令和元年度議会運営委員会の記録

最終更新日 2019年11月7日

ページID 066367

印刷

議会運営委員会の主な動きをお知らせしています。

令和元年度

4月
月日 協議内容等
4月5日(金曜日)

1 平成31年第1回臨時会の運営について

(1)市長からの発言申し出について

(2)市長提出議案のうち配付済みのもの

(3)追加提出予定のもの

(4)会期と日程について

2 その他

(1)改元後の議会の呼称について

4月10日(水曜日)

1 平成31年第1回臨時会の運営について

(1)市長提出議案について

(2)市長追加提出議案について

(3)本会議(明日)の日程について

5
会議の概要

○ 日時 令和元年5月16日(木曜日) 本会議散会後
○ 場所 第2委員会室
○ 出席者
(委員)木下雅之委員長、高木ひろたか副委員長、金谷美奈子、塩尻英明、髙橋紀博、中野ひろゆき、菅原範明、まじま隆英、石川厚子、品田ときえ、高花えいこ、松田たくや各委員
(議員)佐藤さだお、横山啓一両委員外議員
安田佳正議長、白鳥秀樹副議長
(説明員)佐藤総合政策部長、野﨑総務部長、高橋総務部次長
(事務局)林議会事務局長、冨田議会総務課長、紺野議会総務課主幹、平尾議事調査課長、原口議事調査課長補佐、髙嶋議事調査課長補佐、佐藤議事調査課長補佐、梶山議事調査課長補佐、小川議会総務課主査、小川議事調査課主査、鈴木議会総務課書記、浅沼議事調査課書記、宮﨑議事調査課書記、小松議事調査課書記
○ 概要 次のとおり

(開会 午後1時19分~散会 午後5時20分) ※休憩 2回 3時間49分

※ 開会に先立ち、正副委員長を代表して木下委員長から就任の挨拶があった後、理事者の紹介があった。

1 会派名の略称について
各会派に確認したところ、
民主・市民連合~民主連合
自民党・市民会議~自民会議
公明党~公明
日本共産党~共産
無党派G~無党派G
との意向が示された。
2 代表者会議の設置について
申合せのとおり設置することから、代表者の氏名を後ほど事務局まで届け出ることとした。
3 無所属議員の扱いについて
委員長から「議会運営員会では、従来は必要の都度、無所属議員に委員外議員として出席を求め、委員長が発言を求めた場合以外に委員外議員から発言の申出があったときは、委員会でその許否を決めることを原則とし、場合によっては委員長判断により発言を認めていたところである。また、議会運営委員会代表者会議では、配付資料「議会運営委員会代表者会議における無所属議員の扱いについて」のとおり、必要の都度、オブザーバーとして出席を求めていること及びその基準等について申合せをしている。」との発言があり、今後も従来どおり、必要の都度、議会運営委員会及び同代表者会議に出席を求めることとした。
4 広聴広報委員会の定数について
委員長から「広聴広報委員会委員の定数を定める基準については、配付資料「広聴広報委員会の運営に当たっての申合せ事項」の1(1)のとおり、「会派の数に3を加えた数」とすることを申合せしている。現在、委員の定数は、広聴広報委員会規程第3条第1項の規定において、9人と定められているが、改選後の新しい会派等の構成を申合せに適用すると、定数を定める基準は8人となる。これに合わせて定数を9人から8人に改めることでよいか。」との発言があり、各会派及び無所属了承し、広聴広報委員会規程を改正することとし、改正手続は本日中に議長が行うこととした。
また、後ほど協議する広聴広報委員会委員の選任については、改正後の同規程の定数にのっとって同委員を選任することとした。
※ 協議事項5から10までの常任委員会委員の選任について、広聴広報委員会委員の選任について、議会選出監査委員の選任について、上川教育研修センター組合議会議員の選出について、旭川市議会議員会役員の選出について、執行機関の長が任命する委員の選出については、議会運営委員会代表者会議で協議することとし、同代表者会議を午後1時45分から開催することとして、本委員会を一旦休憩。
再開後、以下の事項を協議した。
5 常任委員会委員の選任について
議会運営委員会代表者会議で協議の結果、配付資料のとおり、5月17日の本会議で議長の指名により委員を選任することとした。また、常任委員会正副委員長については、本会議において議長の指名推選により選任することとした。なお、旭川市議会委員会条例第6条第2項ただし書の規定により、議長は一旦、常任委員に選任後、議会の同意を得て委員辞任の扱いとすることとした。
6 広聴広報委員会委員の選任について
議会運営委員会代表者会議で協議の結果、配付資料のとおり、議長の指名により委員を選任することとした。また、委員長については、年長委員の指名推選、副委員長については、委員長の指名推選とすることとした。
8 上川教育研修センター組合議会議員の選出について
議会運営委員会代表者会議で協議の結果、上野議員、髙橋議員、もんま議員の3人を選出することとした。
9 旭川市議会議員会役員の選出について
議会運営委員会代表者会議で協議の結果、従来どおり各派会長会議で協議することとした。
10 執行機関の長が任命する委員の選出について
議会運営委員会代表者会議で協議の結果、配付資料のとおり選出することとした。
○ 次回の議会運営委員会を5月17日(金曜日)午前10時に口頭招集した。

全文記録・議会運営委員会5月16日(PDF形式 82キロバイト)

○ 日時 令和元年5月17日(金曜日) 午前10時
○ 場所 第2委員会室
○ 出席者
(委員)木下雅之委員長、高木ひろたか副委員長、金谷美奈子、塩尻英明、髙橋紀博、中野ひろゆき、菅原範明、まじま隆英、石川厚子、品田ときえ、高花えいこ、松田たくや各委員
(議員)佐藤さだお、横山啓一両委員外議員
安田佳正議長、白鳥秀樹副議長
(説明員)佐藤総合政策部長、野﨑総務部長、高橋総務部次長
(事務局)林議会事務局長、冨田議会総務課長、紺野議会総務課主幹、平尾議事調査課長、原口議事調査課長補佐、髙嶋議事調査課長補佐、佐藤議事調査課長補佐、梶山議事調査課長補佐、小川議会総務課主査、小川議事調査課主査、鈴木議会総務課書記、浅沼議事調査課書記、宮﨑議事調査課書記
○概要 次のとおり

