旭山にゅーす・ぶろぐ

【しいくのぶろぐ】一覧

このページでは「しいくのぶろぐ」の記事のみを掲載しています。

「しいくのぶろぐ」飼育展示スタッフによる日々の出来事や想いなどを綴ったブログです。

2020年3月のしいくのぶろぐの記事

2020年3月20日 しいくのぶろぐ

【マスク】

【マスク】

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による非常事態の日々、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 動物園は対策をとった上で開園していますが、例年と比べるとかなり閑散とした園内です。

 本来ならば卒業旅行の若者や、もう少し経てば春休みの子供たちが訪れる時期なのですが、、、

 そんな中、行政機関からの「公園や散歩など屋外での活動は自粛対象ではない」というアナウンスもあってか、ここ1週間くらいは徐々に子連れの来園者も目についてきました。

 しかし、いつもと違うのは子供たちも含めてマスク姿の方が多いことです。


 マスクといえば思い出すことがあります。

 9年前の東日本大震災があった年、縁があって東北の子供たちを動物園内で案内する機会がありました。

 その時に、小学校低学年くらいの男の子が言った

「家では外に行くときはマスクをしなきゃいけない、けど北海道ではマスクしなくていいから楽しい」という言葉です。

 多分がれきの除去などで砂埃がひどいためにマスクをしなければいけなかったのだと思います。

 きっと今の子供たちもマスクをつけずに思いっきり動物園を楽しみたいことでしょう。

 今回強く感じたことは、動物園の日常は平和な生活の上になりたっているのだなということです。

 今年の春には1月に生まれたカバの赤ちゃんや2月に生まれたアムールトラの赤ちゃんが公開になる予定です。

 新型コロナウイルス感染症が沈静化するのが先行きは不明ですが、皆さんの笑顔あふれるいつもどおりの動物園に早く戻ることを願っています。

 1

 新型コロナウイルス感染症の予防には手洗いが重要!みなさんしっかり手洗いしましょう!

 一説には「手にうんこがついていると思って行動しよう」とあります(笑)

 しかし、飼育係の!手には!いつも!うんこがついている!

 なので飼育係の手洗いは完璧です!

(獣医師・てながざる館担当:中村 亮平)

シンリンオオカミ ヌプリとアオイの近況

 3月に入り旭川も少しずつ暖かくなってきました。

 もう少しするとこの辺りのエゾタヌキやエゾリスなどの動物たちは春の繁殖期を迎えますが、一足先に動物園のシンリンオオカミにその季節がやってきました。

 現在旭山動物園ではオオカミの森にいる5頭のシンリンオオカミの他に、非公開施設でヌプリとアオイというペアを飼育しています。

(ヌプリとアオイのペア形成経緯についてはゲンちゃん日記・平成30年8月「オオカミのペア誕生なるか?」をご覧下さい)↓↓

www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/news-blog/genchannikki/d064717.html(新しいウインドウが開きます) 


 このペアは2018年の同居後から仲良く過ごしてきたのですが、昨年はアオイに発情出血(発情のサインみたいなもの)が見られたものの、交尾には至りませんでした。

 アオイは現在11歳です。出産歴がないアオイにとっては繁殖限界の時間がせまってきています。

 なんとか今年は!と意気込みますが、結局はヌプリとアオイに任せるしかありません。

 私がやってあげられることはあまりないので、2頭の行動を記録して繁殖期前後の行動分析をしながら待つことにしました。

 今シーズンの発情出血は12月下旬に始まりました。

 しかしそれからしばらく経っても交尾行動を確認することができませんでした。たまにアオイがヌプリに遊びを仕掛けますがいつも素っ気ない態度をとられてしまいます。

 ところが2月4日の夕方、いつものようにアオイがヌプリにすり寄ると、ヌプリが少し尾を振って反応ました。

『これはもしかしたら!?』と思い観察を続けているとヌプリが後ろからそっとアオイに乗っかろうとしました。『ついに!!』と思った瞬間、アオイが180度くるっと向きを変え、尻尾を高く上げてブンブン振っていました。

