ゴマフアザラシが産まれました

最終更新日 2017年3月25日

ページID 059762

印刷

ゴマフアザラシが産まれました

 3月23日の早朝にゴマフアザラシが出産しました。

 母親は、ぽちゃ丸。父親は、マンタローになります。

 
 出産前日、ぽちゃ丸の食欲がなくなる、痛そうな様子、母乳の分泌が観察できました。

 「これは出産まで近い!」と思い、事前に放飼場の全ての場所を撮影できるようにカメラ3台を設置をしていたのですが、1台を動かし、ぽちゃ丸が痛そうにして寝ている場所をカメラ2台で撮影するように変更しました。

 「よし、これでばっちり出産が撮れるはず!」と思っていいたのですが、3月23日朝、あざらし館に様子を観に行くと2台のカメラが撮影している場所ではなく、カメラを動かし撮影していない場所で出産していました・・・。

  

 出産の撮影はできませんでしたが、ぽちゃ丸は初めての出産とは思えないほど落ち着き、産後の後処理も自分で行い、立派に母親をしています。

 出産確認後すぐに授乳の確認ができ、子どもを常に気にかける様子など飼育担当者としては安心して観ていられます。

 

 ゴマフアザラシは、2~3週間で子育てが終わり、その頃には産毛が抜けて大人と同じゴマ模様になります。とても短い子ども期ですので、冬期開園中にぜひ会いに来てくださいね。

 
授乳

授乳もばっちり!

あざらし館・さる山担当:鈴木悠太