(開会 午後1時46分~散会 午後2時05分) ※休憩 1回 1分

1 特定事件の閉会中継続調査付託について
委員長から「閉会中の委員会開催については、閉会中継続調査付託案件をもって行うことになっているが、本委員会の付託案件については、配付した特定事件の閉会中継続調査付託表のとおり、「議会運営事項及び議長の諮問事項について」とすることでよいか。」との確認があり、各会派了承した。
2 令和元年第2回臨時会の運営について
(1)市長提出議案のうち配付済みのものについて
○ 議案第1号 令和元年度旭川市一般会計補正予算について
○ 議案第2号 令和元年度旭川市介護保険事業特別会計補正予算について
○ 議案第3号 不正競争防止法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について
○ 議案第4号 旭川市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第5号 旭川市指定通所支援の事業等の人員、設備及び運営の基準等に関する条例の制定について
○ 議案第6号 旭川市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第7号 旭川市放課後児童健全育成事業の設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第8号 株式会社旭川振興公社の株主総会における議決権の行使について(取締役及び監査役の選任)
ア 審議方法
本会議で直接審議することとした。
イ 質疑、討論の有無及び賛否
各会派及び無所属とも、質疑、討論なく、賛成との意向が示された。
(2)市長追加提出議案について
○ 議案第9号 旭川市監査委員の選任について
ア 審議方法
本会議で直接審議することとした。
イ 質疑、討論の有無及び賛否
各会派及び無所属とも、質疑、討論なく、賛成との意向が示された。
なお、審議の間、監査委員予定者は除斥となり、慣例により、選任同意後、議案に記載されている氏名順で、登壇により挨拶を受けることとした。
また、議案は本委員会終了後、各控室に配付することとした。
(3)議会提出議案について
ア 特定事件の閉会中継続調査付託について
総務、民生、経済文教、建設公営企業各常任委員会委員長及び議会運営委員会委員長の申出どおり、閉会中の継続調査に付することとした。
イ 請願・陳情議案の委員会付託について
陳情2件(総務常任委員会1件及び議会運営委員会1件)について、5月20日の本会議で付託の手続をとることとした。
ウ 請願・陳情議案の閉会中継続審査付託について
総務常任委員会委員長及び議会運営委員会委員長の申出どおり、閉会中の継続審査に付することとした。
(4)本会議(5月20日)の日程について
開会~諸般の報告~議案第1号ないし議案第8号の提案説明・簡易採決(順次)~議案第9号の提案説明・簡易採決・新監査委員挨拶~特定事件の閉会中継続調査付託~請願・陳情議案の閉会中継続審査付託~閉会の順で進めることとした。
3 その他
(1)議員研修会について
今年度の議員研修会を開催するに当たり、従来どおり実施担当チームを設置することとした。なお、チーム構成については、各会派及び無所属から1人とし、議会運営委員会副委員長が座長となり企画・運営等を行うこととした。
また、チームの人選については、後日の議会運営委員会までに事務局へ届け出ることとした。
(2)夏季における服装について
地球環境への配慮と省エネルギーを図ること及び審議・審査等の能率の向上を図ることを目的に、6月から9月まで軽装を実施することとした。なお、軽装の範囲は、各議員の判断によることとするが、本会議、委員会等において、上着、ネクタイを非着用とし、議員章については、軽装で会議に参会する場合は佩用しなくてもよいこととした。

全文記録・議会運営委員会5月17日(PDF形式 131キロバイト)

○ 日時 令和元年5月20日(月曜日) 本会議閉会後
○ 場所 第2委員会室
○ 出席者
(委員)木下雅之委員長、高木ひろたか副委員長、金谷美奈子、塩尻英明、髙橋紀博、中野ひろゆき、菅原範明、まじま隆英、石川厚子、品田ときえ、高花えいこ、松田たくや各委員
(議員)安田佳正議長、白鳥秀樹副議長
(事務局)林議会事務局長、冨田議会総務課長、紺野議会総務課主幹、平尾議事調査課長、原口議事調査課長補佐、髙嶋議事調査課長補佐、佐藤議事調査課長補佐、梶山議事調査課長補佐、小川議会総務課主査、小川議事調査課主査、小松議事調査課書記
○ 概要 次のとおり

(開会 午前10時27分~散会 午前10時28分)

1 請願・陳情議案の説明機会の確保について
○ 陳情第2号 議会傍聴に関することについて
陳情提出者からの趣旨・補足説明の機会を設けることについて各会派に確認したところ、全会一致で賛成となったことから、説明機会を設けることとし、議長名で通知を行うこととした。

全文記録・議会運営委員会5月20日(PDF形式 47キロバイト)

6
会議の概要

○ 日時 令和元年6月13日(木曜日) 午前10時
○ 場所 第2委員会室
○ 出席者
(委員)木下雅之委員長、高木ひろたか副委員長、金谷美奈子、塩尻英明、髙橋紀博、中野ひろゆき、菅原範明、まじま隆英、石川厚子、品田ときえ、高花えいこ、松田たくや各委員
(議員)佐藤さだお、横山啓一両委員外議員
安田佳正議長、白鳥秀樹副議長(委員外議員)
(説明員)佐藤総合政策部長、野﨑総務部長、高橋総務部次長
(事務局)林議会事務局長、冨田議会総務課長、紺野議会総務課主幹、小川議会総務課主査、鈴木議会総務課書記、平尾議事調査課長、髙嶋議事調査課長補佐、佐藤議事調査課長補佐、梶山議事調査課長補佐、小川議事調査課主査、浅沼議事調査課書記、小松議事調査課書記
○ 概要 次のとおり