 私的にはガックリでしたが、きっとアオイにとっては『ノリの悪い同居狼がついに遊びにのってくれた!』と思ったのでしょう。こどものように飛び跳ねて喜んでいました。

 翌日いつものように録画した映像をチェックすると、ヌプリのマウンティング失敗から5時間後くらいにちゃんと交尾していました。初交尾、リアルタイムで見たかったな・・・

 アオイは最初びっくりしていましたがすぐにヌプリを受け入れた様子でした。

 その後も2月19日までの間に9日交尾を確認することができました。

 アオイは高齢なのでまずは妊娠するかどうかですが、順調にいけば4月下旬くらいに出産予定日を迎えます。

その日に備えてしっかり準備をして引き続き様子を見守りたいと思います。

 1

妊娠するといいね!

(オランウータン舎・オオカミの森担当:佐橋 智弘)

「遅くなりまして…」

 1月16日、カバの赤ちゃんが生まれました。旭山でカバが生まれ成育したのは27年ぶりです。旭子もすっかり母カバの顔です。赤ちゃんも日に日に大きくなり順調に成長しております。

 旭山公式Twitterやテレビなどでご覧になりましたか?「カバの二足歩行」私たちもあれを見た時、びっくりするやらおかしいやらで癒されました。

1


2 

 現在はおっぱいだけじゃなく、キャベツやバナナなどを少しずつ食べ始めています。

 少し自我も芽生え単独行動をする時もあったり…こうなると次は一般公開!イケそうな気もするし深いプールが気になったりもしています。まぁあせらず、じっくり判断したいと思いますので、もう少しお待ちください。

 ぶろぐでのご報告が遅くなりスイマセン。お詫びにおもしろ動画をもう一つどうぞ!

↓「かばの寝落ち 1月22日」↓

www.youtube.com/watch(新しいウインドウが開きます)

(かば館・フラミンゴ担当:中田 真一)

2020年3月2日 しいくのぶろぐ

【絵】

【絵】

 気づけば飼育係になって14年経とうとしている。

 あさひやまといえば有名なのは、飼育係の手書き看板。

でも自分が入った14年前は、マリン(ぺんぎん館・あざらし館)の女性スタッフがほとんどプロ並みってぐらい絵が上手くて、看板の絵はマリン女子に依頼する人が多かった。絵が上手い一部の人が描けばいい、というわけだ。

たしかに、マリン画伯の絵の横に自分の絵を貼るのは勇気がいる。

 でもなんとなく「これでいいのかな」と思ったのと、ヘタの横好きで「絵だって才能じゃなく努力である程度上手くなるはずだ!」そんな思いで、いつからか絵を自分で描いてみるようになった。

 最初のころの絵を思い出すと、よくもまあ恥ずかしげもなくお客さんの前に貼ったもんだと思うほどのデキだったが、そんな自分も14年も経てば、まあ人に見せられるぐらいの画力にはなったんじゃないだろうか。

(今思えばマリン女子だって努力で習得したのだろう)

1

<写真:うむ、いいデキだ!まさに自画自賛。>

 今では男性スタッフにもお絵かき男子はずいぶん増えた。

しかし、当時自分が尊敬し目標にしていたマリン画伯のうち二人までが動物園を引退してしまったのは寂しいことだ。

お二人の絵は今も園内に残っていて、ふと目に入ると「あの二人元気にしてるかなあ」と思ったりする。

(もうじゅう館・フクロウ担当:大西 敏文)

 【トビのグーグー】

 昨年11月から、こども牧場のスタッフルームでトビ(性別不明、多分オス・・・)を1羽飼育しています。

 2018年初夏に保護された個体で、今年で2歳になります。

 園内でのガイドで使用するためにトレーニングを続けていましたが、人慣れさせるため、昨年11月にバックヤードからこども牧場にお引っ越ししました。

 引っ越しした当初はスタッフの姿に驚いてばたつくこともありましたが、今ではすっかり落ち着いています。先日のワンポイントガイドでは、たくさんのお客さんの前でも堂々としていました。

 将来的には園外に出て、学校などで出張ガイドを実施できたらいいなと思っています。

1

名前はグーグー よろしくお願いします

2

(猛禽・教育担当:鎌上 塁)