デザイン創造都市旭川シンポジウム

情報発信元 産業振興課

最終更新日 2022年5月17日

ページID 075335

印刷

概要

デザインに触れ、学び、楽しむイベント「あさひかわデザインウィーク2022」のオープニングとして、「-デザイン・森・デジタル- 持続化可能な地域の未来」をテーマにシンポジウムを開催します。多くの皆様のお越しをお待ちしております。

(参考)デザイン都市・あさひかわのページ(新しいウインドウが開きます)

日時

2022年6月18日(土曜日) 12時40分から17時10分を予定 (開場12時10分)

場所

旭川大雪クリスタルホール 音楽堂(旭川市神楽3条7丁目) 

リアル・オンライン併用で開催いたします。

*オンラインで申し込みされた方には、配信アドレスをメールいたします。

参加費

無料

プログラム

基調講演 12:50~14:10

グラフィックデザイナーの佐藤 卓氏を講師にお招きし、デザインの力で地域を盛り上げてきたローカルの取組や、持続可能なまちづくりにおけるデザインの役割についてお話しいただきます。

講師

佐藤 卓さん
佐藤 卓 氏

佐藤 卓氏 ( グラフィックデザイナー)

1979年東京藝術大学デザイン科卒業、81年同大学院修了。株式会社電通を経て、84年佐藤卓デザイン事務所(現TSDO)設立。公益社団法人日本グラフィックデザイン協会会長。「ニッカ ピュアモルト」の商品開発から始まり、「ロッテ キシリトールガム」「明治おいしい牛乳」のパッケージデザイン、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」のグラフィックデザイン、「金沢21世紀美術館」「国立科学博物館」のシンボルマークなどを手掛けるほか、商品や施設のブランディング、企業のCIを中心に活。また、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」アートディレクター、「デザインあ」総合指導、21_21DESIGN SIGHT館長を務め、展覧会も多数企画・開催。著書に『塑する思考』(新潮社)など。

パネルディスカッション(1)  14:20~16:00

基調講演を受けて、デザイン、森、デジタルをキーワードに、デザインによる持続化可能な地域の未来について、パネルディスカッションを行います。

パネラー

林 千晶 氏(株式会社ロフトワーク 共同創業者)
林千晶さん
林 千晶 氏

早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間200件を超える。グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材の新たな可能性を探求する「MTRL」、オンライン公募・審査でクリエイターとの共創を促進する「AWRD」などのコミュニティやプラットフォームを運営。グッドデザイン賞審査委員、経済産業省 産業構造審議会製造産業分科会委員「産業競争力とデザインを考える研究会」、森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す「株式会社飛騨の森でクマは踊る」取締役会長も務める。「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」(日経WOMAN)を受賞。

深野 弘行 氏(公益財団法人 日本デザイン振興会理事長)
深野弘行さん
深野 弘行 氏

東京生まれ、慶応義塾大学卒業後1979年通産省入省。2006~8年北海道経済産業局長として地域資源を活かすスタートアップ、再生可能エネルギー分野、産学官連携などに取り組む。その後、近畿経済産業局長、特許庁長官などを歴任。伊藤忠商事株式会社の関西担当として2021~22年関西経済同友会代表幹事を務める。2021年6月より公益財団法人日本デザイン振興会理事長。鉄道とスキーが趣味。母は美唄市生まれ。

石川 俊祐 氏(KESIKI INC. Partner, Design / Innovation)
石川俊祐さん
石川 俊祐 氏

日本を代表する「デザイン思考」実践者。企業のブランディング、組織デザイン、教育プログラムの開発から新規事業創出まで、数々のイノベーションプロジェクトを主導する。

茨城県生まれ。ロンドン芸術大学Central St. Martins卒業後、Panasonic Design Companyでプロダクトデザイナーとしてキャリアをスタート。英PDD Innovations UKのCreative Leadを経て、IDEO Tokyoの立ち上げに従事。2018年よりBCG Digital VenturesにてHead of Design /Strategic Design Directorとして大企業社内ベンチャー立ち上げに注力したのち、2019年、九法崇雄、内倉潤とともにKESIKI設立。現在、多摩美術大学クリエイティブリーダーシッププログラム特任准教授・プログラムディレクター、CCC、NTT com、aperza、XZなど大企業からスタートアップなど複数社のアドバイザーに従事、 D&ADやGOODDESIGN AWARD、山形エクセレンスデザイン、いばらきデザインセレクションの審査委員を兼任するほか、数々のセミナー、カンファレンスにてキーノートや講師を務めた実績を持つ。Forbes JAPAN世界で影響力のあるデザイナー39名に選出。著書に『HELLO,DESIGN日本人とデザイン』。

山田 明宏 氏(資生堂クリエイティブ株式会社 エクスペリエンスデザイングループ クリエイティブディレクター)
山田明宏さん
山田 明宏 氏

2000年/株式会社資生堂 コスメティック価値創造センター パッケージ&スペースデザイン室 入社

2010年/資生堂(中国)投資有限公司 設計部 赴任設計部部長 Creative Director

2020年/株式会社資生堂 クリエイティブ本部へ帰任クリエイティブディレクター 兼 デザインエクセレンスユニット デザインディレクター

2022年/資生堂クリエイティブ株式会社 エクスペリエンスデザイングループ クリエイティブディレクター

受賞歴/DSA DESIGN AWARD GOLD、DDA DESIGNAWARD BRONZE 、NDF 経済産業省商務情報政策局長賞、JCD TOP100 ほか

モデレーター

田中 里沙 氏(学校法人先端教育機構「事業構想大学院大学」学長)
田中里沙さん
田中 里沙 氏

宣伝会議 取締役メディア・情報統括

広報・広告・マーケティングの専門誌「宣伝会議」編集長、取締役編集室長を経て、2016年より地方創生と新規事業の研究と人材育成を行う、学校法人先端教育機構「事業構想大学院大学」学長。企業や自治体、他大学との連携による共創、イノベーション、地域デザインのプロジェクト等を企画し、推進する。地方制度調査会、財政制度等審議会、中央環境審議会、社会資本整備審議会、「クールビズ」ネーミング、東京2020エンブレム委員、大阪・関西万博キャラクター審査員等の公職を歴任。

パネルディスカッション(2) 16:10~17:10

デザインによる持続化可能な地域の未来について、地域で活躍しているデザイン・ものづくり関係者によるパネルディスカッションを行います。

パネラー

東神楽大学学長 脇坂 真吏 氏

脇坂さん

脇坂さんのtwitterページ(新しいウインドウが開きます)

当麻町地域おこし協力隊 鈴木 真帆 氏

鈴木さん

活動内容:作家(絵・音楽)

緑川木材(株) 緑川 新之介 氏

緑川さん

緑川さんのインスタグラム(新しいウインドウが開きます)

デザインスタジオ・オザキ 早苗 智佳 氏

早苗さん

早苗さんのインスタグラム(新しいウインドウが開きます)

モデレーター

デザイン事務所 kochia 荒木 孝文 氏

荒木さん

デザイン事務所kochiaのホームページ(新しいウインドウが開きます)

お申込み<6月16日(木曜日)締切>

下記URLからお申し込みください。

 

https://logoform.jp/form/iLZf/87094

※ご入力いただいた個人情報は、本シンポジウムの申込確認用に使用し、断りなく第三者に提供することはありません。

関連ファイル

関連記事

お問い合わせ先

旭川市経済部産業振興課

〒078-8801 旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号リサーチセンター2階
電話番号: 0166-65-7047
ファクス番号: 0166-65-7048
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)