(開会 午前10時02分~散会 午前11時27分) ※休憩 3回 40分

※ 開会冒頭、正副委員長会議の確認事項について、委員長から報告があった。

1 請願・陳情議案の審査について
○ 陳情第2号 議会傍聴に関することについて
一旦休憩し、陳情提出者の杉尾正明氏から、趣旨・補足説明を受けた後、再開し、説明を受けたばかりであることから、今回は保留とした。
2 令和元年第2回定例会の運営について
(1)市長提出議案について
○ 令和元年度各会計補正予算 3件
○ 条例の制定 1件
○ 条例の一部を改正する条例の制定 9件
○ 財産の取得 7件
○ 契約の締結 4件
○ 繰越明許費繰越しの報告 1件
○ 予算繰越しの報告 1件
○ 専決処分の報告 1件
計27件
(2)議会提出議案について
ア 請願・陳情議案の委員会付託について
陳情1件(総務常任委員会)について、初日の本会議で付託の手続をとることとした。
イ 請願・陳情議案の審査結果報告について
今後結論が出たものについては、従来どおり会期末の本会議で報告を受けることとした。
ウ 意見書・決議案について
委員長から、意見書・決議案に用いる用字について、これまでは会議録と同様に、日本速記協会が定めた標準用字用例を用いていたが、事務局で検討した結果、文書により国等に提出するという意見書の性質に鑑み、今後は、公用文と同様にすることとした旨の説明があった後、
民主連合、無所属横山議員から
・2020年度予算編成における教育予算の確保・拡充と就学保障の充実を求める意見書(案)
民主連合から
・2019年度北海道最低賃金改正等に関する意見書(案)
・2020年度地方財政の充実強化を求める意見書(案)
・日米貿易協定交渉において日本の農業・農村を守ることを求める意見書(案)
公明から
・児童虐待防止対策の更なる強化を求める意見書(案)
・労働者協同組合法(仮称)の早期制定を求める意見書(案)
共産から
・加齢による難聴者の補聴器購入に対する公的補助制度の創設を求める意見書(案)
・会計年度任用職員の待遇改善と安定雇用及び財源確保を求める意見書(案)
の以上8件について提出したい旨の考えが示され、それぞれ文案を配付した後、調整は議会運営委員会代表者会議で行うこととした。
(3)議案の審議方法について
ア 議案第21号ないし議案第24号の以上4件については、初日の本会議で直接審議することとした。
イ 議案第1号ないし議案第20号及び報告第1号ないし報告第3号の以上23件については、いずれも本会議で直接審議することとした。
(4)一般質問について
ア 時期~6月24日(月曜日)、6月25日(火曜日)、6月26日(水曜日)
イ 通告~6月19日(水曜日)正午まで
ウ 時間~質問のみ25分。ただし、一問一答の方式の場合は質問時間を確保した上で答弁を含めておおむね60分を目安とする。
エ 回数~一問一答の方式の場合は回数制限を設けず、一括方式の場合は3回以内
オ 人数~民主連合4~5人、自民会議4人、公明2~3人、共産2~3人、無党派G2~3人、無所属佐藤議員1人、無所属横山議員1人 計16~20人
カ 順序~正副議長、議会運営委員会正副委員長立会いの上、抽選
キ 場所~質疑質問席
なお、改選後、初めて一般質問が行われることから、平成22年5月7日の議会運営委員会で決定した「一般質問においては、議案に対する質疑は行わないこととする」ことについて、再度確認した。
(5)会期と日程について
ア 会期~6月19日(水曜日)から6月28日(金曜日)まで通算10日間
イ 日程~配付資料のとおり
3 その他
(1)議会運営委員会への副議長の出席について
正副議長は一体となって議会運営に当たるという考え方により、正副議長は公務出張等の場合を除き、議長は地方自治法第105条の規定により、副議長は慣例により出席してきたところであるが、現状では、仮に議会運営委員会に出席する際に副議長が事故に遭った場合には公務災害として扱われないといった問題もあることから、今後、副議長出席の根拠を明らかにするため、議会運営委員会として正式に出席を求めることとした。
(2)令和元年度全国市議会議長会表彰状伝達式について
定例会開会日(6月19日)の本会議の諸般の報告後に休憩し、永年勤続議員の表彰状伝達式を行うこととした。
なお、お祝いの言葉は議長及び市長が行うこととし、謝辞は宮本議員が被表彰者を代表して行うこととした。
(3)議会の改善・要望事項について
委員長から、改選前の議会運営委員会で全会一致となった議会の改善・要望事項を参考配付の上、全会一致とならなかった項目については、改選後の議会運営委員会に申し送らないことが確認されていることの申し添えがあった。
今期2年間における議会の改善・要望事項については、前回同様、各会派及び無所属議員から提案を受け、それらについて提案会派等から説明を受けた後、議会運営委員会代表者会議において協議することとし、提案がある会派等は、6月24日(月曜日)までに事務局へ提出願うこととし、提案された案件は最終の議会運営委員会で配付し、提案説明を受けることとした。
なお、提案に当たっては、今後の協議が円滑に進められるよう、提案の趣旨や具体的な改善案を記載願うこととし、提案会派が会派間の調整を行うこととしている点も踏まえて提案願うこととした。
(4)議会運営の評価及び検証について
平成31年議会運営の評価及び検証の結果については、改選前の議会運営委員会から、必要に応じて協議するよう申し伝えを受けていることから、各項目の扱い等については、議会運営委員会代表者会議で協議することとした。
(5)議員の行政視察派遣について
今期4年間の単独行政視察の割り振りを配付資料「単独行政視察割振表(案)」のとおりとすることを確認した後、同表に基づき、6月24日(月曜日)までに各会派及び無所属議員の議員名を事務局まで提出願うこととした。
今年度の単独行政視察の実施については、提出された議員名を基に、派遣議員を除く議会運営委員会委員を提出者として議案化し、最終の議会運営委員会で取り扱うこととした。
(6)議員研修会について
今年度の議員研修会実施担当チームを配付資料「旭川市議会議員研修会実施担当チームメンバー表」のとおり確認し、今後、実施に当たっての協議については、同実施担当チームに委ねることとした。
(7)市勢要覧用写真の撮影について
6月19日(水曜日)の本会議冒頭に、議場風景を撮影(議長は議長席に着席)することとした。なお、全員出席が前提であるため、欠席者が出た場合は、次回以降の本会議開催日に順次、繰り下げることとした。
撮影時の服装については、夏の軽装期間中であるが、上着、ネクタイ(男性)、議員章佩用とすることとした。ただし、撮影終了後は軽装可とした。
(8)各種様式における元号の表記について
議会運営委員会の申合せ等で定めた各種様式の提出日などを記入する箇所は「平成」と規定されており、改元により改正が必要となっていることから、改元の都度、改正する必要が生じないように、市長部局等の様式と同様に、様式における元号を削ることとし、今後は元号を補って使用することとした。
○ 次回の議会運営委員会を6月18日(火曜日)午前10時に、同代表者会議を6月18日(火曜日)議会運営委員会終了後に口頭招集した。

