シンリンオオカミのアオイの近況

最終更新日 2023年11月28日

ページID 078625

印刷

シンリンオオカミのアオイの近況

 非公開施設で飼育しているシンリンオオカミのアオイ(メス)について、11月13日頃から後肢を引きずって歩く様子が見られたため、11月18日に麻酔下で検査を行ったところ、加齢による変形性脊椎症と、これによる脊髄の圧迫を認めました。
 痛みと炎症を抑える薬を与えており、歩き方に改善が見られ、現在は後肢を引きずることなく歩いています。
 食欲は旺盛でパートナーのヌプリ(オス)と一緒に元気に過ごしていますが、引きずった足が地面に擦れてケガをしてしまわないように放飼場に落ち葉や乾草を敷いたり、放飼場にあった台を低くするなど、安心して過ごせるように対策をしています。
 検査後もヌプリがアオイを気にする様子や、アオイがヌプリにじゃれていく様子などが見られ、関係性は良好です。
 今後も注意深くアオイの体調と2頭の様子を観察していきたいと思います。

1
以前の台
2
低くした台で眠るヌプリ
3
エサを完食するアオイ
4
現在はしっかり歩いています

オオカミの森担当:原田佳