【オオカミウオ】

最終更新日 2020年11月20日

ページID 072073

印刷

【オオカミウオ】

 こんにちは。

 ほっきょくぐま館で展示しているオオカミウオについてお話していきたいと思います。

 オオカミウオは岩手県以北~北部日本海やオホーツク海、ベーリング海に生息しているといわれています。

 両あごの前部には大きな犬歯状歯が5~6本あり、口の奥にはしっかりとした臼歯状歯もあります。その強力な歯で硬い貝殻やウニ、エビやカニなどの甲殻類も噛み砕いて食べてしまいます。

 見た目は怖いですが、実は顔に似合わず臆病で用心深い魚です。水槽の清掃などで手を入れてもむやみに襲いかかってくることはありません。

1

 今回はオオカミウオのお話をしていきましたが、ほっきょくぐま館だけでなく他の館内の水槽にも様々な生き物が展示されていますので、ご来園の際は水槽にいる生き物たちにも注目して、楽しんでいただきたいと思います。

 

(ぺんぎん館担当:高橋 太郎)