全文記録・議会運営委員会6月13日(PDF形式 192キロバイト)

○ 日時 令和元年6月18日(火曜日) 午前10時
○ 場所 第2委員会室
○ 出席者
(委員)木下雅之委員長、高木ひろたか副委員長、金谷美奈子、塩尻英明、髙橋紀博、中野ひろゆき、まじま隆英、石川厚子、品田ときえ、高花えいこ、松田たくや各委員
(議員)佐藤さだお、横山啓一両委員外議員
安田佳正議長、白鳥秀樹副議長(委員外議員)
(説明員)野﨑総務部長、高橋総務部次長
(事務局)林議会事務局長、冨田議会総務課長、紺野議会総務課主幹、小川議会総務課主査、鈴木議会総務課書記、平尾議事調査課長、髙嶋議事調査課長補佐、佐藤議事調査課長補佐、梶山議事調査課長補佐、小川議事調査課主査、浅沼議事調査課書記、小松議事調査課書記
○ 概要 次のとおり

(開会 午前10時00分~散会 午前10時07分) ※休憩 1回 1分

1 令和元年第2回定例会の運営について
(1)市長提出議案について
○ 議案第21号 契約の締結について(第2豊岡団地建替(2-A)新築工事)
○ 議案第22号 契約の締結について(平成大橋新設(上部工)工事)
○ 議案第23号 契約の締結について(東栄小学校増改築(A)工事)
○ 議案第24号 契約の締結について(東栄小学校増改築(B)工事)
ア 質疑、討論の有無及び賛否
各会派及び無所属とも、質疑、討論なく、賛成との意向が示された。
なお、議案第21号については、菅原議員の親族が、契約の相手方である共同企業体を構成する「株式会社菅原組」の役員に就任しており、直接の利害関係のある事件と認められることから、地方自治法第117条の規定により、除斥となることを確認した。
(2)本会議(明日)の日程について
開会~諸般の報告~休憩(令和元年度全国市議会議長会表彰状伝達式)・再開~会期の決定~議案第21号ないし議案第24号について提案説明・簡易採決(順次)~議案第1号ないし議案第20号及び報告第1号ないし報告第3号の提案説明~散会の順で進めることとした。
○ 次回の議会運営委員会の招集は追って連絡することとした。

全文記録・議会運営委員会6月18日(PDF形式 70キロバイト)

○日時 令和元年6月27日(木曜日) 午前10時
○場所 第2委員会室
○出席者
(委員)木下雅之委員長、高木ひろたか副委員長、金谷美奈子、塩尻英明、髙橋紀博、中野ひろゆき、菅原範明、まじま隆英、石川厚子、品田ときえ、高花えいこ、松田たくや各委員
(議員)佐藤さだお、横山啓一両委員外議員
安田佳正議長
(説明員)佐藤総合政策部長、野﨑総務部長、高橋総務部次長
(事務局)林議会事務局長、冨田議会総務課長、紺野議会総務課主幹、小川議会総務課主査、鈴木議会総務課書記、平尾議事調査課長、髙嶋議事調査課長補佐、佐藤議事調査課長補佐、梶山議事調査課長補佐、小川議事調査課主査、浅沼議事調査課書記、小松議事調査課書記
○概要 次のとおり

