旭山にゅーす・ぶろぐ

【しいくのぶろぐ】一覧

このページでは「しいくのぶろぐ」の記事のみを掲載しています。

「しいくのぶろぐ」飼育展示スタッフによる日々の出来事や想いなどを綴ったブログです。

2021年12月のしいくのぶろぐの記事

年末のご挨拶

 今年も終わります。皆さんにとって今年はどんな年だったでしょうか?旭山動物園は動物のことに関しては充実した年でしたが、運営という点では昨年以上に厳しい年となりました。ただSNSでの発信には工夫を凝らしてきました。来園していただけない状況の中でも、飼育動物たちと皆さんの心を繋ぐ架け橋としての役割を果たせるまでになってきたかなとの手応えを感じる年にできました。環境問題や生物多様性の保全に向けた実際の取り組みという点では不完全燃焼でした。
  年の暮れ12月はホッキョクグマの誕生とチンパンジーのキーボの死という出来事がありました。旭山でのホッキョクグマの出産は21年ぶり(出産後育児をせず子は死亡)、このまま順調に成長し繁殖成功となると実に40年ぶりということになります。ちなみに繁殖成功と表現するのは生後半年以上生存してからとしています。今回の子、実は旭山動物園開園当初から飼育していた初代ホッキョクグマのシロウとユキから数えて5世代目の玄孫(やしゃご)になります。命が繋がってきたことに感無量でした。
 そしてキーボの死。53歳の波瀾万丈の一生でした。旭山に来園したのが昭和50年で6歳の時でした。当時動物園はチンパンジーを園内に連れ出して芸をさせることが一般的な時代でした。時代の変化と共に芸の時代は終わり、動物本来の行動や営みを見てもらう場に変わってきました。キーボは激動の動物園の変革の中で暮らしてきました。旭山動物園最後の生き証人のような存在でした。キーボの死は旭山動物園の歴史の大きな一区切りのように感じます。キーボは隣室で群れの仲間に看取られながら最後を迎えました。その前日の晩、寝たきりでほぼ反応がなくなっていたのですが、自分が声をかけるとよろよろと起き上がり、じっと見つめてきました。しばらくして「おまえか!」と気づきふらつきながらも手の甲をこちらに向けて腕を伸ばし威厳を示しながら挨拶をしてきました。就職して初めて間近で見たキーボは芸をするかわいらしい動物ではなく計り知れない力を秘めた猛獣でした。キーボをとおして飼育することの意義を常に考えさせられ教えられ学びました。
 速さはないけど確実に一歩ずつ踏みしめて歩む牛(丑)、我が道を単独で駆け抜ける虎(寅)。今年が終わり新しい年を迎えたいと思います。

キーボ

キーボ 死の前日

行く年くる年
 行く年来る年(わかるかなー?)

園長:坂東元

イヌ小屋リニューアル

 こども牧場で飼育しているイヌ(ラブラドール・レトリーバー)の「だいち(オス)」の小屋を改築しました。
 前までは、寝ていると見えにくく、扉がなかったため、雪が降っている日は室内にいました。
 今年は、もう少し外で頑張ってもらおうと、動物園にあるもので作り直しました。
 暖かいのか、小屋の中でのんびりしていることが多いです。
 こども牧場では、私たちの身近にいる動物のイヌを通して、動物の気持ちになって、やさしく接してあげることや動物に興味を持って、知ってもらいたいと考えています。
 旭山動物園に来た際は、ぜひこども牧場を見に来てください。

改築した小屋

改築した小屋

だいち

だいち

こども牧場担当:山藤洋介

【祝・ホッキョクグマ出産!】

 みなさま、40年間お待たせしました。

 旭山動物園で実に40年ぶりに、ホッキョクグマの繁殖に成功しました!

1

 2002年に「ほっきょくぐま館」がオープンしてから、はや19年。悲願の繁殖成功となりました。

2

あべ弘士さんの壁画がついに現実に

 ホクトとピリカのペアリング経緯はYoutubeの公式ページに動画をアップしていますので、どうぞご覧ください。

↓ホッキョクグマ ホクトとピリカのペアリング日記 リンクはこちら↓

https://www.youtube.com/watch?v=e_1dvEZ_jio&t=94s

 過去のオレ、ピリカ出産したぞ!(自己との会話)

 なお動画の中で大西が「旭山でのホッキョクグマ繁殖は41年ぶり」と言ってますが、40年ぶりの間違いでした。すみません!


 ホクトもピリカも、本当によくがんばった!彼らこそ最大の功労者であることに異論はありません。

でも動物たちだけじゃなく・・・ほっきょくぐま館の設計者、歴代のホッキョクグマ担当者、種別調整者、動物移動担当の職員など「園を挙げての努力がついに実った」のだと思います。

「優秀なだれか一人」の成果より、ときにはチームの方がより大きな成果にたどり着くこともある。ホッキョクグマ繁殖成功は、それを証明したのではないでしょうか。


 3頭出産した子のうち2頭が死亡してしまったのは本当に残念です。しかし残る1頭は順調に生育しています。

 出産時の子の体重は推定500g。体重約200kgの母親ピリカの400分の1です。

 人間の体重に換算すると、体重60kgの女性が150gの子を産むことになりますから、未熟児どころじゃありません。

3

400分の1しかない子を懸命に育てるピリカ

 小さな小さな命を大事そうに抱えて世話するピリカ。初産ながら育児に奮闘するピリカを見ていると「元気に育ってくれ!」と応援せずにはいられません。


 さて恒例となった「産室のモニター展示」ですが・・・只今、展示用のモニターを発注しております!

配線が50m以上になりそうで大変ですが、モニターが到着次第設置する予定ですのでお楽しみに。

 またYoutubeにも動画をアップする予定ですので、そちらもどうぞお楽しみに!

(ほっきょくぐま館・アフリカ水槽担当:大西 敏文)

【子どもは風の子】

 今年はなかなか雪が積もらない旭川ですが、気温は日に日に低くなってきており、寒さが苦手なカバたちには厳しい季節になってきました。

 冬が近づくと、お父さんカバの百吉やお母さんカバの旭子は、外への扉を開けてもなかなか外へ出ようとしなくなります。さらに雪が降ってくると、いよいよ出ていかなくなり扉の前のスペースで寝そべり、籠城状態になってしまいます。

 健康のために短時間でも日光に当たらせたい飼育係と、暖かい部屋でぬくぬく過ごしたいカバとのせめぎ合いの毎日です。

 さらに百吉は週1回の寝室プール掃除の後はプールにも入らなくなり、次の日まで陸で寝て過ごすようになります。

 新しく入れた水はヒーターで加温されているのですが、百吉はもっとぬるくなるのを待ってから入りたいようです。

 そんな中、迷いもなく寒い外へと駆け出して雪と戯れ、水換え後のプールにもいつも通り入ってくれるのが、もうすぐ2才になる凪子です。

1

寒くても元気いっぱいの凪子

 ヒトもカバも「子どもは風の子」なのは同じのようで、雪を楽しんでいるように見えます。

 雪の中で過ごすカバに会いに、ぜひ動物園にお越し下さい。(籠城していたらごめんなさい)

(かば館・飼料担当:佐橋 智弘)