/33)

46(42/34) 52(44/51) 52(44/51)
結腸癌(うち切除/うち腹腔鏡下) 75
(73/49)
71
(68/51)

82

(78/49)

82(79/66) 83(80/73) 87(79/78)
直腸癌(うち切除/うち腹腔鏡下) 34
(30/14)
32
(28/23)

44

(43/37)

51(49/37) 40(37/38) 45(35/37)
肝癌(うち腹腔鏡下) 10
(10/5)
12
(11/2)

16

(16/1)

10(10/4) 8(2) 6(1)
胆道癌(うち腹腔鏡下) 4(4) 1(1) 2(2) 1(0) 1(0) 1(0)
膵癌(うち腹腔鏡下) 9(9) 2(2) 1(1) 2(0) 1(0) 2(1)
肺癌(うち腹腔鏡下) 42
(41/34)
31
(28/30)

36

(36/32)

47(47/41) 33(27) 41(37)
その他 2(2) 2(2) 6(6) 11(5) 32 18
275 242 307 300 294 307
良性疾患
手術・検査等の種類 平成25年
2013年
平成26年
2014年

平成27年

2015年

平成28年

2016年

平成29年

2017年

平成30年

2018年

腸閉塞(うち腹腔鏡下) 22(3) 28(9) 38(17) 35(16) 32(20) 45(26)
その他の消化器疾患(うち腹腔鏡下) 63(15) 51(18) 55(17) 45(12) 45(12) 72(39)
胆嚢疾患(うち腹腔鏡下) 87(80) 66(61) 40(35) 71(64) 47(47) 43(43)
虫垂炎(うち腹腔鏡下) 46(28) 54(42) 38(31) 42(38) 30(30) 45(43)
成人鼡径ヘルニア(うち腹腔鏡下) 88(46) 73(39) 68(50) 80(72) 97(92) 82(80)
小児鼡径ヘルニア 9 7(6) 7(6) 7(7) 2(2) 2(2)
肺・縦隔疾患(うち胸腔鏡下) 24(14) 15(12) 16(16) 12(12) 15(12) 14(11)
肛門疾患 7 3 4 8 4 1
脾摘出適応疾患(うち腹腔鏡下) 3(3) 1(1) 1(1) 3(3) 1(1) 2(2)
349 298 267 303 283 297(246)
腹腔鏡下手術 277 293 285 376 386 416
胸腔鏡下手術 54 42 52 54 42 55
331 335 337 430 428 481
全身麻酔手術 607 566 574 607 567 604
腰椎麻酔手術 24 21 18 8 2 2
局所麻酔手術 19 14 14 22 19 18
650 601 606 637 588 624

外来診療体制はこちら

スタッフ紹介
役職 医師名 所属学会等
院 長 子野日政昭

日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医

緩和ケア講習会修了者

医学博士

副院長

笹村裕二

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
日本乳癌学会認定医
日本呼吸器外科学会

検診マンモグラフィー読影認定医師

緩和ケア講習会修了者

医学博士

診療部長 武山聡

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医

緩和ケア講習会修了者

医学博士

診療部長

村上慶洋

murakami

日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医
北海道ヘルニアを学ぶ会世話人

緩和ケア講習会修了者

医学博士

医長 阿部紘丈

外科専門医
検診マンモグラフィー読影認定医師

緩和ケア講習会修了者

医学博士

医長

本谷康二

本谷康二医師

外科専門医
検診マンモグラフィー読影認定医師

緩和ケア講習会修了者

医学博士

医長

山田徹

yamada

外科専門医

緩和ケア講習会修了者
検診マンモグラフィー読影認定医師
医員

岡崎遼

okazaki

肺癌登録合同委員会第7次事業:2010年肺癌手術症例の全国登録調査研究について