(開会 午前10時01分~散会 午前10時37分) ※休憩 1回 1分

1 令和元年第2回定例会の運営について
(1)市長提出議案について
○ 議案第1号 令和元年度旭川市一般会計補正予算について
○ 議案第2号 令和元年度旭川市介護保険事業特別会計補正予算について
○ 議案第3号 令和元年度旭川市病院事業会計補正予算について
○ 議案第4号 旭川市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第5号 旭川市地域活動センター条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第6号 旭川市子どものための教育・保育給付に係る利用者負担に関する条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第7号 旭川市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営の基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第8号 旭川市地域保育所条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第9号 旭川市森林整備基金条例の制定について
○ 議案第10号 旭川市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第11号 旭川市地区計画等区域内建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第12号 旭川市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第13号 旭川市排水工事指定店条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第14号 財産の取得について(排水ポンプ車)
○ 議案第15号 財産の取得について(ロータリ除雪車)
○ 議案第16号 財産の取得について(除雪グレーダ)
○ 議案第17号 財産の取得について(水槽付消防ポンプ自動車(2型))
○ 議案第18号 財産の取得について(小型動力ポンプ付積載車)
○ 議案第19号 財産の取得について(高規格救急自動車)
○ 議案第20号 財産の取得について(はしご付消防自動車オーバーホール取替キット)
ア 質疑、討論の有無及び賛否
民主連合~議案第1号及び議案第9号について質疑あり、討論なく、全議案賛成。
自民会議~議案第1号、議案第4号及び議案第9号について質疑、議案第4号について討論あり、全議案賛成。
公明~議案第1号について質疑あり、討論なく、全議案賛成。
共産~議案第1号及び議案第6号ないし議案第8号について質疑あり。討論の有無及び賛否は質疑してみないと分からない。議案第1号及び議案第6号ないし議案第8号は判断保留、その他の議案は賛成。
無党派G~議案第1号について質疑あり、討論なく、全議案賛成。
無所属(佐藤議員、横山議員)~質疑、討論なく、全議案賛成。
との意向が示され、議案第1号及び議案第6号ないし議案第9号を一括して議題とすることとし、質疑終了後、本会議を一旦休憩し、議会運営委員会を開催して討論の有無及び賛否を確認後、本会議を再開することとした。
イ 質疑順
一括議題とする議案第1号及び議案第6号ないし議案第9号については、大会派順一巡方式とし、民主連合(高見議員)、自民会議(上村議員)、公明(高花議員)、共産(能登谷議員)、無党派G(金谷議員)、公明(中野議員)、共産(まじま議員)の順で行うこととした。
○ 報告第1号 平成30年度旭川市一般会計予算の繰越明許費繰越しの報告について
○ 報告第2号 平成30年度旭川市下水道事業会計予算の予算繰越しの報告について
○ 報告第3号 専決処分の報告について(変更契約を締結すること)
ア 質疑の有無
各会派及び無所属とも、質疑なしとの意向が示された。
(2)議会提出議案について
ア 請願・陳情議案の閉会中継続審査付託について
総務常任委員会委員長及び議会運営委員会委員長の申出どおり、閉会中の継続審査に付することとした。
イ 議案第25号 議員の行政調査派遣について
6月13日の議会運営委員会で確認した今後4年間の割振表に基づき、配付資料「単独行政視察割振表(案)」のとおりとなったことを確認し、令和元年度分は、議案第25号として、派遣議員を除く議会運営委員会委員を提出者とし、提案説明、質疑、討論は省略し、簡易採決することとした。
なお、議案は本委員会終了後、各控室に配付することとした。
ウ 意見書・決議案について
議会運営委員会代表者会議での協議の結果を配付し、民主連合、横山議員から提出された「2020年度予算編成における教育予算の確保・拡充と就学保障の充実を求める意見書(案)」、共産から提出された「加齢による難聴者の補聴器購入に対する公的補助制度の創設を求める意見書(案)」については全会一致とならず、動議として提出することとなり、このほか提出されていた意見書案5件も含めて、提案会派、提案者及び提案説明者を決定し、最終日の本会議で議決することとした。
(3)本会議(最終日)の日程について
開会~諸般の報告~議案第1号及び議案第6号ないし議案第9号について質疑(高見議員、上村議員、高花議員、能登谷議員、金谷議員、中野議員、まじま議員)~休憩~(議会運営委員会開催)~再開~(議案第1号及び議案第6号ないし議案第8号の討論等については、後日の議会運営委員会で説明する。)~議案第2号及び議案第3号について簡易採決(順次)~議案第4号について質疑(上村議員)・賛成の意見開陳(上村議員)・簡易採決~議案第5号及び議案第10号ないし議案第20号について簡易採決(順次)~報告第1号ないし報告第3号の報告を了する(順次)~議案第25号について簡易採決~請願・陳情議案の閉会中継続審査付託~意見書案第1号ないし意見書案第7号の提案説明・起立採決(順次)~閉会の順で進めることとした。
2 その他
(1)議会の改善・要望事項について
各会派から提出された議会の改善・要望事項についてそれぞれ趣旨説明を受け、協議については、6月13日の議会運営委員会での協議結果のとおり、議会運営委員会代表者会議で行うこととした。
※ 散会後、自民会議から、議案第1号及び議案第9号に対する上村議員の質疑を、公明から、議案第1号に対する高花議員の質疑をそれぞれ取りやめる旨の申出があったことから、正副委員長が持ち回りで説明を行い、そのとおり扱うこととし、一括議題とする議案第1号及び議案第6号ないし議案第9号については、民主連合(高見議員)、公明(中野議員)、共産(能登谷議員)、無党派G(金谷議員)、共産(まじま議員)の順で質疑を行うことで各会派及び無所属了承した。

全文記録・議会運営委員会6月27日(PDF形式 140キロバイト)

○ 日時 令和元年6月28日(金曜日) 午前10時
○ 場所 第2委員会室
○ 出席者
(委員)木下雅之委員長、高木ひろたか副委員長、金谷美奈子、塩尻英明、髙橋紀博、中野ひろゆき、菅原範明、まじま隆英、石川厚子、品田ときえ、高花えいこ、松田たくや各委員
(議員)佐藤さだお、横山啓一両委員外議員
安田佳正議長
(説明員)佐藤総合政策部長、野﨑総務部長、高橋総務部次長
(事務局)林議会事務局長、冨田議会総務課長、紺野議会総務課主幹、平尾議事調査課長、髙嶋議事調査課長補佐、佐藤議事調査課長補佐、梶山議事調査課長補佐、小川議会総務課主査、鈴木議会総務課書記、浅沼議事調査課書記、小松議事調査課書記
○ 概要 次のとおり

(開会 午後1時00分~散会 午後1時03分) ※休憩 1回 1分

1 令和元年第2回定例会の運営について
(1)市長提出議案について
○ 議案第1号 令和元年度旭川市一般会計補正予算について
○ 議案第6号 旭川市子どものための教育・保育給付に係る利用者負担に関する条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第7号 旭川市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営の基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について
○ 議案第8号 旭川市地域保育所条例の一部を改正する条例の制定について
ア 討論の有無及び賛否
判断を保留していた共産から、討論なく全議案賛成との意向が示された。
(2)本会議(再開後)の日程について
再開~議案第1号及び議案第6号ないし議案第9号について簡易採決の順で進めることとし、以降は昨日の議会運営委員会で確認したとおりとし、午後1時10分に本会議を再開することとした。

全文記録・議会運営委員会6月28日(PDF形式 46キロバイト)

9
会議の概要

○ 日時 令和元年9月4日(水曜日) 午前10時
○ 場所 第2委員会室
○ 出席者
(委員)木下雅之委員長、高木ひろたか副委員長、金谷美奈子、塩尻英明、髙橋紀博、中野ひろゆき、菅原範明、まじま隆英、石川厚子、品田ときえ、高花えいこ、松田たくや各委員
(議員)佐藤さだお、横山啓一両委員外議員
安田佳正議長、白鳥秀樹副議長(委員外議員)
(説明員)佐藤総合政策部長、野﨑総務部長、高橋総務部次長
(事務局)林議会事務局長、冨田議会総務課長、紺野議会総務課主幹、小川議会総務課主査、鈴木議会総務課書記、平尾議事調査課長、髙嶋議事調査課長補佐、梶山議事調査課長補佐、小川議事調査課主査、浅沼議事調査課書記、小松議事調査課書記
○ 概要 次のとおり

(開会 午前10時00分~散会 午前11時05分) ※休憩 1回 1分
1 令和元年第3回定例会の運営について
(1)市長提出議案のうち配付済みのもの
○ 平成30年度各会計決算の認定 14件
○ 令和元年度各会計補正予算 3件
○ 条例の制定 3件
○ 条例の一部を改正する条例の制定 84件
○ 土地の無償貸付け 1件
○ 財産の取得 2件
○ 損害賠償の額を定めること 2件
○ 指定管理者の指定 1件
○ 特定地方管理空港運営者の指定 1件
○ 議決変更 1件
○ 健全化判断比率の報告 1件
○ 資金不足比率の報告 1件
○ 専決処分の報告 3件
計117件
(2)追加提出予定のもの
○ 教育委員会教育長の任命 1件
○ 教育委員会委員の任命 1件
○ 公平委員会委員の選任 1件
計 3件
(3)議会提出議案について
ア 請願・陳情議案の委員会付託について
陳情1件(建設公営企業常任委員会)について、初日の本会議で付託の手続をとることとした。
イ 請願・陳情議案の審査結果報告について
今後結論が出たものについては、従来どおり会期末の本会議で報告を受けることとした。
ウ 議案第99号 議員の派遣について
議長から、広聴広報委員会に所属する議員を提出者として、市民と議会の意見交換会に全議員を派遣することを内容とする議案が提出された旨の報告があり、最終の議会運営委員会で質疑、討論の扱い及び採決方法について確認し、会期末の本会議で直接審議することとした。
エ 意見書・決議案について
自民会議から
・林業・木材産業の成長産業化に向けた施策の充実強化を求める意見書(案)
公明から
・高齢者の安全運転支援と地域における移動手段の確保を求める意見書(案)
・太陽光発電設備の適切な導入に向けた制度設計と運用を求める意見書(案)
共産から
・プラスチックごみの減量対策を国の責任において取り組むことを求める意見書(案)
・令和2年度以降の幌延深地層研究計画(案)の撤回と、幌延深地層研究センターの廃止を求める意見書(案)
・国民が安心できる年金制度の実現を求める意見書(案)
の以上6件について提出したい旨の考えが示され、それぞれ文案を配付した後、調整は議会運営委員会代表者会議で行うこととした。
※ 今定例会から、全会派が賛成で一致しているかどうかにかかわらず、議場に全ての意見書・決議案を配付することとした。
(4)議案の審議方法について
ア 平成30年度各会計決算の認定(認定第1号ないし認定第14号)の以上14件については、次の特別委員会に付託することとした。
(ア)名称~決算審査特別委員会
(イ)構成~33人(議長を除く全議員)
(ウ)正副委員長~民主連合、自民会議の両会派で協議して選出することとし、9月17日(火曜日)正午までに届け出ることとした。
(エ)設置の時期~9月24日(火曜日)大綱質疑終了後
(オ)分科会の設置数~2分科会
(カ)分科会の名称~総務経済文教分科会、民生建設公営企業分科会
(キ)分科会の構成~総務経済文教分科会は総務、経済文教両常任委員会委員、民生建設公営企業分科会は民生、建設公営企業両常任委員会委員とする。ただし、決算審査特別委員会委員長は除く。
(ク)分科会正副委員長~総務、民生両常任委員会正副委員長
(ケ)分科会審査分担事項~各常任委員会所管別とする。なお、一般会計決算については、後日の議会運営委員会で協議する。
(コ)特別委員会及び分科会の審査日程~配付資料のとおり
(サ)特別委員会及び分科会の開催場所~決算審査特別委員会 → 議場
総務経済文教分科会 → 第1委員会室
民生建設公営企業分科会 → 第2委員会室
※ 決算に関わる帳票類の備付け場所を会計課地下書庫等とすることについては、平成30年2月14日の議会運営委員会で申合せをしており、帳票類の閲覧を希望するときは、議事調査課に申し出れば、議事調査課から会計課等の帳票担当部局に連絡し、帳票担当部局の職員が帳票類を議員控室等に持参し閲覧することになることを確認した。
イ 令和元年度各会計補正予算と関連議案及び単独議案
令和元年度各会計補正予算と関連議案及び単独議案(議案第1号ないし議案第98号)の以上98件については、次の特別委員会に付託することとした。
(ア)名称~補正予算等審査特別委員会
(イ)構成~民主連合5人、自民会議4人、公明2人、共産2人、無党派G1人、無所属1人 計15人
(ウ)正副委員長~民主連合、自民会議の両会派で協議して選出することとし、9月6日(金曜日)正午までに届け出ることとした。
(エ)委員名の届出~9月6日(金曜日)正午まで
(オ)設置の時期~9月10日(火曜日)本会議終了後
(カ)委員会の場所~第1委員会室
ウ 本会議直接審議議案について
報告第1号ないし報告第5号の以上5件については、本会議で直接審議することとした。なお、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の報告に関わる報告第1号及び報告第2号は、決算と関わりがあることから、認定議案14件と併せて提案説明を行うこととした。
エ 追加提出予定議案について
追加提出予定議案の教育委員会教育長の任命、教育委員会委員の任命及び公平委員会委員の選任の以上3件については、従来どおり各派会長会議において協議し、会期末の本会議で直接審議することとした。
(5)一般質問について
ア 時期~9月18日(水曜日)、9月19日(木曜日)、9月20日(金曜日)
イ 通告~9月10日(火曜日)正午まで
ウ 時間~質問のみ25分。ただし、一問一答の方式の場合は質問時間を確保した上で答弁を含めておおむね60分を目安とする。
エ 回数~一問一答の方式の場合は回数制限を設けず、一括方式の場合は3回以内
オ 人数~民主連合2~3人、自民会議3人、公明2人、共産2人、無党派G2~3人、無所属佐藤議員1人、無所属横山議員1人 計13~15人
カ 順序~正副議長、議運委正副委員長立会いの上、抽選
キ 場所~質疑質問席
(6)大綱質疑について(※決算に関わる大綱質疑)
ア 時期~9月24日(火曜日)
イ 通告~9月13日(金曜日)正午まで
ウ 時間~質疑のみ25分
エ 回数~3回以内
オ 人数~民主連合0人、自民会議0人、公明1人、共産1人、無党派G0~1人、無所属佐藤議員0人、無所属横山議員0人 計2~3人
カ 順序~正副議長、議会運営委員会正副委員長立会いの上、抽選
キ 場所~質疑質問席
なお、改選後、初めて大綱質疑が行われることから、過去に事務局で整理した「大綱質疑の定義について」を配付しているので、質疑に当たっての参考とすることとした。
(7)会期と日程について
ア 会期~9月10日から10月8日まで通算29日間
イ 日程~配付資料のとおり
※ 本会議における議長席への水差しの用意について、後日の議会運営委員会で改めて協議することとし、各会派等に持ち帰り検討願うこととした。

2 その他
(1)北海道市議会議長会道北支部議長会議員研修会について
開催要領案を配付し、出欠報告書を9月30日(月曜日)までに取りまとめて事務局に提出することとした。
(2)旭川市議会議員研修会について
開催要領を配付し、議員研修会実施担当チームの高木座長から報告を受け、次のとおり実施することとした。
ア 日時~令和2年1月21日(火曜日)午後3時から午後5時(講演、質疑応答)
イ テーマ~指定管理者制度で「稼ぐ施設」の実現について
ウ 講師~南 学氏(東洋大学経済学研究科(公民連携専攻)客員教授)
(3)平成30年度議会費決算説明資料について
従来どおり、本委員会終了後、各会派の代表委員及び無所属議員に配付することとした。

○ 次回の議会運営委員会を9月12日(木曜日)午前10時に口頭招集した。

全文記録・議会運営委員会9月4日(PDF形式 220キロバイト)

○ 日時 令和元年9月12日(木曜日) 午前10時
○ 場所 第2委員会室
○ 出席者
(委員)木下雅之委員長、高木ひろたか副委員長、金谷美奈子、塩尻英明、髙橋紀博、中野ひろゆき、菅原範明、まじま隆英、石川厚子、品田ときえ、高花えいこ、松田たくや各委員
(議員)佐藤さだお、横山啓一両委員外議員
安田佳正議長
(説明員)佐藤総合政策部長、野﨑総務部長、高橋総務部次長
(事務局)林議会事務局長、冨田議会総務課長、紺野議会総務課主幹、小川議会総務課主査、鈴木議会総務課書記、平尾議事調査課長、髙嶋議事調査課長補佐、佐藤議事調査課長補佐、梶山議事調査課長補佐、小川議事調査課主査、浅沼議事調査課書記、小松議事調査課書記
○ 概要 次のとおり

(開会 午後6時10分~散会 午後6時25分) ※休憩 1回 1分

1 令和元年第3回定例会の運営について
(1)議会提出議案について
ア 補正予算等審査特別委員会審査結果報告について
(ア)質疑、討論の有無及び賛否
民主連合、無党派G、無所属(佐藤議員、横山議員)~質疑、討論なく、全議案賛成。
自民会議~質疑なく、議案第1号、議案第62号、議案第79号及び議案第81号について討論あり、全議案賛成。
公明~質疑なく、議案第68号及び議案第86号について討論あり、全議案賛成。
共産~質疑なく、議案第1号、議案第11号、議案第40号、議案第91号及び議案第97号について討論あり、議案第1号、議案第91号及び議案第97号に反対、その他の議案は賛成。
との意向が示された。
(イ)討論順
共産(石川議員)、自民会議(上村議員)、公明(中村議員)の順で行うこととした。
イ 附帯決議案について
○ 附帯決議案第1号 議案第4号旭川市手数料条例の一部を改正する条例の制定外60件に対する附帯決議について
委員長から、附帯決議案が提出されたことについて、議長から報告を受けている旨の発言があり、事務局から附帯決議案を配付した後、提出会派である自民会議から趣旨説明があった。
なお、提案説明者は菅原議員とすること及び採決方法は起立採決とし、補正予算等審査特別委員会付託議案98件の採決後に扱うことを確認した。
また、附帯決議案は本委員会終了後、各控室に配付することとした。
(ア)質疑、討論の有無及び賛否
各会派及び無所属とも、質疑、討論なく、賛成との意向が示された。
(2)本会議(明日)の日程について
開会~報告~補正予算等審査特別委員会委員長審査結果報告・議案第1号、議案第91号及び議案第97号について反対並びに議案第11号及び議案第40号について賛成の討論(石川議員)・議案第1号、議案第62号、議案第79号及び議案第81号について賛成の討論(上村議員)・議案第68号及び議案第86号について賛成の討論(中村議員)・議案第1号、議案第91号及び議案第97号について起立採決・議案第2号ないし議案第90号、議案第92号ないし議案第96号及び議案第98号について簡易採決~附帯決議案第1号の提案説明・簡易採決~散会の順で進めることとした。
(3)決算審査に関わる事項
作成中であった一般会計決算の審査分担について、配付した案のとおりとすることを確認した。
○ 次回の議会運営委員会の招集は追って連絡することとし、次回の議会運営委員会代表者会議を9月20日(金曜日)本会議終了後に口頭召集した。

全文記録・議会運営委員会9月12日(PDF形式 82キロバイト)

10
会議の概要

○ 日時 令和元年10月4日(金曜日) 午前10時
○ 場所 第2委員会室
○ 出席者
(委員)木下雅之委員長、高木ひろたか副委員長、金谷美奈子、塩尻英明、髙橋紀博、中野ひろゆき、菅原範明、まじま隆英、石川厚子、品田ときえ、高花えいこ、松田たくや各委員
(議員)佐藤さだお、横山啓一両委員外議員
安田佳正議長、白鳥秀樹副議長(委員外議員)
(説明員)佐藤総合政策部長、野﨑総務部長、高橋総務部次長
(事務局)林議会事務局長、冨田議会総務課長、紺野議会総務課主幹、小川議会総務課主査、鈴木議会総務課書記、平尾議事調査課長、髙嶋議事調査課長補佐、佐藤議事調査課長補佐、梶山議事調査課長補佐、小川議事調査課主査、浅沼議事調査課書記、小松議事調査課書記
○ 概要 次のとおり

(開会 午後1時00分~散会 午後1時25分) ※休憩 1回 1分

1 令和元年第3回定例会の運営について
(1)市長追加提出議案について
○ 議案第100号 旭川市教育委員会教育長の任命について
○ 議案第101号 旭川市教育委員会委員の任命について
○ 議案第102号 旭川市公平委員会委員の選任について
議案第100号ないし議案第102号について、理事者から説明があり、引き続き、各派会長会議の協議結果について、議長から、理事者の提案どおり、全会派一致で同意を得た旨の報告があった。
ア 質疑、討論の有無及び賛否
各会派及び無所属とも、質疑、討論なく、賛成である旨の意向が示された。
(2)市長提出議案について
○ 報告第1号 平成30年度決算に基づく健全化判断比率の報告について
○ 報告第2号 平成30年度決算に基づく資金不足比率の報告について
○ 報告第3号 専決処分の報告について(損害賠償の額を定めること)
○ 報告第4号 専決処分の報告について(訴え提起前の和解)
○ 報告第5号 専決処分の報告について(変更契約を締結すること)
ア 質疑の有無
各会派及び無所属とも、質疑がない旨の意向が示された。
なお、報告第1号及び報告第2号は、決算と関わりがあることから、認定議案14件の前に扱うこととした。
(3)議会提出議案について
ア 請願・陳情議案の委員会付託について
陳情1件(民生常任委員会)について、最終日の本会議で付託の手続をとることとした。
イ 請願・陳情議案の閉会中継続審査付託について
総務、民生及び建設公営企業常任委員会委員長並びに議会運営委員会委員長の申出どおり、閉会中の継続審査に付することとした。
ウ 決算審査特別委員会審査結果報告について
(ア)質疑、討論の有無及び賛否
民主連合、自民会議、公明、無所属(佐藤議員、横山議員)~質疑、討論なく、全議案賛成。
共産~質疑なく、認定第1号について討論あり、認定第1号は反対、その他の議案は賛成。
無党派G~質疑なく、認定第1号について討論あり、全議案賛成。
との意向が示された。
(イ)討論順
共産(まじま議員)、無党派G(ひぐま議員)の順で行うこととした。
エ 議案第99号 議員の派遣について
提案説明、質疑、討論を省略し、簡易採決することとした。なお、派遣内容に変更を要するときは、その取扱いを議長に一任することとした。
オ 意見書・決議案について
議会運営委員会代表者会議での協議の結果を配付し、共産から提出された「令和2年度以降の幌延深地層研究計画(案)の撤回と、幌延深地層研究センターの廃止を求める意見書(案)」、「国民が安心できる年金制度の実現を求める意見書(案)」については全会一致とならず、動議として提出することとなり、このほか提出されていた意見書案4件も含めて、提案会派、提案者及び提案説明者を決定し、最終日の本会議で議決することとした。
(4)本会議(最終日)の日程について
開会~諸般の報告~報告第1号及び報告第2号の報告を了する(順次)~決算審査特別委員会委員長審査結果報告・認定第1号について反対の討論(まじま議員)・認定第1号について賛成の討論(ひぐま議員)・認定第1号について起立採決・認定第2号ないし認定第14号について簡易採決~報告第3号ないし報告第5号の報告を了する(順次)~議案第99号について簡易採決~議案第100号ないし議案第102号について提案説明・簡易採決(順次)・教育委員会教育長候補者挨拶~請願・陳情議案の閉会中継続審査付託~意見書案第1号及び意見書案第2号について提案説明・起立採決(順次)~意見書案第3号について提案説明・簡易採決~意見書案第4号ないし意見書案第6号について提案説明・起立採決(順次)~閉会の順で進めることとした。
2 その他
(1)議会の改善・要望事項について
No.17「中継・配信」、No.19「説明責任」及びNo.20「議会日程等の周知」については、議長を通じて広聴広報委員会に協議を委ねることとした。
(2)議会運営の評価及び検証について
No.3「説明責任と情報公開」及びNo.5「市民との意見交換会の実施」については、議長を通じて広聴広報委員会に委ねることとした。

全文記録・議会運営委員会10月4日(PDF形式 119キロバイト)

お問い合わせ先

旭川市議会事務局議事調査課

〒070-8525 総合庁舎1階
電話番号: 0166-25-6318
ファクス番号: 0166-24-7810
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)